インドネシア「ジョムブラン洞窟」で天の光を浴びてみませんか?

| インドネシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

インドネシア「ジョムブラン洞窟」で天の光を浴びてみませんか?

インドネシア「ジョムブラン洞窟」で天の光を浴びてみませんか?

更新日:2018/08/18 16:21

スズキ ミズエのプロフィール写真 スズキ ミズエ グラフィックデザイナー、世界の民族&お祭り愛好家、氷河と火山と洞窟の愛好家

自然豊かなインドネシアには数多くの洞窟があります。その中でもオススメ洞窟がこのジョムブラン洞窟!

この洞窟はまず入口にたどり着くまでがアドベンチャー。ロープで地下40メートルを降下、そして真っ暗な洞窟を手持ちのライトのみで突き進んだ先に見える白の世界。

ジャワ島の観光ポイントであるジョグジャカルタからも近いので、ボロブドゥール寺院の後は洞窟探検を味わってみませんか?

洞窟入口に着くまでもアドベンチャー

洞窟入口に着くまでもアドベンチャー

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

洞窟のメインは「天の光」と呼ばれる洞窟内に差し込む光の光景ですが、ここの洞窟の楽しみはそれだけではありません。洞窟に向かうところから始まります。

この洞窟は数千年前に地盤沈下でできた洞窟で、地下60メートルのところにあります。

洞窟入口に着くまでもアドベンチャー

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

まずは地下50メートルまでロープで降ります。その際、安全上ヘルメットとハーネスを装着。二人一組で降り、ハーネスに繋がれたロープをゆっくりと降りていきます。

洞窟入口に着くまでもアドベンチャー

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

ロープの昇降はスタッフの手動で行っているので、それを考えるとちょっとスリリングな気もします!
もちろん、安全装置は備わっているので安心してください。

大きな口を開けて洞窟がお出迎え

大きな口を開けて洞窟がお出迎え

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

下まで降りると横に大きく口を開けた洞窟の入口が見えます。入口まではさらに降りていきます。

大きな口を開けて洞窟がお出迎え

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

明るいのは入口まで。そこから先は持参したライトで足元を照らしながら進みます。湿度が高く地面は泥でぬかるんでいるので、飛び石のようにブロックが置かれた道ができています。

先頭、真ん中、最後尾にはスタッフのレンジャーが立っているので迷う心配はありません。

大きな口を開けて洞窟がお出迎え

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

まさに天からの光!

まさに天からの光!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

真っ暗な中を進むこと約10分。突然、遠くに白い世界が見えてきます。まるで黒いフレームに縁取られた影絵のような景色。近づくとその白い世界の中に、光のカーテンのような縦のラインがわかります。

まさに天からの光!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

洞窟の下には大量の水が流れ、水蒸気が充満し、穴の開いた地上から太陽の光が差し込んで、光が水滴に反射してこのような世界を作り出しています。

光が作るこのラインの美しさ圧巻です。ここではこの光を「天の光」と呼び、この光線は晴れた日の午前中のみ見られる光景。

まさに天からの光!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

洞窟奥の撮影スポット!

洞窟奥の撮影スポット!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

洞窟の奥には水滴でできた魚の鱗のような模様をした岩があり、その岩に光が当たるそこは写真スポット。気分は完全に洞窟探検家!

帰りは、行きと同様の道を逆に戻って地上に出ます。戻る時間は自由なので、ライトを持っていない場合は必ずライトを持っている人と一緒に戻ってください。

洞窟奥の撮影スポット!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

洞窟ツアー受付から終了まで

洞窟ツアー受付から終了まで

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

ジョムブラン洞窟は、ジョグジャカルタから約50キロ、車で1時間半の場所にあります。ジョグジャカルタとは全く違う景色で、長閑で昔ながらの風景が見られます。

洞窟があるパカレホ村の公民館が受付場所。受付時に番号札を渡されるので、その順番に降りていきます。この洞窟ツアーは1日80組限定で午前中のみの催行。参加申し込みは、受付の順なのでなるべく早く行くことをお勧めします。曜日によっては入れない場合があります。

洞窟ツアー受付から終了まで

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

受付が済むと洞窟内で履く長くつを選びます。洞窟内は湿気が溜まり地面は泥でぬかるんでいるので、スニーカーやサンダルでは滑りやすく危険。長くつをお勧めします。長くつは無料でレンタルできます。

時間になるとヘルメットが渡されハーネスを装着。ハーネスはレンジャーが装着してくれて、ちゃんとダブルチェックもするので安心です。順番が来たら二人ペアでいざ降下!

降下時には専属カメラマンが記念写真を撮ってくれます。後で購入することも可能です。

洞窟ツアー受付から終了まで

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

洞窟探検の後はお弁当とお水、コーヒー、紅茶が用意されているので、ゆっくり休憩しながら洞窟の余韻に浸ってください。

いかがでしたか?ジョグジャカルタに来たら、文化歴史だけでなくアドベンチャー気分も味わってみるのも良いかもしれません。

ジョンブラン洞窟の基本情報

住所:Jetis Wetan, Pacarejo, Semanu, Kabupaten Gunung Kidul, Daerah Istimewa Yogyakarta 55893
電話:+62 818-629-901
入場料:500ルピア(入場料、ガイド、長くつ、昼食込み)

※懐中電灯、もしくはヘッドライトを持参することをお勧めします。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -