ウィーンからも日帰り可能!スロバキア・ブラチスラバ魅惑の1日観光

| スロバキア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ウィーンからも日帰り可能!スロバキア・ブラチスラバ魅惑の1日観光

ウィーンからも日帰り可能!スロバキア・ブラチスラバ魅惑の1日観光

更新日:2018/09/06 11:17

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー

スロバキアの首都の「ブラチスラバ」をご存知ですか?あまり馴染みのない都市ですが、ウィーンから1時間で訪れることができる素敵な街並みと自然が美しい魅力ある都市です。ブラチスラバはコンパクトな街なので日帰りでも十分観光や自然、美味しい食事を楽しむことが可能です。綺麗な街並みとドナウ川の自然が融合した素敵な魅惑の街の、満足できる1日観光プランをご紹介します!

ミハエル門を中心とした素敵な街並みの旧市街

ミハエル門を中心とした素敵な街並みの旧市街

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

スロバキアの国は新しいですが、ブラチスラバの都市はローマ帝国の時代から重要な都市として栄えてきました。ブラチスラバで一番初めに訪れたい旧市街は、かつて4つの門とそれをぐるりと囲んだ城壁によって守られていましたが、今現存する門は「ミハエル門」ただ1つ。旧市街に入る時は当時の面影を残したミハエル門から入って中世の世界に入り込みましょう。

<基本情報>
住所:Stary mesto Michalska 24, 811 03, Bratislava
電話番号:+421-2-544-33-044
アクセス:Novy Mostバスターミナルから徒歩10分

ミハエル門を中心とした素敵な街並みの旧市街

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

旧市街の中心は「フラヴネー広場」。中世の時代には政治の集会、時には処刑場にも使われていました。現在は広場の噴水を取り囲むように、お洒落なカフェやお土産屋などが立ち並び、素敵な広場となっています。

<基本情報>
住所:Bordered by Radnicna ul and Rybarska branatt, 811 01, Bratislava
アクセス:Novy Mostバスターミナルから徒歩10分

ミハエル門を中心とした素敵な街並みの旧市街

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

街のあらゆる所に面白い銅像があるのも旧市街の街歩きの楽しいところ。数ある銅像で1番の人気者がマンホールから顔を少し出したおじさんの像。この像はキーホルダー等のお土産にも使われていて、今やブラチスラバのマスコット的存在です。

美しい歴史ある教会と一面ブルーの教会は是非訪れよう!

美しい歴史ある教会と一面ブルーの教会は是非訪れよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ブラチスラバ最古の教会の「聖マルティン大聖堂」は14世紀の初めから200年の歳月をかけて作られた教会。かつて、ブラチスラバはハンガリーの首都にもなったことがある都市で、歴代のハンガリー王の戴冠式もこの聖マルティン教会で行われてきました。教会内部のステンドグラスには戴冠式を表す王冠が描かれています。

<基本情報>
住所:Katedrala sv. Martina, Rudnayovo nam.1, 811 01, Blatislava
電話番号:+421-2-544-33-430
営業時間:月〜金:9:00〜11:30 13:00〜18:30 土:9:00〜11:30 日:13:45〜16:00
アクセス:Novy Mostバスターミナルから徒歩5分

美しい歴史ある教会と一面ブルーの教会は是非訪れよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

旧市街を抜けて10分ほど歩いたところにある青の教会こと「聖アルジュベタ教会」は、淡いブルーがまるで絵本の世界から飛び出たような可愛い教会。他にはないブルーの教会に釘付けになること間違いなし!中に入れる時間が限られているので、是非時間を合わせて訪れてくださいね。

美しい歴史ある教会と一面ブルーの教会は是非訪れよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

教会内部も外観と同じ淡いブルーが使われているのが特徴。椅子や彫像、パイプオルガンまでもがブルーで彩られ、メルヘンの世界に迷いこんだかのような気分に!まさにココでしか出会えない可愛らしい教会です。

<基本情報>
住所:Rimskokatolicka cirkev, Farnost Bratislava-sv. Alzbety
Bezrucova 2, 811 09, Bratislava
電話番号:+421-2-527-33-572
営業時間:月〜土:7:00〜7:30 17:30〜19:00 日:7:30〜12:00 17:30〜19:00
アクセス:Novy Mostバスターミナルから徒歩10分

ブラチスラバ最大の見どころ「ブラチスラバ城」

ブラチスラバ最大の見どころ「ブラチスラバ城」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ドナウ川とブラチスラバの街を見下ろす高台の上にある「ブラチスラバ城」はブラチスラバ最大の見どころ。城の四隅に塔があることから、「upside-down table(ひっくり返したテーブル)」との愛称があります。18世紀には女帝マリア・テレジアの居城であり、現在は歴史博物館があります。

ブラチスラバ最大の見どころ「ブラチスラバ城」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ブラチスラバ城は高台の上にあり、ブラチスラバ市内が一望でき、天気の良い日は隣国オーストリアまで見渡せます。お城の周りは緑が多い公園で無料で入ることができます。晴れた日にはのんびりランチピクニックもオススメです。

ブラチスラバ最大の見どころ「ブラチスラバ城」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

お城の内部は博物館になっており、スロバキアの歴史を学ぶことができ、またたくさんの宝物を見ることができます。特に17世紀から王冠を保管する塔としての役割を担ってきた、クラウンタワーの奥深くに眠る聖イシュトヴァーンの王冠のレプリカは必見!この王冠はハンガリー王が代々引き継いできた戴冠の証です。

<基本情報>
住所:Vajanskeho nabrezie 2, P. O. Box 13, 810 06, Bratislava
電話番号:+421-2-204-83-110
営業時間:4月〜10月:10:00〜18:00 11月〜3月:9:00〜17:00
アクセス:Novy Mostバスターミナルから徒歩10分

絶景スポット「デヴィーン城」

絶景スポット「デヴィーン城」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

「デヴィーン城」はブラチスラバ市内からバスで20分のところにあるドナウ川とモラヴァ川が合流する崖の上にある要塞。かつてはローマ帝国の重要な要塞でありましたが、ナポレオン率いるフランス軍によって廃墟となり、現在に至ります。

絶景スポット「デヴィーン城」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

このデヴィーン城のオススメは、廃墟から見下ろす眺め。昔から変わらず流れ続けるドナウ川とモラヴァ川は昔と変わらない姿を今も私たちに見せてくれます。

<基本情報>
住所:Muranska 1050/10, 841 10, Devin
電話番号:+421-2-657-30-105
営業時間:4月〜10月のみオープン 月〜金:10:00〜18:00 土日:10:00〜19:00
アクセス:Novy Mostバスターミナルから29番バスで20分

ブラチスラバでの食事なら「Modra Hviezda」

ブラチスラバでの食事なら「Modra Hviezda」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ブラチスラバで食事をするなら、ブラチスラバ城の麓にある雰囲気抜群のレストラン「Modra Hviezda」で。ちょうどブラチスラバ城に行く道沿いにあり、周りの雰囲気も店内もとっても素敵!ブラチスラバの思い出にぴったりの食事になりますよ。

ブラチスラバでの食事なら「Modra Hviezda」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

店内は中世からあった洞窟部分があり、タイムスリップしたかのような気分を味わうことができます。また、レストランのテーマは伝統的なスロバキアの家。温かみのある店内での食事はリラックスしていただくことができ、より一層料理を美味しくしてくれます。

ブラチスラバでの食事なら「Modra Hviezda」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

もちろん料理も種類豊富で文句なしの美味しさ!スロバキアの伝統料理も多数用意されているのも魅力。オススメはハンガリーの希少豚であるマンガリッツァ豚を使ったローストポーク。牛肉を思わせるような柔らかくとろけるようなお肉は絶品です!

<基本情報>
住所:Beblaveho 14, 81101, Bratislava
電話番号:+421-948-703-070
営業時間:11:00〜23:00
アクセス:Novy Mostバスターミナルから徒歩3分

1日でブラチスラバを満喫しよう!

ブラチスラバは中世からの街並みやお城、近代建てられた教会等実は見所もたくさん!でもコンパクトな街なので、1日あれば名所を回ることができます。ウィーンからも列車、バス、船とアクセスもよいので是非訪れてみて下さい!

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -