遭遇率100%!?エラワン祠から近いルンピニ公園のミズオオトカゲ

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

遭遇率100%!?エラワン祠から近いルンピニ公園のミズオオトカゲ

遭遇率100%!?エラワン祠から近いルンピニ公園のミズオオトカゲ

更新日:2018/10/04 16:36

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイに詳しい旅作家

タイで有名なものは?となればお寺にタイフード、水上マーケット等がありますが、ユニークな存在となればミズオオトカゲ!

野生の姿をほぼ確実に、無料で見ることが出来る場所がバンコク中心部のルンピニ公園です。

ガイドには必ず載っているタイ三大パワースポットの一つ、エラワン祠を訪ね、徒歩ですぐ公園に到着。そこで遭遇するのは体長2mの巨大な姿!

周囲には屋台が多く絶品グルメもあり、こちらもご紹介します。

願いが叶うエラワン祠と、徒歩でも近いルンピニ公園

願いが叶うエラワン祠と、徒歩でも近いルンピニ公園

写真:大里 康正

地図を見る

BTSのチット・ロムとサイアムの中間付近に位置するのがエラワン祠(Erawan Shrine 別名プラ・プロムPra Phrom)。多くの人が参拝に訪れ、そして観光客多数の名勝地です。

1950年代のこと。ホテルの建設工事で事故が絶えなかったことから占星術師に相談すると、ここにヒンドゥー教の祠を立てればよいと言われ作られたのが最初です。

それ以降、工事は順調に進み、やがて「願いの叶う場所」として有名になりました。ぜひ、タイのパワースポットで手を合わせてみましょう。

エラワン祠の基本情報
住所:Rachaprasong, Lumpini, Pathumwan, Bangkok
アクセス:BTSのチット・ロムとサイアム駅近く

願いが叶うエラワン祠と、徒歩でも近いルンピニ公園

写真:大里 康正

地図を見る

エラワン祠からBTSのラッチャダムリ方向に歩いて約15分で、ルンピニ公園に到着することが出来ます。

なお、MRTを使って直接ルンピニ駅で下車すれば、道路を渡った反対側が公園となっています。ところでルンピニ公園(Lunpini Park)近くの交差点は交通量が多い場所。信号はありますが、それでも横断時には十分に注意をして下さい。

願いが叶うエラワン祠と、徒歩でも近いルンピニ公園

写真:大里 康正

地図を見る

入場ゲートは複数ありますが、どこも同じように利用の注意事項が書かれています。ルンピニ公園はバンコクのパトゥムワン区にあり、0.57km2の広さ。歴史は古く、1920年代のラーマ6世統治時代に建設されているのです。

なお、入場は無料ですが、4:30-21:00(園内の一部は18:00まで)という時間帯となっています。これは夜間にこの公園で寝泊まりする人の対策ということです。

緑豊かなルンピニ公園は憩いと運動と観光の場

緑豊かなルンピニ公園は憩いと運動と観光の場

写真:大里 康正

地図を見る

敷地内には大きな人工池があり、ボート遊びも可能。

緑豊かなルンピニ公園は憩いと運動と観光の場

写真:大里 康正

地図を見る

ウォーキングやサイクリングをする人がとても多く、また、タイの公園には多くあるのですが運動設備が充実。トレーニングをする人も多数来ているのです。日本では考えられないような何でもありの公園がタイスタイル。

緑豊かなルンピニ公園は憩いと運動と観光の場

写真:大里 康正

地図を見る

そして、バンコクでも大きな公園であり、公園そのものや自然散策が好きな多くの欧米人を中心とした観光客が来る場所。

また、付近には各国の大使館があることから、色々な国の人が遊びに来る場所とも言えます。

水辺を中心に遭遇可能なミズオオトカゲ

水辺を中心に遭遇可能なミズオオトカゲ

写真:大里 康正

地図を見る

ミズオオトカゲは、有鱗目オオトカゲ科オオトカゲ属に属するトカゲであり、別名サルバトールモニターやモニターリザードと呼ばれることもあります。

水泳が得意で、かなりの速度で泳ぐことが出来ます。

実はタイに限らず、インドネシアやラオス、中国などにも生息しているのですが、比較的観光で見かける場所となればやはりタイと言えます。

しかしながら過去にタイ観光をしていても、一度も見なかったという人も多いはず。特にバンコク中心部ではその数が激減しています。これはタイ政府による駆除の影響もありますが、都市部では食料が十分ではない、また開発が進み生息地が減少していることも影響しているのです。

水辺を中心に遭遇可能なミズオオトカゲ

写真:大里 康正

地図を見る

そのような状況の中でもルンピニ公園には数多くの個体がいて、中には陸に上がりのんびりしているミズオオトカゲも。大きなものになれば、2mはおろか2.5mに達するものもいると言われます。

革製品として乱獲され、食用や薬用としている地域もあることから世界的に減少傾向にあり、中国では保護動物に指定されているほど。

それでも畑のネズミやモグラを捕食し人間に役立っているとして、大事にされている地域もあるのです。

水辺を中心に遭遇可能なミズオオトカゲ

写真:大里 康正

地図を見る

基本的に攻撃的な性格ではないので人を襲うことはなく、すぐに逃げてしまうのですが、しかしながら肉食性であり、やはり必要以上に近寄らないのが無難。

爪は強固にしてかなり鋭く、想像以上に素早く動くことが出来ます。なお、万が一ですが噛まれれば感染症の危険性がありますので、くれぐれも注意をして一定の距離を保ち、観光を楽しみましょう。

かわいい子供のトカゲたち

かわいい子供のトカゲたち

写真:大里 康正

地図を見る

巨大な大人がいれば、当然ながら子供もいます。子供は用心深いのが普通であり、タイの他の地域で見かけることはほぼありません。しかしながらルンピニ公園ではよほど人馴れしているのか、あちらこちらに姿を見せるのです。

子供とはいえ、トカゲに変わりはありませんので、大人のミズオオトカゲ同様に一定の注意を払いましょう。

かわいい子供のトカゲたち

写真:大里 康正

地図を見る

中にはカラスやインドハッカと近いところで餌を探している子供も。カラスは好奇心が旺盛なので、時々子供のトカゲのシッポをかじってイタズラしていることもあります。

かわいい子供のトカゲたち

写真:大里 康正

地図を見る

なお、子供のうちは、簡単に木に登ることが出来ます。しかしながら鋭い爪を持っており、落ちてくる危険性はほぼありません。

屋台でタイフード「ポークブラッドスープ」グルメ

屋台でタイフード「ポークブラッドスープ」グルメ

写真:大里 康正

地図を見る

ルンピニ公園は駐車場や歩道、小さな広場を含めて多くの屋台が並んでいます。トムヤンクンやグリーンカレー等で有名なタイフードですが、タイはまさにグルメの宝庫で魅力的な食べ物が多数あるのです。

屋台でタイフード「ポークブラッドスープ」グルメ

写真:大里 康正

地図を見る

中でも「ポークブラッドスープ」は、日本ではあまり知られていないのですが、タイ庶民にとっては身近な食べ物。豚の様々な部位を煮込んだものであり、野菜の甘さが十分に出ているスープが絶品。別途、ご飯を注文し、スープに浸しながら食べると病みつきになること間違いなしなのです。

屋台でタイフード「ポークブラッドスープ」グルメ

写真:大里 康正

地図を見る

タイの人たちは全般的に写真が大好き。中には自分たちから写してほしいという人もいるくらいです。この明るい雰囲気で絶品の料理を出してくれますので、タイではぜひとも屋台の味も、試してみましょう。

ルンピニ公園の基本情報
住所:139/4 Witthayu Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok
電話:+66-0-2252-8030 (ルンピニ図書館)
アクセス:BTSサラデーン駅から徒歩約5分。MRTブルーラインのルンピニー下車で目の前

パワースポット・エラワン祠とミズオオトカゲのルンピ二公園

エラワン祠は、観光ガイドに必ず載っている有名なパワースポットですが、すぐ近くでミズオオトカゲが楽しめる緑豊かなルンピ二公園はあまり知られていません。徒歩で手軽に行けることからもお勧めです。

観光に行けば高確率でミズオオトカゲを見ることが出来ますので、これを機会に足を運んでみて下さい。

なお、バンコクから日帰り観光可能な名所は多数ありますが、タイの斜塔のムタウ仏塔がある「クレット島」、一年中赤い蓮が楽しめる「ナコンパトム」がお勧め。そしてタイグルメではサムットプラカーンにある海鮮と焼肉の「Aim Jung」がすごい。ここは驚きの安さで何もかも食べ放題!詳細は関連MEMOをご覧下さい。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -