女子に人気の犬山城下町さんぽ、休憩は2匹の看板猫がいるカフェで

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

女子に人気の犬山城下町さんぽ、休憩は2匹の看板猫がいるカフェで

女子に人気の犬山城下町さんぽ、休憩は2匹の看板猫がいるカフェで

更新日:2018/11/01 10:04

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

近年、若い女性に大人気の犬山城とその城下町散策。国宝犬山城へ続く約650メートルの通りには、女性うけするかわいいスイーツやグルメ、雑貨など60店以上の店舗が立ち並びます。また、路地を一本入れば、喧騒から離れ、のんびりできる隠れ家的なカフェもあります。二匹の看板猫がいる珈琲ボタンは一人でものんびり寛げる古民家カフェ。カフェメニューはもちろん、ランチも充実しています。散策に疲れたら、立ち寄ってみては。

城下町の路地にある素敵なカフェ

城下町の路地にある素敵なカフェ

写真:水津 陽子

犬山城へと真っすぐに伸びるにぎやかな本町通りから一本脇に入ると、喧騒が嘘のように遠のき、人々の暮らしが見えるしっとりした城下町の風景があります。

珈琲ボタンは旧磯部家(旧磯部家住宅復元施設)の先の脇道を右手に入ったところにあります。昔懐かしい日本の風景を今に残す、純日本家屋の古民家カフェ。表の赤い看板にはその日お勧めのメニューを見ることができます。

城下町の路地にある素敵なカフェ

写真:水津 陽子

古色然とした店の外観は雰囲気たっぷり。古き良き日本の風景にタイムスリップしたようです。

入り口にはその日のオススメのメニューなどが書かれた看板が出ています。

城下町の路地にある素敵なカフェ

写真:水津 陽子

店頭のガラス窓にはかわいらしい猫ちゃんの絵が描かれています。

飴色のインテリアの中でまったり

飴色のインテリアの中でまったり

写真:水津 陽子

中に入ると店内はテーブル席のほか、一人でもゆっくりできるカウンター席を備えます。

明るい光が差し込む入り口から奥へ進むとしっとりとした空間。カウンター席は窓に面した席と目の前に本棚がある席があります。

飴色のインテリアの中でまったり

写真:水津 陽子

一人でぼーっと過ごすなら奥の窓に面したカウンター席がおススメです。

看板猫がかわいい、珈琲ボタンで癒される

看板猫がかわいい、珈琲ボタンで癒される

写真:水津 陽子

地図を見る

このカフェを営むのは大前良平さんと和恵さん夫妻。二人とも関西出身とのことですが、その出会いはインドとか。犬山との縁はある時、和恵さんがふらりと訪れ、気に入って移住したところから。

その後、良平さんも移り住み、17年4月に珈琲ボタンをオープンさせました。お店の名前は初代看板猫のボタンちゃんの名前からきています。

2匹の看板猫、ポポとボン

2匹の看板猫、ポポとボン

提供元:珈琲ボタン

http://www.coffeebotan.com/地図を見る

こちらは看板猫のボンちゃん。真っ白な毛に背中や足にところどころ茶色が混じった模様が特徴です。

2匹の看板猫、ポポとボン

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは黒猫のポポちゃん。黒くてツヤツヤした毛並み、まるで魔女の宅急便のジジみたい。

看板猫ちゃんたちはお散歩でお出かけしていることもありますが、そんな時はみなさんも城下町散策を楽しんで、また覗いてみてください。

2匹の看板猫、ポポとボン

写真:水津 陽子

地図を見る

お腹のところに白いハートマーク!このポーズもキュンキュンしますが、この謎の白、黒猫ちゃんには結構あるあるみたいですが、とってもキュートです。

カフェはもちろん、スイーツやランチも楽しめる

カフェはもちろん、スイーツやランチも楽しめる

写真:水津 陽子

地図を見る

カフェの看板メニューは自家焙煎珈琲の「ボタンブレンド」。クッキーがついてきます。珈琲が苦手な方にはほうじ茶ラテなどのメニューもあります。

カフェはもちろん、スイーツやランチも楽しめる

提供元:珈琲ボタン

http://www.coffeebotan.com/地図を見る

スイーツメニューもいろいろありますが、一番人気はチーズケーキセットです。ランチメニューは日替わりで。珈琲ボタンのホームページから、フェイスブックに飛ぶとランチメニューが出ています。

カフェはもちろん、スイーツやランチも楽しめる

提供元:珈琲ボタン

http://www.coffeebotan.com/地図を見る

写真はチキンカレー。ランチのみは900円、ドリンクセット1080円、ドリンク・デザートセット1280円です。

日本国内にあるお城の中でも、お城と城下町が一体となった世界観を楽しめる観光地はほとんどありません。犬山ではお城へと伸びる本町通りからお城が臨めます。

近くには名鉄犬山ホテル等、温泉や鵜飼い観光などが魅力の人気の宿もあります。ゆっくり滞在して珈琲ボタンや朝夕のお城や城下町散策も楽しんでみては。

※記事末尾、関連【MEMO】には名鉄犬山ホテルの魅力をご紹介した記事のリンクもあります。

珈琲ボタンの基本情報

住所:愛知県犬山市犬山東古券661
電話番号:0568-64-6952
営業時間:8:30〜17:00 (16:30 L.O.)
モーニング 8:30〜11:00、ランチ 11:30〜売り切れまで
定休日:月曜日、第2、4火曜日(臨時休業はFacebook、Instagramでお知らせ)

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -