まるで温泉美術館!富山「リバーリトリート雅樂倶」はアートホテル

| 富山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるで温泉美術館!富山「リバーリトリート雅樂倶」はアートホテル

まるで温泉美術館!富山「リバーリトリート雅樂倶」はアートホテル

更新日:2018/09/05 13:41

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 ホテル旅館客室コンサルタント

富山県のアートホテルと言ったらここ「リバーリトリート雅樂倶」です。建築家の内藤廣氏によって設計されたホテルはまさにアート空間を提供するホテル。さらに温泉と美味しい食事、そして心温かいスタッフのおもてなしが心地いい!ストレスフリーの滞在が体験できる数少ないホテルの1つです。

富山市内で行きやすい川沿いのリゾートホテル

富山市内で行きやすい川沿いのリゾートホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

「リバーリトリート雅樂倶」は大人のスモールラグジュアリーアートホテルです。アクセスはJR富山駅からタクシーで約40分、富山空港からはタクシーで約15分、最寄り駅はJR山本線「笹津駅」、ホテルの車の送迎があります。ホテルから富山駅には11時半のシャトルバスが無料であるので、帰りはこちらも利用できます。予約制なので送迎してもらいたい方はお忘れ無く。

ホテルの敷地に入り、見えてくるのは低層のモダンな建物。一見ここがホテル?と思うくらい自然の中に溶け込んでいます。

富山市内で行きやすい川沿いのリゾートホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

玄関を抜けるとその内装デザインに圧倒されます。入口は低く、薄暗い空間ですが、廊下を進むと、正面には吹き抜けのロビー、外には川と山の景色がひろがります。計算されつくしたこの空間美に、ゲストは必ず「うわー」と思わず声を上げてしまいます。磨き上げられた床に外の景色が映り、ロビー内は柔らかい光が入っていて、壁面の絵画の見栄えを良くしています。

富山市内で行きやすい川沿いのリゾートホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

チェックインはホテルロビーのソファで行います。ゆったりとしたソファに座っていると、ウェルカムドリンクのオーダーを聞いてくれます。生ビールやオリジナルドリンクが選べるのでそれらをオーダー。到着時のちょっとした休憩タイムです。

客室はぜひスイートを満喫して欲しい!

客室はぜひスイートを満喫して欲しい!

写真:二松 康紀

地図を見る

「リバーリトリート雅樂倶」の客室は多様です。クラスはスタンダード、デラックス、スイートと3つですが、その客室のコンセプトデザインは全て違います。ここがポイント!どのように過ごしたいか、誰と行くか、などで想像しながら部屋選びをするのは、旅行に行く前から楽しくなりますよ。

写真の客室は307のあやめの間。真四角の客室の中にリビングルーム、ベッドルーム、和室があり、バスルームもとても広く開放感抜群の部屋。心地良すぎてついついずっと部屋にいたくなります。リビングテーブルにはホテル自慢のウェルカムスイーツが置いてあります。こちらはラウンジにもあるのですが、とっても上品な味なので、ぜひ食べてみてくださいね。

客室はぜひスイートを満喫して欲しい!

写真:二松 康紀

地図を見る

リビングルームから奥に入るとベッドルームがあります。ベッドルームは高級感のあるフローリングでツインタイプ。もちろん上質のベッドと寝具類はとても快適でぐっすり寝ることができますよ。

客室はぜひスイートを満喫して欲しい!

写真:二松 康紀

地図を見る

寝室の奥には和室があり、こちらにも布団を敷くことができます。和テーブルもあるので、和室でごろんと休憩も可能。こちらは川の景色を見ることができるので、布団を敷いて午後のお昼寝にもいい部屋ですよ。

緑豊かな川の景色を見ながらバスタイム可能

緑豊かな川の景色を見ながらバスタイム可能

写真:二松 康紀

地図を見る

バスルームは開放的です。外側は笹津山をバックにした神通川の景色、晴れていると空と山と川のコントラストがとてもきれいです。それらを見ながらのバスタイムは最高!バスタブはオーバル型で深く大きく、大人が2人でも余裕のサイズ。シャワーも独立してあるのでとても便利です。

緑豊かな川の景色を見ながらバスタイム可能

写真:二松 康紀

地図を見る

洗面台はバスタブの手前にあります。タオル類やバスローブは洗面台の横にまとめておいてあり、手に取りやすくストレスはありません。シンクは1つ、正面に大きい鏡があり、小さな鏡も横に置いてあります。この鏡の横にライトスタンドがあり、照明をつければ、顔などを見やすくしてくれるところがちょっとした心遣い。こうしたところにゲストへの思いやりが感じられます。

緑豊かな川の景色を見ながらバスタイム可能

写真:二松 康紀

地図を見る

アメニティ類にもホテルのこだわりが感じられます。バスアメニティ類のシャンプーやトリートメント、ボディソープなどは富山のオーガニックブランドのもの。とてもリラックス出来る香りです。今後その他のアメニティ類も地産地消の考えがベースです。食だけではない地産地消はこれからのトレンドになりそうです。女性用には雅樂倶オリジナルの化粧水や美容液などもあるので試してみてくださいね。

ライブラリーや露天風呂は開放感抜群

ライブラリーや露天風呂は開放感抜群

写真:二松 康紀

地図を見る

館内は至る所に絵画や工芸品が飾られています。このホテルの過ごし方の1つはそれら美術品の鑑賞。到着して少し休憩したあとに温泉に入り、少し館内を歩いてみましょう。ロビー内には日本画家の千住博さんの作品がいくつかあり見応えがあります。

こうした作品をみたあとは、ロビー2階にあるライブラリーに行ってみましょう。美術書中心ですが、小説などもあるので、いつもは手に取らないような書籍を閲覧してリラックスしてみませんか。

ライブラリーや露天風呂は開放感抜群

提供元:リバーリトリート雅樂倶

https://www.garaku.co.jp地図を見る

ホテル内には源泉「春日温泉」が湧出、地下のフロアに大浴場が2カ所あります。1つは「彩の湯 内湯、露天風呂」は赤石で作られた野趣あふれる作り、露天風呂からは川の近くまで行ける作りになっていて、自然を満喫できますよ。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉で無色でさらっとしたお湯です。

ライブラリーや露天風呂は開放感抜群

提供元:リバーリトリート雅樂倶

https://www.garaku.co.jp地図を見る

また「SPRING DAY SPA 露天風呂」はモダンなデザイン。湯船に入ると、正面に神通川の景色を見ることができます。内風呂には温泉ではありませんが、ジャグジーやサウナも完備されていてリラックス出来ますよ。

ゲストラウンジ、温石ルームも完備

ゲストラウンジ、温石ルームも完備

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテル内にはゲスト専用のラウンジが完備されています。チェックイン後に使えるのですが、このラウンジは是非行ってのんびりして欲しい場所。ソフトドリンクはデトックスウォーターなどホテルオリジナルで体に良さそうなもの。ホテルスイーツも数種類あり、それらが無料で楽しめます。

ラウンジ内のソファはゆったりしていて、景色を眺めながら旅行雑誌などが読める場所。アルコール類は有料ですが、地ビールがあるのでお好きな方はこちらもオススメ。

ゲストラウンジ、温石ルームも完備

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテル地下は大浴場やリラックススペースになっていて、その一角にスパトリートメントの部屋や温石ルーム(岩盤浴)などがあります。地下部分は照明を落としてあるので、気持ちはリラックス。温石ルームはゲストサービス、予約をすれば入ることができます。カップルで利用できるので、試してみてくださいね。

ゲストラウンジ、温石ルームも完備

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルショップはお土産が並んでいますが、このホテルらしいオリジナル商品などがたくさんあります。部屋にあるアメニティ類やスイーツもここで購入可能。アートホテルらしい厳選された工芸品などもあるので、お土産には喜ばれそうですよ。

大人の富山のんびりステイならこのアートホテルで!

「リバーリトリート雅樂倶」はアートな大人のホテルです。心身ゆったりしたい時に来たくなるホテルです。ゲストを迎えるホスピタリティは上質でフレンドリー、とても心地良く感じると思います。館内は美術館のようなので、歩いて巡るだけで驚きがいくつもあります。ゆっくり実感したい方は、ぜひ2泊以上の滞在をオススメします。1度来るとリピーターになりたくなるホテル、体験してみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -