石川・白山麓のワイルド露天風呂3選―絶景も混浴もお任せ!

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

石川・白山麓のワイルド露天風呂3選―絶景も混浴もお任せ!

石川・白山麓のワイルド露天風呂3選―絶景も混浴もお任せ!

更新日:2018/09/09 20:52

泉 よしかのプロフィール写真 泉 よしか 女子目線温泉ライター、キッザニアマニア

霊山・白山の麓には野性味溢れる温泉が湧いています。ご紹介する石川県白山市の「岩間温泉 山崎旅館」「中宮温泉 薬師の湯」「親谷の湯」3ヵ所のうち、2ヵ所は混浴、1ヵ所は入浴料無料。滝が正面の絶景風呂も!

1日で3ヵ所巡りも可。徒歩が必要なのは「親谷の湯」の往復35分だけ。山歩きの特別な装備も不要です。

岩間温泉 山崎旅館の露天風呂

岩間温泉 山崎旅館の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

石川県、岐阜県に跨がる白山は、古くより信仰を集めた日本三霊山のひとつ。美しい高山植物が数多く見られることから花の山としても知られ、多くの登山客に愛されています。

今回はその白山麓に湧く温泉の中から、野性味溢れる露天風呂を三ヵ所ご紹介したいと思います。

まず最初にオススメするのは「岩間温泉 山崎旅館」。車でアクセスできるのですが、道中が少々スリリングと話題です。狭い山道でところどころガードレールもないので、周辺に気を配りながら気をつけてお出かけください。

岩間温泉 山崎旅館の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

アクセスに難儀するほど、到着した温泉ではより開放感が感じられるかも。日帰り入浴料は、大人1人700円。周辺に民家はもちろん宿以外の人工物すらない環境!まさに大自然が満喫できます。

岩間温泉 山崎旅館の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

なお「山崎旅館」の内湯は男女別ですが、露天風呂は混浴です。でもどうぞご心配なく。脱衣所に専用の腰巻きが用意されていて、男性女性ともに、これを巻かなくては露天風呂に出てはいけないルールがありますから。

<基本情報>
住所:石川県白山市尾添ム4-1
電話番号:076-256-7950
アクセス:JR金沢駅から車約1時間15分

中宮温泉 薬師の湯の露天風呂

中宮温泉 薬師の湯の露天風呂

提供元:中宮温泉 にしやま旅館

http://www.nishiyamaryokan.jp/地図を見る

次にご案内するのは、白山白川郷ホワイトロードの石川県中宮料金所からほど近い中宮温泉の「薬師の湯」。

中宮温泉は奈良時代に泰澄大師が発見したとされる歴史ある温泉地で、現在は「にしやま旅館」「くろゆり荘」という2軒の宿が営業を続けています。

露天風呂の「薬師の湯」があるのは「にしやま旅館」の前を通って120mほど進んだところ。薬師堂のすぐ近くです。

中宮温泉 薬師の湯の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

野趣溢れる露天風呂ですが、脱衣所もちゃんとあります。また、男湯女湯は分かれていますから、混浴は苦手という方にもオススメできます。

入浴料は1人500円。シンプルな料金箱でおつりは出ませんので、事前に小銭をご用意ください。

中宮温泉 薬師の湯の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

女湯はしっかり囲まれていますが、男湯は開放感あり。ただし、足湯に入りに来たお客さんから男湯は見えてしまうかも。

お湯はちょっと熱めなので、気をつけてご利用くださいね。

<基本情報>
住所:石川県白山市中宮ク5-1
アクセス:JR金沢駅から車約1時間半、または白山白川郷ホワイトロード中宮料金所から約500m

白山白川郷ホワイトロードの絶景秘湯とは

白山白川郷ホワイトロードの絶景秘湯とは

写真:泉 よしか

地図を見る

最後にご紹介する「親谷(おやだに)の湯」は、絶景ドライブロード「白山白川郷ホワイトロード」の途中にある絶景温泉です。どのくらい絶景かというと、滝を見る露天風呂としては日本でも1、2を争うレベル。

「親谷の湯」は一時期休止していましたが、2017年に露天風呂を再開しました。有料道路の中にある温泉ですが、お風呂そのものの利用料は無料です。そして、歩かなくてはたどり着きません。蛇谷(じゃだに)園地駐車場に車を停めて、タオルを手にさっそく歩き始めましょう!

白山白川郷ホワイトロードの絶景秘湯とは

写真:泉 よしか

地図を見る

蛇谷園地駐車場から親谷の湯までは、行きは15分、帰りは20分が目安。遊歩道が整備されていますので、歩きやすい靴があれば特別な装備は不要です。

ただし階段が多いので、そこは覚悟してください。

白山白川郷ホワイトロードの絶景秘湯とは

写真:泉 よしか

地図を見る

川沿いまで下りてくればあと少し。水音を聞きながら川に沿って歩いていけば、まもなく露天風呂に到着するでしょう。

親谷の湯の露天風呂

親谷の湯の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

正面の滝の名前は「姥ヶ滝(うばがたき)」。「日本の滝100選」にも選ばれた名勝です。

幾筋にも分かれて流れ落ちる滝の動き、音、涼やかさ、それらが全て親谷の湯の露天風呂からたっぷり満喫できます。なんというワイルドかつ贅沢な温泉でしょう!

親谷の湯の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

お湯の温度は竹筒を使って調節します。熱すぎたら少し川の方へ流し、ぬるければ竹筒を外して熱いお湯を浴槽へ。

親谷の湯の露天風呂

写真:泉 よしか

地図を見る

「親谷の湯」は隠れるところもない混浴なので、とても入る勇気がないという方もいらっしゃるでしょう。その場合は、露天風呂より高い位置にある展望台の足湯をご利用ください。また、バスタオル巻や水着着用で露天風呂を利用することもできます。

露天風呂でも足湯でも、姥ヶ滝のあまりの迫力についつい時間を忘れそうに。ただし、帰り道の体力は残しておいてくださいね。

<基本情報>
住所:石川県白山市中宮
電話番号:076-256-7341(白山林道石川管理事務所)
アクセス:白山白川郷ホワイトロード(有料道路)内「蛇谷園地」駐車場から遊歩道徒歩15〜20分
注意:6〜8月は午後5時以降、9〜11月は午後4時以降、遊歩道は立ち入り禁止です。またホワイトロードは6〜8月は午後7時、9〜11月は午後6時の閉門時間を過ぎるとゲートが閉まります。時間に余裕をもってご利用ください。

「岩間温泉 山崎旅館」「中宮温泉 薬師の湯」「親谷の湯」それぞれの魅力

「岩間温泉 山崎旅館」の露天風呂は混浴ですが、男女別の内湯があり、シャワーやシャンプーの備え付けもあります。そしてそこに至るアクセスはなかなかの悪路。

「中宮温泉 薬師の湯」の露天風呂は男女別ですが、洗い場やシャンプーはありません。

「親谷の湯」に至っては、まさにお風呂があるだけ。ただし比類なき絶景風呂です。

それぞれ個性的な露天風呂ですが、雪深い白山麓ゆえ、3ヵ所とも冬期は閉鎖になります。ぜひ雪のない季節に訪ねて、そのワイルドさを楽しんでください。

一日で3ヵ所を回ることも十分可能ですが、岩間温泉あるいは中宮温泉に宿泊して、ゆっくり露天風呂巡りをするのもオススメです。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -