オーストラリア旅行のベストシーズンはいつ?服装や気候も詳しく解説!

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オーストラリア旅行のベストシーズンはいつ?服装や気候も詳しく解説!

オーストラリア旅行のベストシーズンはいつ?服装や気候も詳しく解説!

更新日:2018/09/04 10:04

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

南半球に位置するオーストラリアは、日本とは季節が逆。12月〜2月が夏、3月〜5月が秋、6月〜8月が冬、9月〜11月が春、となります。また、国土が広大なため、いくつもの異なる気候帯が存在し、気温・降雨量・雨季が地域により大きく異なるため、どこを訪れるかによってベストシーズンも変わってきます。多岐にわたるオーストラリアの気候をエリア別にご紹介。ベストシーズンや服装についても詳しくご説明します!

クイーンズランド州沿岸部の気候・ベストシーズン・服装

クイーンズランド州沿岸部の気候・ベストシーズン・服装

提供元:Tourism Whitsundays

https://www.tourismwhitsundays.com.au/地図を見る

クイーンズランド州沿岸部には、観光客に人気のビーチリゾートが点在していますが、州の北部と南部では、若干気候が異なります。

【クイーンズランド州北部の気候】
ケアンズやグレートバリアリーフ、ハミルトン島などがあるクイーンズランド州北部は、1年中気温が高く、はっきりとした四季はありませんが、雨季と乾季という2つの季節が存在します。12月〜5月の雨季は気温も湿度も非常に高く、スコールのような雨が頻繁に降ります。一日中雨が降り続けることはあまりないのですが、1月〜3月にかけては特に降雨量が多く、大型のサイクロンが発生することも。一方、6月〜11月の乾季は気温もマイルドで、晴天率も高く快適に過ごすことができる時期です。1年のうちでもっとも気温が低い6月〜8月でも、ケアンズで25℃前後、ハミルトン島で22℃前後まで気温が上がりますので、日中は半袖で過ごせます。

【クイーンズランド州南部の気候】
ゴールドコーストやサンシャインコースト、ブリスベンなどがあるクイーンズランド州南部は、1年中温暖で過ごしやすいため、観光客に大変人気があるエリアです。夏の12月〜2月は日中最高気温が30℃前後。この時期は雨季にあたるので湿度は高いですが、クイーンズランド州北部ほど降雨量は多くはありません。冬の6月〜8月は日中最高気温は21℃前後。乾季で湿度が低いので実際の気温よりも肌寒く感じますが、晴天率も高く快適に過ごすことができます。

クイーンズランド州沿岸部の気候・ベストシーズン・服装

提供元:Tourism Port Douglas and Daintree

https://www.visitportdouglasdaintree.com/

クイーンズランド州北部のベストシーズンは、9月〜11月、もしくは、4月〜5月です。この時期なら雨が降る可能性も比較的少なく、かつ水温も温かいので、シュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。海に入らずにリゾートや海辺でのんびりしたり、ゴルフを楽しんだりするなら、雨の少ない6月〜8月もベストシーズンです。

一方、クイーンズランド州南部のベストシーズンは、10月〜12月、もしくは、4月〜5月です。温暖でかつ雨が少ない時期を選んで、マリンスポーツや海水浴、ゴルフなどのアウトドアスポーツを楽しみましょう。海に入らないのであれば、6月〜8月も爽やかで快適に過ごせる時期です。

クイーンズランド州沿岸部の気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

クイーンズランド州北部では1年を通して日中は半袖でOKですが、冷房が効き過ぎていることも多いので、薄手の長袖があると便利です。また、乾季は湿度が低いため、日が暮れると急に気温が下がります。カーディガンやジャケットなども1枚あると便利でしょう。

クイーンズランド州南部では10月〜4月頃までは日中は半袖でOKですが、冷房や夜間対策に薄手の長袖もあると便利です。5月〜9月頃は日中用の半袖や薄手の長袖に加え、夜間用にセーターやジャケットを用意しましょう。

クイーンズランド州は1年を通して日差しが強いので、サングラスや帽子なども忘れずに。

ウルル(エアーズロック)の気候・ベストシーズン・服装

ウルル(エアーズロック)の気候・ベストシーズン・服装

提供元:Sam Earp/Tourism NT (Stuart Highway Aeri…

http://northernterritory.com

オーストラリア内陸部にはアウトバックと呼ばれる乾燥した大地が広がっています。このエリアの気候は1年を通して降水量が少なく、日中と夜間の気温差が激しいのが特徴です。観光客に人気のウルル(エアーズロック)では夏(12月〜2月)の日中最高気温は40℃を越えることもありますが、夜間は20℃前後まで気温が下がります。一方、冬(6月〜8月)は日中最高気温が20℃前後と快適ですが、夜間の最低気温は5℃前後と非常に寒くなります。

ウルル(エアーズロック)の気候・ベストシーズン・服装

提供元:Shaana McNaught/Tourism NT (Sunset Viewi…

http://northernterritory.com地図を見る

ウルルを訪れるベストシーズンは、5月〜9月です。この時期は晴天率も高く、満天の星空が綺麗に見えます。夜間から早朝にかけてはかなり気温も下がりますが、日中の気温はマイルドで過ごしやすく、ハエも少ないのでおすすめです。

ウルル(エアーズロック)の気候・ベストシーズン・服装

提供元:Steve Strike/Tourism NT (Amphitheatre, P…

http://northernterritory.com地図を見る

ウルルでは、9月〜4月頃の日中は半袖、5月〜8月の日中は半袖もしくは薄手の長袖。夜間や早朝は気温がぐっと下がりますので、サンセットやサンライズのツアーに参加する場合は、真夏(12月〜2月)でも軽いジャケットがあると便利です。冬(6月〜8月)の早朝は非常に寒くなりますので、セーターやフリース、パーカーなどの防寒具を持参しましょう。

1年を通して日差しが非常に強いので、サングラスや帽子なども忘れずに。また、夏は特にハエが多いので、虫除けスプレーやハエよけのネットは必須です(現地で購入可)。

シドニーの気候・ベストシーズン・服装

シドニーの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

シドニーがあるニューサウスウェールズ州沿岸部は、1年を通して温暖湿潤な気候です。シドニーの夏(12月〜2月)の日中最高気温は26℃前後、冬(6月〜8月)の日中最高気温は17℃前後。夏は若干湿度が高いですが、特に際立った雨季もなく、1年中穏やかで過ごしやすい気候です。

シドニーの気候・ベストシーズン・服装

提供元:Tourism Australia

https://www.australia.com/en地図を見る

シドニーはどの季節に訪れても楽しめる町です。シドニー周辺には美しいビーチも多いので、海で泳いだりマリンスポーツを楽しみたいなら、夏(12月〜2月)がおすすめ。また、爽やかな春(9月〜11月)や秋(3月〜5月)は、海辺を歩いたり、シドニーハーバーでセーリングを楽しむには最適な気候です。5月下旬〜6月中旬にかけては、ビビッド・シドニーという光と音楽の祭典が開かれますので、この時期に訪れるのも楽しいでしょう。

シドニーの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

シドニーでは、12月〜3月頃までは日中は半袖で、夜間用に軽い上着があると便利です。4月〜5月および10月〜11月は合服と軽い上着、6月〜8月は合服とコートもしくはセーターなどがあるとよいでしょう。1年を通して晴れた日は日差しが強いので、サングラスや帽子なども忘れずに。

メルボルンとタスマニアの気候・ベストシーズン・服装

メルボルンとタスマニアの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

メルボルンがあるビクトリア州は、オーストラリアの中では、もっとも四季がはっきりとしている地域です。また、1年を通して降雨量が非常に少ないのが特徴。メルボルンは、天気が変わりやすいことで知られています。夏(12月〜2月)は、気温が30℃を越える日と肌寒い日が交互にやってきます。非常に乾燥しているため、30℃を越える日でも日陰に入るとひんやりしています。一方、冬(6月〜8月)の日中最高気温は約13℃と東京の冬ほど寒くはありませんが、冬は軽い通り雨が降ることも多いため、実際の気温よりもかなり寒く感じます。ビクトリア州内陸の山岳部にはスキー場もありますが、都心部で雪が降ることはありません。

メルボルン沖に浮かぶタスマニア州は、メルボルンを少し寒くしたような気候です。州都ホバートがあるタスマニア州東部は、比較的乾燥した気候ですが、クレイドルマウンテンのあるタスマニア州西部は、1年を通して降雨量が非常に多いことで知られています。クレイドルマウンテンでは、冬に雪が積もることもあります。

メルボルンとタスマニアの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

メルボルンのベストシーズンは、10月〜4月です。この時期は気温も暖かく晴天率も高いので、観光やアウトドアには最適です。メルボルン郊外には美しいビーチも多く、12月〜3月ごろまでは海水浴も楽しめます。この時期はワイナリーのブドウ畑も緑に溢れ、美しい景色が楽しめます。

タスマニア州はメルボルンに比べると気温が低いので、初夏から初秋にかけての11月〜3月がベストシーズンです。

メルボルンとタスマニアの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

メルボルンは、日によって気温の上下が激しいことと、乾燥していて実際の気温よりも肌寒く感じることも多いため、どの季節も、重ね着で調節できるような洋服を用意しておくと便利です。11月〜3月は、半袖・長袖・軽いジャケットなどの組み合わせ。4月〜5月、9月〜10月は、長袖・セーター・軽いコートなどの組み合わせ。6月〜8月の冬は、厚手のコートやマフラーもあると便利です。

タスマニアは真夏でも涼しく、朝晩は気温が下がるので、カーディガンや薄手のセーターなども用意しておくとよいでしょう。冬はかなり寒くなりますので、防寒具は必須。クレイドルマウンテンは雨も多く、夜になると気温がぐっと下がりますので、防寒具のほかにパーカーなど、雨風を通さないものを用意しておくと便利です。

ビクトリア州・タスマニア州ともに、11月〜3月にかけての晴れた日は日差しが非常に強いので、サングラスや帽子なども忘れずに。また、空気が大変乾燥していますので、保湿クリームなどがあると便利です。

パースの気候・ベストシーズン・服装

パースの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

西オーストラリア州南部に位置するパースは、地中海性の気候で、1年中温暖です。夏(12月〜2月)の日中最高気温は30℃以上まで上がることが多いですが、湿度が低く雨がほとんど降らないため、大変快適に過ごせます。冬(6月〜8月)は日中の最高気温は18℃ほどでマイルドですが、比較的雨がよく降ります。

パースの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

パースのベストシーズンは、春から秋にかけての9月〜5月です。西オーストラリア州は春になるとワイルドフラワーが咲き乱れることで有名です。パースのキングスパークでは9月にワイルドフラワーフェスティバルが行われますので、この時期に合わせて訪れるのも楽しいでしょう。また、パース周辺にはインド洋に面した美しいビーチがたくさんありますので、海水浴やウォータースポーツが楽しめる12月〜3月もおすすめです。

パースの気候・ベストシーズン・服装

写真:高田 真美

地図を見る

パースは1年を通して温暖で、11月〜4月頃まで日中は半袖で過ごせます。湿度が低く、夏でも朝晩は肌寒く感じますので、薄手の羽織るものを1枚持参しましょう。冬(6月〜8月)も気温はそれほど低くありませんが、曇りや雨が多いので、実際の気温よりも寒く感じます。セーターや軽いコートなどがあると便利です。

1年を通して、晴れた日は日差しが非常に強いので、サングラスや帽子なども忘れずに。また、空気が大変乾燥していますので、保湿クリームなどがあると便利です。

いつ訪れても楽しいオーストラリア

熱帯、亜熱帯、砂漠性、温帯、地中海性、と、様々な気候帯を有したオーストラリアは、1年中どこかしらベストシーズンの場所が存在します。

海・山・砂漠といった自然の他、ワイナリー巡りなどのグルメや町歩きなど、オーストラリアでは、旅の楽しみ方もバラエティに富んでいますので、各地域で楽しめるアクティビティと気候の特色を把握して、旅行時期や行先を決めるとよいでしょう。

※2018年9月現在の情報です。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -