カメラ必須!シンガポールで写真を撮りたくなる絶景スポット

カメラ必須!シンガポールで写真を撮りたくなる絶景スポット

更新日:2018/09/24 13:42

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 絶景フォトグラファー、オシャレスポット探訪家
旅先で楽しむ事といえば、グルメやショッピング、アクティビティなど様々ですが、普段と違う景色も最大の見どころ。今回は、シンガポールへ旅行する際に訪れたい絶景スポットをご紹介します。定番のマリーナベイエリアや、高層ビルからの街並み、伝統的な“ショップハウス”などの面白い建物探訪、豪華なインテリアなど、シンガポールはフォトジェニックスポットが盛り沢山!写真を撮るのが好きな方は必見です!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

定番のマリーナベイエリアは違う角度から!

動画:高野 祥

地図を見る

まずは、今回ご紹介する絶景スポットのダイジェスト映像をご覧下さい。写真として撮るのはもちろん、動画向きのビデオジェニックスポットも沢山ありますよ!

定番のマリーナベイエリアは違う角度から!

写真:高野 祥

地図を見る

マリーナベイエリア中心部はビル群に囲まれており、都会的な雰囲気の景色を楽しめますが、少し離れた場所から眺めると、自然も一緒に楽しめます。

湾の東側、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ・イースト(Gardens By The Bay East)」は遊歩道になっていて、散歩やジョギング、サイクリングをしつつ、マリーナベイエリア中心部の都会的な景色を楽しめるのです。

定番のマリーナベイエリアは違う角度から!

写真:高野 祥

地図を見る

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の東側にある「マリーナ・バラージ(Marina Barrage)」は、ダムとしての役割の他に、イベントが行われたり、人々の憩いの場としての側面も持ち合わせているスポットです。屋上へと続く渦巻き状の芝生スロープが非常にユニーク。目の前には「マリーナベイ・サンズ」も望むことができるので、お散歩がてら写真を撮りに行ってみてはいかが?

高層階から眺めるシンガポールの街並み

高層階から眺めるシンガポールの街並み

写真:高野 祥

地図を見る

シンガポールの五つ星ホテル「スイスホテル・ザ・スタンフォード(Swissotel The Stamford)」の70階付近には、絶景を楽しめるバーがあるので要チェック!71階と72階には、クラブ風の「バー・ルージュ・シンガポール(Bar Rouge Singapore)」もあり、17時から深夜までナイトライフを楽しむことができます。金・土は22時30分まで入場無料、その他の曜日は一晩中入場無料です。

高層階から眺めるシンガポールの街並み

写真:高野 祥

地図を見る

2018年にオープンしたレストラン「スカイ(SKAI)」もモダンな雰囲気が魅力的でオススメです。ディナーだけでなくランチも提供されているので、昼も夜も70階からの景色を楽しめますよ。

<スカイの基本情報>
住所:2 Stamford Rd, Singapore 178882
電話番号:+65-6837-3322
営業時間:
ランチ:月〜金 12:00〜14:30、土 12:00〜15:30
ディナー:月〜日 18:00〜22:00

360度楽しめる!パノラマビューの夜景

360度楽しめる!パノラマビューの夜景

写真:高野 祥

地図を見る

マリーナベイエリアは昼間の景色も良いですが、是非とも夜に訪れたいスポット。マーライオン側からだと、マリーナベイサンズと噴水ショー“スペクトラ(SPECTRA)”を一緒に楽しめるので、絶景写真を撮れます。

360度楽しめる!パノラマビューの夜景

写真:高野 祥

地図を見る

マリーナベイエリアは、360度どの方向を見ても絶景を楽しめる贅沢なスポット。マリーナベイ・サンズ側だけでなく、後ろを向くと摩天楼の都会的な夜景も楽しめるので、満足度は非常に高いです。グルグル回って動画撮影するのも楽しいですよ!

360度楽しめる!パノラマビューの夜景

写真:高野 祥

地図を見る

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は、夜のライトアップがとても幻想的なので、シンガポールに行くなら絶対見るべきスポット!近くで見るのも迫力があって良いのですが、全体写真を撮るならマリーナベイ・サンズから続く歩道橋の端がオススメです。

シンガポールは建物探訪も楽しめちゃう!

シンガポールは建物探訪も楽しめちゃう!

写真:高野 祥

地図を見る

シンガポールは、様々な文化が入り混じる多民族国家なので、インド街、アラブ街、中華街などのエリアにある建物を見て周るのも面白いですよ。写真はアラブ街にある“サルタン・モスク(Sultan Mosque)”。異国情緒溢れる街並みを、至る所で味わえるのがシンガポールの魅力でもあります。

シンガポールは建物探訪も楽しめちゃう!

写真:高野 祥

地図を見る

“ショップハウス”は、シンガポールの名物風景。縦長の建物が連なった様は、日本の商店街や町屋といった感じです。主にパステルカラーの外観が多く、景観を保つよう、様々な規定が設けられているのも特徴。ショップハウスは、様々なエリアで見ることが出来ますが、カトンエリアやチャイナタウンなどはフォトジェニックな外観が多いので要チェック。

シンガポールは建物探訪も楽しめちゃう!

写真:高野 祥

地図を見る

シンガポールは、地震や台風といった自然災害の心配が少ない国なので、高層ビルや奇抜なデザインの建築物が多いのも特徴です。写真のように、手前は伝統的なショップハウス、奥には近代的な高層ビルといった、まるでCGのような面白い構図の写真が撮れるスポットも多々ありますよ。

屋内も絶景ポイントあり!

屋内も絶景ポイントあり!

写真:高野 祥

地図を見る

絶景スポットは屋外だけではありません。写真映えする屋内スポットも沢山あります!コチラは、アラブストリートのスグ近くにあるバー「アトラス(ATLAS)」。まるで古代エジプトの世界に入り込んだかのような、金色の装飾と高い天井が非常に素敵なお店です。

お酒好きな方は、夕方以降にドレスアップして訪れるのがオススメ。日中はドレスコードが無いので、気楽にノンアルコールのドリンクを頂きながら、ゴージャスな雰囲気を味わうというのもアリです。

<アトラスの基本情報>
住所:600 North Bridge Rd, Parkview Square, Singapore 188778
電話番号:+65-6396-4466
営業時間:10:00〜1:00 (金・土は2:00まで)
定休日:日曜日

屋内も絶景ポイントあり!

写真:高野 祥

地図を見る

マリーナベイ・サンズに併設されているショッピングモール「ザ・ショップス ・アット・マリーナベイ・サンズ(The Shoppes at Marina Bay Sands)」では、一風変わった水のアートショーを見ることができます。

1階にある巨大なスケルトンの半球ボウルから、地下2階のモールエリアへ水が排出されるだけというパフォーマンスなのですが、意外と見もの。1階から見ると、水が渦を巻きながら吸い込まれていく様子、地下2階から見ると、滝のように水が落ちてくる様子で、どちらもダイナミック!写真だけでなく、動画映えもするスポットです。

屋内も絶景ポイントあり!

写真:高野 祥

地図を見る

館内には水路が設けられており、ゴンドラ(ボート)が行き来する様子も楽しめます。地下2階の乗り場から10シンガポールドルで乗船可能なので、気になる方は乗ってみてはいかがでしょうか?

カメラ片手にシンガポールを散策しよう!

シンガポールは、都会的な夜景や雑多な街並み、伝統的な景観、他国の文化など、様々な表情を見せてくれる国です。面白い建物やアート作品、絶景も盛り沢山なので、写真好きな方はカメラ片手に出かけて見てはいかがでしょうか?

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/10−2018/01/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -