スイーツ天国ポルトガル!リスボンで食べたいおやつ5選!

| ポルトガル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スイーツ天国ポルトガル!リスボンで食べたいおやつ5選!

スイーツ天国ポルトガル!リスボンで食べたいおやつ5選!

更新日:2018/10/23 09:42

miyoshi yucaのプロフィール写真 miyoshi yuca 旅×カルチャー・ライター

ポルトガルはその豊かな食文化が有名。特におやつにピッタリなスイーツやスナックが豊富で、観光で訪れた際にはぜひ名物を食したいものです。今回は、ポルトガル首都リスボンでぜひ試したい有名なおやつ5選をご紹介します!

クリーミーであま〜い「パステル・デ・ナタ」

クリーミーであま〜い「パステル・デ・ナタ」

写真:miyoshi yuca

ポルトガルのおやつの代表格「パステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)」はいわゆるエッグタルト。国民にも観光客にも大人気のあま〜いおやつです。古くから香港に伝わり、日本でも親しみのあるエッグタルトですが、やはり本場でできたてをいただくのは格別!卵の奥深い味わいがアクセントでクリーミーな舌触りが誰しもを虜にし、一つ食べたらまた一つ、と手が止まらなくなる美味しさです。

リスボンのみならずポルトガル全国で親しまれているおやつですが、特にリスボンには有名店が多く、歴史的なベレン地区には行列のできる人気店もあります。

ボリューミーな「パステル・デ・バカリャウ」

ボリューミーな「パステル・デ・バカリャウ」

写真:miyoshi yuca

地図を見る

リスボンの旧市街地観光で食べ歩きにピッタリなのが「パステル・デ・バカリャウ(Pastel de Bacalhau)」と呼ばれる鱈とチーズのコロッケです。ポルトガルで最も消費量の多いとされている鱈をつかったコロッケはまさにポルトガルの名物。淡白な鱈の身と濃厚とろーりなチーズの相性が抜群です。

一個でもかなりボリュームがあるのでお昼を軽めするとちょうどいいかもしれません。

ほんのりチーズ風味「ケイジャーダ」

ほんのりチーズ風味「ケイジャーダ」

写真:miyoshi yuca

地図を見る

「ケイジャーダ(Queijada)」は、リスボンの隣町シントラが発祥の地とされるチーズケーキです。ポルトガル各地で食べられる定番おやつの一つ。チーズケーキと言う割にはチーズの風味がほんのりと感じられる程度です。チーズケーキらしいさっぱり感はなく、どちらかというとかなりこってり甘め。しっとりとした食感が食べ応えありです。

サクサク食感「トラヴセイロ」

サクサク食感「トラヴセイロ」

写真:miyoshi yuca

地図を見る

「トラヴセイロ(treavesseiros)」は、サクサクのパイに砂糖がかけられたおやつ。パイの中に入っているアーモンドクリームの独特な香りがします。トラヴセイロとはポルトガル語で枕と言う意味なので枕の形をしています。

こちらもシントラの名物です。シントラの中心地には可愛らしいカフェやお菓子屋さん(パステラリア)がたくさんあるので、シントラのお城や庭園観光の合間に一休みするのにピッタリです。

濃厚なチョコにやみつき「ブリガデイロ」

濃厚なチョコにやみつき「ブリガデイロ」

写真:miyoshi yuca

地図を見る

「ブリガデイロ(Brigadeiro)」は実はブラジルの国民的スイーツの一つ。当時ポルトガルの植民地だったブラジルから伝わり、現在ではポルトガルでも一般的に親しまれるチョコレート菓子です。ポルトガル各地のベーカリーやお菓子屋さんに行けば必ずと言って良いほど売っています。

原材料は主にチョコレートとコンデンスミルク。かなり甘めですが、一口サイズで、気軽にパクッと食べられます。こってりとした甘みにやみつきになること間違いなし!

ポルトガルでおやつの時間を楽しんで

ポルトガルのリスボンは美味しいおやつが溢れています。観光で訪れた現地ならではの名物を食すのは旅の醍醐味。ぜひリスボンを訪れた際には今回ご紹介したオススメの名物でおやつの時間を堪能してください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/28−2017/08/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -