カラフルな壁紙は必見!東京上野で和洋折衷が楽しめる「旧岩崎邸庭園」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カラフルな壁紙は必見!東京上野で和洋折衷が楽しめる「旧岩崎邸庭園」

カラフルな壁紙は必見!東京上野で和洋折衷が楽しめる「旧岩崎邸庭園」

更新日:2018/09/07 11:38

smileatrip akoのプロフィール写真 smileatrip ako トラベル・グルメライター、バックパッカー、パネットーネ愛好家

動物園や博物館が軒を連ねる東京上野には、重要文化財に指定されている「旧岩崎邸庭園」があります。

明治29年に建てられた庭園内には、洋館や和館、広々とした芝庭が広がっています。カラフルな壁紙や金唐革紙の壁紙などの豪勢な装飾のある洋館や、美しい書院造りの和館など、和洋折衷の旧岩崎邸庭園の見所をご紹介します。

カラフルな壁紙が特徴の洋館

カラフルな壁紙が特徴の洋館

写真:smileatrip ako

地図を見る

三菱財閥の岩崎家本邸として明治29年(1896)に完成した旧岩崎庭園は、都立の文化財庭園として指定されている9庭園の中の1つです。

昭和27年(1952)に国有財産となり、昭和36年(1961)に洋館と撞球室(ビリヤード場)が国の重要文化財に指定され、その後、和館などを含めた敷地全体が追加指定されました。

かつては15,000坪を超える広大な敷地に20棟以上の建物が並んでいましたが、現在は洋館、和館、撞球室の3棟のみです。

設計は日本の西欧建築の父とも言われている英国人建築家のジョサイア・コンドル(Josiah Conder)。ジョサイア氏は、明治10年(1877)に日本政府の招聘により来日し、鹿鳴館や上野博物館など数多くの洋風建築も設計している実績があります。

カラフルな壁紙が特徴の洋館

写真:smileatrip ako

地図を見る

木造1階建て、地下室付きのヨーロッパ式邸宅である洋館では、全体的な装飾は左右対称、且つバランスを重視したイギリス・ルネサンス様式が取り入れられています。ただし、垂直線を強調した中世ゴシック様式と古典古代の規則的な構成が混在している装飾表現であるジャコビアン様式も見ることができます。

また、壁紙にはイスラム風のモチーフ、洋館南側にあるベランダはコロニアル様式を踏襲し、1階列柱はトスカーナ式、2階列柱はイオニア式の特徴があるなど、様々な様式が随所に取り入れられています。

カラフルな壁紙が特徴の洋館

写真:smileatrip ako

地図を見る

2階には金唐革紙の壁紙が張られていて、きらびやかな部屋もあります。

和紙に金属箔を貼り、版木に当てて凹凸文様を打ち出し、彩色をほどこした金唐革紙の部屋は、光沢が印象的な豪華絢爛な雰囲気があります。

実際に金唐革紙の凹凸を触ることができる展示品も置かれています。

書院造りで落ち着く空間の和館

書院造りで落ち着く空間の和館

写真:smileatrip ako

地図を見る

和館は洋館と結合して建てられた純和風の建築です。完成当時は550坪にも及び、洋館をしのぐ規模でしたが、現在は書院造りの大広間1棟のみです。こちらは、接客と一族の冠婚葬祭や節句の際に用いられていました。

書院造りで落ち着く空間の和館

写真:smileatrip ako

地図を見る

床の間やふすまには橋本雅邦氏が描いたと伝えられている障壁画が残っています。橋本氏は狩野派の描法を基礎としながら、洋画の遠近法等の技法を取り入れて、明治期の日本画の革新に貢献した画家です。

和館からは美しい緑が映える庭園が見渡せるので、ぜひゆっくり過ごして下さい。

広々とした庭園には大きな灯籠が!

広々とした庭園には大きな灯籠が!

写真:smileatrip ako

地図を見る

越後高田藩の屋敷跡に建てられた庭は、大名庭園の形式を一部踏襲しています。その後、埋め立てられた池部分に芝が張られ、庭石、灯籠、築山が設けられました。この庭園は「芝庭」をもつ近代の和洋折衷庭園の初期の形と言われています。

芝庭の奥には高さ3m程の大きな灯籠もあるので、ぜひ近くで見てみて下さいね。

広々とした庭園には大きな灯籠が!

写真:smileatrip ako

地図を見る

芝庭からは洋館の全貌を眺めることができ、細かい装飾の施された建築に目を奪われます。様々な様式を取り入れられて造られた洋館をはじめ、和館や芝庭をゆっくり散策して、重要文化財を堪能してみて下さいね。

旧岩崎邸庭園の基本情報

住所:東京都台東区池之端1-3-45
電話番号:03-3823-8340
アクセス:東京メトロ千代田線「湯島」駅から徒歩3分、都営大江戸線「上野御徒町」駅から徒歩10分、JR山手線・京浜東北線「御徒町」駅から徒歩15分
開園時間:AM9:00〜PM5:00
入園料:一般 400円、65歳以上 200円
※小学生以下、及び都内在住・在学の中学生は無料

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -