美味しいウィーンを食べつくせ!絶品料理レストラン5店

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

美味しいウィーンを食べつくせ!絶品料理レストラン5店

美味しいウィーンを食べつくせ!絶品料理レストラン5店

更新日:2018/09/08 17:25

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー

音楽と文化の都ウィーンは、街を歩けば美味しい料理に出会える都市。名物のウィーン風カツレツや、ターフェルシュピッツ等の伝統料理にチョコレートケーキの代表格のザッハトルテ等、ウィーン発祥の美味しいグルメがたくさんあります!今回は、そんな食の都でもあるウィーンで絶対食べたい!訪れたい!レストランを厳選してご紹介。ウィーン発祥のボリュームある絶品料理とデザートで美味しいウィーンを満喫しましょう!

必食!「フィグルミュラー」のヴィーナー・シュニッツェル

必食!「フィグルミュラー」のヴィーナー・シュニッツェル

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ウィーンで人気ナンバー1の伝統料理と言えば、ウィーン風カツレツの「ヴィーナー・シュニッツェル」。ミラノのミラノ風カツレツから発展したと言われています。ウィーンでの最初の食事で食べたいヴィーナー・シュニッツェルは是非1905年創業のヴィーナー・シュニッツェル発祥のお店「フィグルミュラー」へ!連日大行列の人気店なので予約必須です!

必食!「フィグルミュラー」のヴィーナー・シュニッツェル

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

フィグルミュラーのヴィーナー・シュニッツェルは直径30センチもあり、お皿からはみ出しているのが特徴。料理が運ばれてきた瞬間、思わず大きさに声を出してしまうほどです。お肉は豚の背中の肉を使い、かなり薄く叩き伸ばし、衣をつけて、僅か数十秒でサクっと揚げるのが特徴。

必食!「フィグルミュラー」のヴィーナー・シュニッツェル

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

まずはレモンをキュッと絞ってからいただきましょう。あまりの大きさに全部は食べれない...と思っていても、薄く伸ばしたお肉は油っこくないのにジューシー。それでいてサクサクした軽い衣で、パクパクと食べることができちゃいます。

<基本情報>
住所:Wollzeile 5, A-1010 Vienna
電話番号:+43-1-512-6177
営業時間:11:00〜22:30
アクセス:地下鉄シュテファンスプラッツ駅から徒歩5分

宮廷の味!「プラフッタ」のターフェルシュピッツ

宮廷の味!「プラフッタ」のターフェルシュピッツ

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

日本ではあまり馴染みのない料理ですが、ウィーンの名物の一つに「ターフェルシュピッツ」と呼ばれる牛肉の煮込み料理があります。この料理はオーストリア皇帝が好んで食べていたことでも有名。そのターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」は絶対訪れたいお店!

宮廷の味!「プラフッタ」のターフェルシュピッツ

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ターフェルシュピッツとは実はお肉の部位の名前なのですが、現在は牛肉と野菜をブイヨンで長時間煮た料理全般を指します。このプラフッタでは、たくさんの種類のお肉の部位から選ぶことができますが、オススメはやはりターフェルシュピッツ(牛のお尻とももの間の肉)。まず料理が運ばれてきたらスープを味わいます。野菜の旨味を存分に含んだスープは、とっても胃に染み渡ってホッとする優しい味。体も暖まるので冬にもオススメです。

宮廷の味!「プラフッタ」のターフェルシュピッツ

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

スープを飲んだら、お肉を取り出して、付け合わせの野菜と2種のソースと合わせて食べます。お肉はよく煮込まれ、ホロホロと崩れるほど!口の中で一気にとろけます。お肉はあっさりとした味なので2種のりんごに西洋ワサビがピリッと効いたソースとクリーム状のソースがよく合います!

<基本情報>
住所:Wollzeile 38, A-1010 Vienna
電話番号:+43-1-512-1577
営業時間:11:30〜24:00
アクセス:地下鉄Stubentor駅から徒歩1分

隠れ名物!「Mariahilferbrau」のスペアリブ

隠れ名物!「Mariahilferbrau」のスペアリブ

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

お肉好きの方必見のウィーンの隠れた名物が、地元の人御用達の「Mariahilferbrau」の「スペアリブ」。ウィーンのスペアリブは日本で食べるスペアリブと違ってダイナミック!インスタ映えする1品で味も抜群!一度食べたら虜になる食べ物です。

隠れ名物!「Mariahilferbrau」のスペアリブ

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

タレに漬け込んで炭火でじっくり焼いただけのシンプルなスペアリブは、お肉の素材の味を存分に味わえる料理。お肉は柔らかく、噛めば噛むほどジューシーであっという間に平らげちゃいますよ。

隠れ名物!「Mariahilferbrau」のスペアリブ

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ご紹介したMariahilferbrauは、ウィーン西駅に近く、外観も内装もレトロでとっても素敵です。スペアリブによく合う地ビールが用意されているのもポイント!お値段もリーズナブルなので、訪れなきゃ損ですよ!

<基本情報>
住所:Mariahilfer Strasse 152, A-1150 Vienna
電話番号:+43-1-897-4749
営業時間:9:00〜24:00
アクセス:ウィーン西駅から徒歩5分

ウィーン最古のレストラン!「グリーンヒェンバイスル」

ウィーン最古のレストラン!「グリーンヒェンバイスル」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ウィーンで絶対訪れたいレストランが、ウィーン最古のレストランの「グリーンヒェンバイスル」。なんと1447年開業でその歴史約600年!ベートーベンやモーツァルト等の著名人も訪れたウィーンの歴史が刻み込まれた雰囲気抜群のレストランです。

ウィーン最古のレストラン!「グリーンヒェンバイスル」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

入り口には1529年の第一次トルコ包囲の時にウィーンへ撃ちこまれたという砲弾も展示。その他にも著名人のサインの間等の部屋があり、ちょっとした美術館のように興味深く中を見ることができます。

ウィーン最古のレストラン!「グリーンヒェンバイスル」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ウィーンの伝統料理が多く揃えられていますが、他の名店でシュニッツェルやターフェルシュピッツを食べたのであれば、オススメは仔羊のロースト。実はウィーンは仔羊も美味しいと有名なんです!低温でじっくりと焼き上げられて旨味がたっぷりと凝縮されたボリューム満点の一品。歴史あるレストランで最高の料理を召し上がってください!

<基本情報>
住所:Griechengasse 9, Fleischmarkt 11, A-1010 Vienna
電話番号:+43-1-533-1977
営業時間:11:30〜23:30
アクセス:地下鉄シュヴェーテンプラッツ駅から徒歩3分

「カフェ・ザッハー・ウィーン」で絶品ザッハトルテ!

「カフェ・ザッハー・ウィーン」で絶品ザッハトルテ!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

オーストリアのデザートと言えばザッハトルテ。ザッハトルテとは、生地にココアパウダーを混ぜて焼き上げたケーキにあんずジャムを挟み、さらに上からチョコレートでコーティングしたケーキです。ザッハトルテを食べるなら、ザッハトルテ発祥のホテル・ザッハーのカフェ、「カフェ・ザッハー・ウィーン」で!内装も素敵で至福のひと時を過ごせます。

「カフェ・ザッハー・ウィーン」で絶品ザッハトルテ!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

名物のザッハトルテは、たっぷりと生クリームが添えられているのが特徴。濃厚なチョコレートと甘酸っぱいあんずジャムが二層になったホテル・ザッハーのザッハトルテはさすがのオリジナルで、他には真似できないクセになる美味しさです。甘さのない生クリームは、チョコレートの甘みと苦味を絶妙に調整してくれる名脇役!

「カフェ・ザッハー・ウィーン」で絶品ザッハトルテ!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ザッハー商品を取り揃えたショップも注目!なんと名物ザッハトルテが日本にお持ち帰りできちゃいます。常温で約2週間と日持ちもするのでお土産にピッタリです。その他にもクッキーやチョコレート等のお菓子類、ホテル・ザッハーの食器等も売られています。

<基本情報>
住所:Philharmonikerstrasse 4, A-1010 Vienna
電話番号:+43-1-514-560
営業時間:8:00〜24:00
アクセス:地下鉄カールスプラッツ駅から徒歩3分

ウィーンで美味しいもの三昧しよう!

たくさんの美味しい料理に出会える街ウィーン。今回ご紹介した5店は、絶対後悔しないお店です。美味しい料理とデザートで満足なひと時を過ごしてください!

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/16−2018/08/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -