京都の紅葉を南禅寺で 絵画のような三門&水路閣の柱越しに見る風景

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都の紅葉を南禅寺で 絵画のような三門&水路閣の柱越しに見る風景

京都の紅葉を南禅寺で 絵画のような三門&水路閣の柱越しに見る風景

更新日:2018/09/19 15:40

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー

哲学の道や永観堂の南方に位置し、京都でも特に紅葉の名所として名高い南禅寺。境内自体は無料でお参りすることができる南禅寺には、小堀遠州の作と伝わる方丈庭園や歌舞伎の科白で有名な威風堂々たる姿の三門、圧巻の明治建築である水路閣などの個性豊かな見所があります。特に山門や水路閣では、柱の間から見る紅葉がまるで絵画のようで見逃せません!
南禅寺のおすすめの必見ポイントや、主な有料参拝の場所等をご紹介します。

秋の三門周辺の光景

秋の三門周辺の光景

写真:古都の U助

地図を見る

臨済宗南禅寺派大本山の南禅寺は正応4年(1291年)に創建されました。南禅寺の前身は亀山法皇によって営まれた禅林寺殿でしたが、当時離宮で相次いだ妖怪な出来事が無関禅師の勤行や座禅によって静まったことから、亀山法皇は無関禅師に深く帰依され禅師を迎え、離宮を改め禅寺としました。
ただ惜しいことに無関禅師は開山に迎えられた後すぐに亡くなられてしまったので、第2世として選任された規庵祖圓禅師(南院国師)によっておよそ15年の月日をかけて完成に至りました。

秋の三門周辺の光景

写真:古都の U助

地図を見る

世に名高い南禅寺の三門は、開創当時のものは永仁3(1295)年西園寺実兼の寄進によって創立。その後応安年間に新三門へと改築されましたが、それも文安4(1447)年の火災で焼失。
現在のものは大阪の陣で亡くなった家臣らの供養の為藤堂高虎によって再建されました。
歌舞伎の演目「楼門五三桐」での絶景かなの科白が有名ですが実際には石川五右衛門は三門の再建よりおよそ三十年も前に刑場の露と消えています。
三門は(大人500円)楼上に上がり境内や市内の景色を一望することもでき、また柱と柱から見る紅葉も絵画のようで見応えがあります。

秋の三門周辺の光景

写真:古都の U助

地図を見る

三門から入り境内では美しい紅葉が楽しめます。
南禅寺の広大な境内にはおよそ200本ものカエデの木があります。

法堂と方丈

法堂と方丈

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは明治42年に再建された法堂(はっとう)で、釈迦如来像をご本尊としています。
法堂とは禅寺において本堂に当たる中心的な建築です。
現在の南禅寺・法堂の床は一面の瓦敷きとなっており、天井には今尾景年画伯畢生の大作と云われる幡龍が描かれています。
通常こちらの内部は非公開ですが、壇上より参拝することができます。

法堂と方丈

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは紅葉の美しい南禅寺方丈の入り口です。
南禅寺の方丈は大方丈とその背後に接続した小方丈からなり、その建物は慶長16年(1611)御所の建物の下賜を受けて再建されたもので国宝の指定を受けています。
また、こちらから入って小堀遠州の作と伝えられる江戸時代初期の代表的枯山水庭園である方丈庭園(大人500円)を見学することができます。

レトロな明治建築 水路閣

レトロな明治建築 水路閣

写真:古都の U助

地図を見る

南禅寺で忘れてならないのが明治21年完成した全長約93メートルもあるこの水路閣。場所は法堂の南側にあります。
赤煉瓦の風格あるこの水路閣は建設当時は南禅寺の景観にそぐわないとして夏目漱石や著名人らの反対もあったといいますが、今ではすっかり境内に馴染み南禅寺の魅力の1つとなっています。

レトロな明治建築 水路閣

写真:古都の U助

地図を見る

テレビドラマでもこの水路閣はお馴染みかもしれません。
こちらは水路閣の東方側を望んだもので段々と橋脚の高さが低くなっているのがお分かりいただけると思います。
東に進むとやがて目線の高さに琵琶湖から流れてきた水路を目にすることができ、水の音を聞くのも風流です。
また水路閣沿いの通路を東(写真奥方向)へ進むと最勝院があります。南禅寺境内とともに無料で参拝することができるのでぜひ足を運んでみましょう。

レトロな明治建築 水路閣

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは水路閣西端から水路を見たもの。
今もしっかりと水が流れ、橋の上はさすがに歩いて渡ることはできませんが水路閣の西端には石段があり一部橋上からの景色を見ることができます。小さな階段なので足元にはくれぐれも注意するようにしましょう。
南禅寺のさらに南側に位置する琵琶湖疏水の船運ルートであった蹴上インクラインの周辺も春は桜、秋は紅葉が美しくぜひ南禅寺と併せて訪ねていただきたい場所の1つです。

南禅寺の基本情報

住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町
電話番号:075-771-0365
アクセス:市営地下鉄蹴上駅より徒歩約10分、
京都市バス東天王町または南禅寺・永観堂道下車、徒歩約10分
境内無料(有料参拝場所有り)

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -