高知市内からアクセス可能!日帰り遍路におすすめの4つの札所

| 高知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

高知市内からアクセス可能!日帰り遍路におすすめの4つの札所

高知市内からアクセス可能!日帰り遍路におすすめの4つの札所

更新日:2018/08/31 17:13

釜井 知典のプロフィール写真 釜井 知典

お遍路さんをしてみたい!と思っていても、四国は思いのほか広く、まとまった休みが取れないとなかなか全部は回り切れません。なかでも高知県は、とても広大なエリアのため県内のお寺を回るのだけでも一苦労。でも、せっかく高知まで足を延ばすのなら、お遍路だけでなく高知市内のグルメや名所も堪能したいですよね。そこで今回は、高知市から足を運びやすく日帰りで楽しめる、第28番から第31番札所のお寺をご紹介します。

四国最大級の大日如来像!第28番札所「大日寺」

四国最大級の大日如来像!第28番札所「大日寺」

写真:釜井 知典

地図を見る

天平年間(729〜749)に在位していた聖武天皇の勅命により建立された大日寺。東大寺大仏の造立で有名な僧・行基が「大日如来像」を彫り、本堂内に安置したのがこのお寺の始まりだと伝えられています。以後、荒廃・復興・廃寺などを経て、明治17年(1884年)に復興されて現在に至ります。

本堂は平成9年に再建されたものですが、その際釘を一切使わずに檜と松を組んで建てられています。

堂内の大日如来像は146cmの四国最大級の高さを誇ります。脇仏の聖観世音菩薩立像も高さが172cmあり、どちらも国の重要文化財に指定されています。

四国最大級の大日如来像!第28番札所「大日寺」

写真:釜井 知典

地図を見る

境内には、3月のお彼岸の時期にはしだれ桜、10月中旬には十月桜や万両など、季節ごとに違う花が咲き乱れ、境内を美しく彩ります。

<基本情報>
住所:高知県香南市野市町母代寺476-1
電話番号:0887-56-0638
アクセス:南国インターチェンジから龍河洞方面へ。バス停大日寺前を右折

紀貫之ゆかりの地!第29番札所「国分寺」

紀貫之ゆかりの地!第29番札所「国分寺」

写真:釜井 知典

地図を見る

国分寺も大日寺と同様に、聖武天皇の命により建立されたお寺。天皇自らが仏教経典の「金光明最勝王経」を写経して納め、全国68ヶ所に建てられた国分寺のひとつです。天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を願う祈願所として、別名・金光明四天王護国之寺とも呼ばれます。

また、国分寺は「土佐日記」の作者・紀貫之のゆかりの地として有名です。貫之が国司として4年間滞在していた国府は、お寺から程近く「土佐のまほろば」と呼ばれた文化・政治の中心でした。

昭和52年(1977年)の発掘調査では、境内に弥生時代の住居跡が発見され、土佐文化発生の地であることも判明した歴史ある場所です。

本堂には本尊千手観世音菩薩が祀られています。堂内部の海老紅梁(エビのように曲がった梁)は土佐最古と言われ、また、1200年以上の歴史が色濃く反映された境内地は、全域が国の重要文化財に指定されています。庭園は杉苔が美しく「土佐の台寺」の異名を持ちます。

<基本情報>
住所:高知県南国市国分546
電話番号:088-862-0055
アクセス:JR後免駅下車。土佐電鉄「領石」行きバス約10分

高知ICのすぐ近く!第30番札所「善楽寺」

高知ICのすぐ近く!第30番札所「善楽寺」

写真:釜井 知典

地図を見る

高知ICから近く、足を延ばしやすいのが善楽寺。高知城からは約6km、高知駅からは約4kmの距離にあります。周辺はその昔「神辺郷」といわれ、土佐では最も古くから栄えた地域でした。

大同5年(810年)に、弘法大師(空海)がこの地を訪れ、高鴨大明神(現在の土佐一宮神社)を管理する寺として開創し、霊場とされました。

土佐2代藩主・山内忠義公の時代には、武家の庇護の下で寺は興隆しましたが、明治新政府の廃仏毀釈を受けて困難な時期を迎えました。昭和4年(1929年)に再興、時を経て平成6年(1994年)に四国八十八箇所霊場の第30番札所となります。

本堂の隣には大正時代に建てられた大師堂があります。ここの大師像は「厄除け大師」として有名で、厄年のお参り、交通安全などにご利益があるといわれています。また、子安地蔵堂は安産・子宝祈願にご利益があり、夢見地蔵は、脳の病気やノイローゼなど、首から上の病気にご利益があるという珍しいお地蔵さんです。合格祈願に訪れる人も多いのだとか。

<基本情報>
住所:高知県高知市一宮しなね2-23-11
電話番号:088-846-4141
アクセス:
(車)高知ICから県道384号線方面へ。交差点を左折して約1km進み、土佐神社前の交差点を左折。約300m進み右側の土佐神社駐車場を右折し、境内に駐車(土佐神社は月極のため停めないようにしてください)
(電車)土讃線土佐一宮駅下車徒歩約20分
(バス)一宮神社前下車後、徒歩約3分

第31番札所「竹林寺」

第31番札所「竹林寺」

写真:釜井 知典

地図を見る

「よさこい節」の舞台であり、多くの学僧・名僧が集まった学問寺院としても有名な竹林寺。

聖武天皇は中国の霊場・五台山での夢を見て、そこに似た霊地を見つけてお寺を建てることを行基に命じました。そして行基が文殊菩薩像を彫り、山の上の本堂に安置したことが竹林寺の始まりと言われています。9世紀初めに弘法大師が再興し、霊場となりました。

第31番札所「竹林寺」

写真:釜井 知典

地図を見る

本堂は「文殊堂」と呼ばれ、江戸時代に建てられた国の重要文化財です。宝物館には平安〜鎌倉時代の国の重要文化財の仏像が17躰も納められており、県内一の文化財の宝庫と言えます。また、県内唯一の五重塔も見どころです。

近くには「日本の植物分類学の父」と呼ばれる牧野富太郎博士の記念館と、県立牧野植物園もありますので、時間に余裕がある方はぜひ足を延ばしてみてください。

<基本情報>
住所:高知県高知市五台山3577
電話番号:088-882-3085
アクセス:
(車)高知ICから約20分/はりまや橋から約20分/桂浜(浦戸大橋)から約30分
(バス)高知駅からMY遊バスで26分

高知市内に遊びに行くなら、お遍路さんも満喫しよう!

今回は、高知市内からアクセスしやすい4つのお寺を紹介しました。「お遍路さんを日帰りで楽しみたい」「市内観光のついでに高知のお寺を覗いてみたい」という方も、ぜひ足を延ばしてみてください。

ほかにもお寺の近くには、龍河洞や土佐神社、牧野植物園などほかにも立ち寄れるスポットがたくさんあります。南国土佐ならではの風景を楽しみながら、日帰りお遍路さんを満喫してみてください。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -