片道500円のプチ船旅!琵琶湖に浮かぶ沖島でノスタルジックな世界へ

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

片道500円のプチ船旅!琵琶湖に浮かぶ沖島でノスタルジックな世界へ

片道500円のプチ船旅!琵琶湖に浮かぶ沖島でノスタルジックな世界へ

更新日:2018/08/28 19:13

松尾 みゆ吉のプロフィール写真 松尾 みゆ吉 絶景マニア、お祭りトラベラー

日本最大の湖である滋賀県の琵琶湖に浮かぶ沖島。島までは片道500円、約10分の連絡船でプチ船旅を楽しめます。沖島には車やコンビニエンスストアはなく、昔ながらののどかな風景が広がっています。都会の喧噪を離れ、ゆったりとした懐かしい雰囲気が漂う沖島に訪れてみませんか?

片道500円で気軽に船旅!沖島へのアクセス

片道500円で気軽に船旅!沖島へのアクセス

写真:松尾 みゆ吉

地図を見る

沖島は琵琶湖に位置する日本で唯一の人が暮らす湖に浮かぶ島です。世界的にも淡水湖に浮かぶ「人の住む」島は珍しいのだとか。

電車の場合はJR琵琶湖線「近江八幡駅」から近江鉄道バスで「堀切港」に向かいます。車の方は、堀切港から徒歩5分ほどのところにある沖島町来島者用駐車場を利用しましょう。

片道500円で気軽に船旅!沖島へのアクセス

写真:松尾 みゆ吉

地図を見る

沖島までの沖島通船は1〜2時間に1本の頻度で出ており、近江鉄道バスとの乗り継ぎ待ちもしてくれるので安心。チケットは船内の自動券売機で購入できます。所要時間は約10分、片道500円なので気軽に船旅気分を味わえますよ。

この渡し船は大事な島民の生活の足。通勤・通学はもちろん生活用品の買い出しにも利用されています。船内には沖島の観光情報などのパンフレットが置いてあったり、手作り感のある沖島小学校通信などが掲示されています。必要なパンフレットや情報はここで手に入れておきましょう。

のどかで懐かしい沖島でのんびり散策

のどかで懐かしい沖島でのんびり散策

写真:松尾 みゆ吉

船を下りて島に降り立つと、のどかな島の空気を感じられるでしょう。車もコンビニもない、昔にタイムスリップしたかのような古き良き日本の風景が広がります。島の人々も温かく気さくで、穏やかで懐かしい島の雰囲気に心がほどけていくように癒やされます。

実は沖島は「猫のいる島」として少し有名になっていました。湖岸を散歩すると、可愛い猫たちがのんびりお昼寝していたりじゃれている姿も見かけ心が和みます。猫と一緒に湖岸でボーッと黄昏れたり、猫の可愛い写真をたくさん撮るのもいいでしょう。

のどかで懐かしい沖島でのんびり散策

写真:松尾 みゆ吉

地図を見る

集落の中は昔ながらの趣のある家屋が建ち並び、細い路地を散策するのも情緒があります。その他にも木造建築の沖島小学校や奥津島神社、弁財天などの見所をめぐったり、比良山系を望む山登りを楽しむことができます。

また、春から秋にかけて島の周りを遊覧船で巡りながら島民ガイドに島の歴史や琵琶湖の話を聞くことができる「もんてクルーズ」もオススメ。(約40分・要予約)なかなか経験することのできない「地引き網体験」も相談に応じて申し込むことができ、獲れた魚は持ち帰りOK!沖島ならではの体験に挑戦するのも面白いでしょう。

春には桜が連なる「桜のトンネル」も名所で、「沖島 桜まつり」というイベントもあります。賑わうお花見シーズンに訪れ、春の沖島を楽しむのも一興です。

旬の湖魚を活かした手作りの家庭の味を!

旬の湖魚を活かした手作りの家庭の味を!

写真:松尾 みゆ吉

琵琶湖に囲まれた沖島は漁業を中心として栄えてきました。夏にはカラフルな漁網が港のあちこちで見られ、美味しいビワマスや天然ウナギなどが食べられます。また、「沖島よそものコロッケ」と呼ばれる外来魚を使った面白い名物もあります。

ただし島内には食事処やカフェは少なく、土日のみ営業のお店や予約が必須のところがほとんどです。島の特産が食べたい方は事前に連絡して予約をしておきましょう。

旬の湖魚を活かした手作りの家庭の味を!

写真:松尾 みゆ吉

地図を見る

沖島港のすぐ側にある漁業会館では、「湖島婦貴(ことぶき)の会」が作るおうどんや沖島弁当など島の味覚を提供しています。心がこもった島のお料理をぜひご賞味ください。

また、沖島のお母さんたちの手作りのゴリ(細く白い小魚)や鮎、エビ豆などの旬の湖魚の佃煮も販売されています。柔らかく炊きあげられた素朴な美味しさでごはんのお供に最適!まさに島の家庭の味が味わえるお土産にオススメしたい一品です。

片道500円の船旅でノスタルジックな沖島へタイムスリップ

近江八幡観光の際には少し足を延して、のどかな沖島までプチ船旅を楽しんでみましょう。片道たった500円の船旅でノスタルジックな沖島の世界にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。昔ながらの懐かしい島の雰囲気に癒やされ、島の人々の温かさにホッと心が和む一時を過ごしませんか?

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -