屋根付き橋がノスタルジック!愛媛県内子町の里山を散策

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

屋根付き橋がノスタルジック!愛媛県内子町の里山を散策

屋根付き橋がノスタルジック!愛媛県内子町の里山を散策

更新日:2018/09/04 17:04

野口 まさゆきのプロフィール写真 野口 まさゆき 里山フォトグラファー

皆さん、珍しい屋根付きの木橋があるのを知ってますか?愛媛県の内子町には今でも五つの屋根付き橋が存在し、地域の人によって大切に守られています。なんで橋にわざわざ屋根を付けるの!?と思うでしょうが、そこには人々の昔の営みを表す歴史的な背景があるのです。有名なテレビドラマのロケ地ともなった屋根付き橋を訪れて、今なお残る昭和の空気感を感じながら、内子町の里山を巡ってみましょう!

あのTVドラマ『坂の上の雲』に登場した「田丸橋」へ

あのTVドラマ『坂の上の雲』に登場した「田丸橋」へ

写真:野口 まさゆき

地図を見る

「田丸橋」は内子町に5つある屋根付き橋のひとつで、麓川(ふもとがわ)の中流域に架かります。

JR予讃線の内子駅から車で国道56号線を北上し、県道243号を左に分岐します。さらに北上して約20分くらいで河内という地区に着きます。麓川は県道の右側を流れていますので橋を見逃さないよう注意してくださいね。

県道沿いから田丸橋の全景を眺めることができます。周囲は山と緑の森とに囲まれ人家はまばら。小雨降る中で田丸橋はひっそりと佇み、周囲の里山風景に溶け込んでいます。

当時の農村風景をとどめるシンボルとして、司馬遼太郎の代表作でTVドラマ化された『坂の上の雲』のロケ地として選ばれました。主人公の秋山真之と正岡子規の妹の律が語り合う場面は、美しい田園風景を背景とした印象的な名シーンでした。

晴れてても雨が降っても、橋の上は居心地いい!

晴れてても雨が降っても、橋の上は居心地いい!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

県道から川に下っていくと橋を渡ることができます。橋の手前には「内子町指定有形文化財」の石碑が立ちます。橋の長さは12m、幅2m、杉皮葺きの切妻屋根で愛媛県特有の形状です。洪水で流出したものを1944年(昭和19年)に地元住民の力で再建しました。

当初は橋の屋根は耐久性を保つために設けられましたが、時の経過と共に、当時製造が盛んだった木炭や農産物などの保管場所として使用されました。その後は地域の集会所的な場所として、コミュニティの場となっています。今でも田丸橋保存会によって大切に管理されているんです。

晴れの日は川沿いに吹き抜ける風を感じながら、雨の日は雨宿りをしながら、どんな時でも居心地のよい場所なんです!

晴れてても雨が降っても、橋の上は居心地いい!

写真:野口 まさゆき

地図を見る

田丸橋の全体構造は、橋桁を両岸から斜めに渡した木材で支え、橋脚を省いた構造です。これは昭和18年(1943年)の洪水で、橋脚に流木がからまり流失した経験から、地元の大工さんの工夫で「川をふわりとまたぐ」姿になりました。

<基本情報>
住所: 愛媛県喜多郡内子町河内2201

アーチ形の姿が美しい!神社の参道でもある「太鼓橋」

アーチ形の姿が美しい!神社の参道でもある「太鼓橋」

写真:野口 まさゆき

地図を見る

県道243号をさらに北上していくと石畳地区に入ります。そこからさらに山道を上っていくと山頂付近で弓削神社に到着します。

室町時代に創建されたと伝えられる弓削神社。社殿を囲む池には神社の参道の役割を果たしている「太鼓橋」が架けられています。昭和30年頃の完成で、橋の長さ約22メートル。屋根は杉皮葺きで橋脚には栗の丸太が使われています。神社の氏子がこの橋を渡り、地域の五穀豊穣を祈る「日参り信仰」が今も続けられてします。

境内全体が景勝地と言われ、池に映るアーチ形の橋の素朴な風景とともに、春には梅や桜の花、初夏には花菖蒲が周辺を彩ります。

<基本情報>
住所:愛媛県喜多郡内子町石畳甲(弓削神社地内)

神社周辺の石畳地区の里山を散策しよう

神社周辺の石畳地区の里山を散策しよう

写真:野口 まさゆき

地図を見る

内子町の最奥部ともいえる石畳地区は麓川の源流域であり、栗や椎茸生産などの農林業を主とする約60人くらいの集落があります。ここには山の斜面に沿った棚田や湧水、シダレザクラの銘木などがあって、里山散策にはぴったりのエリアです。約15体の御大師様が鎮座した場所を巡る「石畳ミニ八十八か所」も楽しいコースです。

春にはシダレザクラ祭りと弓削神社の大祭。夏から秋は田んぼが緑から黄金色へと輝き、大きな栗の木が田んぼに影を落とします。冬は太鼓橋の雪景色も美しいですよ。

明治から昭和の文化が薫る町、内子を満喫しよう!

内子町に現存する屋根付き橋は、下の宮橋、鳥居元橋、常盤橋を含め五つです。コンクリート造になったものもありますが、伝統的な農村景観を残そうと地元の団体が保存活動を続けています。

内子町は明治時代に木蝋生産で栄えた町で、重要文化財の「内子座」や八日市・護国地区の街並みなども保存され活用されています。町の東側の御禊(みそぎ)地区の山あいにあり、日本の棚田百選でスケールの大きい「泉谷の棚田」もおススメです。

慌ただしい現代の生活からちょっと離れて、ひと時代昔のようなスローな旅を満喫してみませんか!?

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/07−2017/09/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -