台湾・台南1日まるっと朝から夜まで!充実観光モデルプラン

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾・台南1日まるっと朝から夜まで!充実観光モデルプラン

台湾・台南1日まるっと朝から夜まで!充実観光モデルプラン

更新日:2018/09/07 14:33

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお トレッカー、野外活動コーディネーター

かつては台湾の首都だった古都・台南。台北からは高鐵(台湾新幹線)で約90分、高雄からも台鐵自強号(特急)で約30分で到着できる台湾第4の都市です。古い建物をリノベーションしたスポットや台湾ならではのグルメが多い観光地なので、朝から夜遅くまで観光・街歩き・食べ歩きとスケジュールはギュウギュウになりがちです。そこで、しっかりと充実した観光プランにする為のモデルプランをご紹介します。

朝一番の朝食は「阿堂咸粥」店で!

朝一番の朝食は「阿堂咸粥」店で!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

朝5:00のオープンと共に行列ができるシーフード粥の名店「阿堂咸粥」。行列覚悟でも訪れる価値のある名店です。庶民の朝食風景など観察しながら気長に待ってみて下さい。

朝一番の朝食は「阿堂咸粥」店で!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

おすすめメニューは、台南人が愛して止まない「サバヒー」が使われているお粥です。中国語では虱目魚と書くサバヒーは淡水魚で白身の魚です。そのサバヒーの骨や煮干しなども一緒に煮込むので、しっかりとだしが効いていて、本当に待った甲斐があると感じる美味しさです。もちろん、揚げパン(油條)との相性もバツグンですよ。

<阿堂咸粥の基本情報>
住所:台南市中西区西門路一段728号
電話番号:+886-6-213-2572
営業時間:5:00〜12:30 ※火曜日定休

午前中の内に「四草緑色隧道」で小舟クルーズ

午前中の内に「四草緑色隧道」で小舟クルーズ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

台南市内からタクシーで20〜25分程。路線バスで40分ほどの「四草」エリア。屋根の上の装飾が独特な「四草大衆廟」が、「四草緑色隧道」クルーズの券売所の目の前にあります。10:00を過ぎると廟前の駐車場は大型観光バスで一杯になるので、少しでも早くに到着しておきましょう。

午前中の内に「四草緑色隧道」で小舟クルーズ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

チケットをゲットしたら、すぐに乗船場へ。ここには常に行列ができていますが、館内でプロモーションビデオ上映があり、この地域のことを学びながら待つ事ができるので退屈しません。いよいよ乗船です。マングローブの林が作るトンネルの中を、30分ほどかけてのクルーズです。うっそうと茂るマングローブの中を、船が2艇通過できるだけトンネルのように空いているのが不思議な感じです。満喫する為には船の最前列を目指しましょう。待ち時間と乗船時間と合わせて1.5〜2時間はみておきましょう。

<四草緑色隧道クルーズの基本情報>
住所:No. 360, Dazhong Road, Annan District, Tainan City
電話番号:+886-6-284-1610
営業時間:(夏)8:30〜17:00、(冬)8:00〜16:30 ※人数制限あり
アクセス:台湾好行バス99台江線、もしくは台南市公車10線

昼食と午後の街歩きは「安平老街」へ

昼食と午後の街歩きは「安平老街」へ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

四草緑色隧道からの帰り道に「安平老街」はあります。台南市で最も早くから開かれ、海上貿易によって繁栄した街です。メインストリートは乾物屋や海鮮系の屋台グルメで埋め尽くされていて、観光客で一杯です。

昼食と午後の街歩きは「安平老街」へ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

中でも一番人気のお土産は、果物をシロップに漬けた後に乾燥させた蜜餞です。梅・マンゴー・トマト・イチゴなど、50種以上の蜜餞を取り扱う老舗店が「林永泰興蜜餞行」です。この行列の中、購入するにはかなりの覚悟が要りますが、袋のデザインもレトロ可愛いのでお土産に是非!

<林永泰興蜜餞行の基本情報>
住所:台南市安平区延平街84号
電話番号:+886-6-225-9041
営業時間:11:30〜20:00 ※火曜日定休

昼食と午後の街歩きは「安平老街」へ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

この安平エリアでぜひ食べて欲しいものが「牡蠣オムレツ」と「海鮮のすり身揚げ」です。どちらも手軽に屋台で注文できるので、屋台ごとの味比べをしても楽しいですね。また、歩きながらでも食べれる「エビ煎餅」も素朴で絶品です。お土産にもどうぞ!
安平老街では昼食と街歩きで3時間位はとっておきましょう。

夕方は台南市内のリノベエリア「藍晒圖文創園區」へ

夕方は台南市内のリノベエリア「藍晒圖文創園區」へ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

台南市内の新光三越台南新天地デパート前に、大きなガジュマルが目印の「藍晒圖文創園區」があります。日本統治時代に、司法官舎などがあった場所をリノベーションしてできたクリエイティブスポットです。

夕方は台南市内のリノベエリア「藍晒圖文創園區」へ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

エリア内各所にはアート作品が散りばめられていて、建物の壁などには10種類以上の巨大なアート作品が描かれています。見ているだけでも楽しめます。台湾発のデザインショップもたくさんあるので、お土産探しにはピッタリです。

夕方は台南市内のリノベエリア「藍晒圖文創園區」へ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ガジュマルと一緒に写真を撮ったり、アート作品を眺めたり、MIT(メイドイン台湾)雑貨を物色したり、2時間位はゆっくり過ごせます。落ち着いたカフェもありますので、疲れたらまったりとカフェタイムもどうぞ!

<藍晒圖文創園區の基本情報>
住所:台南市南區西門路一段689巷
電話番号:+886-6-222-7195
営業時間:13:00〜20:00 ※火曜日定休

夜の街歩きは「林百貨店」「正興街」へ!

夜の街歩きは「林百貨店」「正興街」へ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

おしゃれリノベデパート「林百貨店」は夜がおすすめです。日中は観光客が多いので、涼しくなってゆっくりと店内を回れる夜に訪れてみて下さい。メイドイン台湾のオリジナルグッズ満載です。また、屋上には神社があったり、夜景も見れたりとすべての階が必見なので見逃さないように!

<林百貨店の基本情報>
住所:台南市中西區忠義路二段63號
電話番号:+886-6-221-3000
営業時間:11:00〜22:00

夜の街歩きは「林百貨店」「正興街」へ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

台南市の最旬ストリート「正興街」は、海安路二段と西門路二段に囲まれた200m程の短い通りですが、次々とニューショップがオープンし、魅力あるストリートとして再生しました。週末午後は歩行者天国となり、若者たちで賑わっています。各店舗のオーナーを猫のイラスト化したパネルなどが目を引ききます。

夜の街歩きは「林百貨店」「正興街」へ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

古くから栄えたストリートだけあり、昔ながらの老舗ショップと新しいファッション・雑貨・カフェが織りなすマッチングが、若者たちを呼び寄せています。オーナー猫のイラストグッズも各種あるので、正興街オリジナル土産にどうぞ!

ノスタルジーとリノベーションが同居する新旧混在の「台南市」

高雄市からもすぐにアクセスできる古都「台南市」。その歴史に感じるノスタルジックさを壊すことなく、新しいものと融合したスポットが、近年あちこちで目にすることができます。ストリートとしてはもっと有名な「神農街」もその一つですし、アートで街作りという意味では「321巷芸術聚落」なども盛り上がりを見せています。まるっと1日で観光もできますが、是非1泊して楽しんでみてはいかがでしょうか?

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/24−2017/12/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -