今こそ維新期の薩摩を学ぼう!鹿児島市「維新ふるさと館」

今こそ維新期の薩摩を学ぼう!鹿児島市「維新ふるさと館」

更新日:2019/01/11 16:49

沢原 馨のプロフィール写真 沢原 馨
鹿児島市の中心部、鹿児島中央駅からほど近い加治屋町の一角に「維新ふるさと館」という施設が設けられています。「維新ふるさと館」は「鹿児島の歴史が一目でわかる」をコンセプトにした歴史観光施設。さまざまな歴史資料が展示されている他、幕末から維新期にかけての薩摩の歴史をわかりやすく解説する展示がなされています。「維新ふるさと館」を訪ねて、鹿児島の歴史を楽しく学んでみましょう!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

西郷や大久保を輩出した町に建つ「維新ふるさと館」

西郷や大久保を輩出した町に建つ「維新ふるさと館」

写真:沢原 馨

地図を見る

「維新ふるさと館」が設けられているのは、鹿児島市の中心部に位置する加治屋町。甲突川の河岸に「維新ふるさとの道」と名付けられた緑道が設けられ、その一角に「維新ふるさと館」が建てられています。加治屋町はかつて西郷隆盛や大久保利通を輩出した「下加治屋町郷中」のあったところ。まさにそうした土地柄から、こうした施設が設けられたのでしょう。

西郷や大久保を輩出した町に建つ「維新ふるさと館」

写真:沢原 馨

地図を見る

「維新ふるさと館」は各種歴史資料の展示も行われていますが、“歴史資料館”としての性格は薄く、「鹿児島の歴史が一目でわかる」をコンセプトに、幕末から維新期にかけての薩摩(鹿児島)の歴史を楽しくわかりやすく学ぶことのできる観光施設として運営されています。さまざまな工夫を凝らした展示が行われていて楽しいですよ。

西郷や大久保を輩出した町に建つ「維新ふるさと館」

写真:沢原 馨

地図を見る

幕末から維新期にかけての歴史はとてもドラマティック! その中でも薩摩は西郷隆盛や大久保利通といった重要人物を輩出し、歴史の重要なエピソードの数々に深く関わりました。平成30年(2018年)には明治維新150年を迎えました。今こそ、幕末から維新期にかけての薩摩の歴史をしっかりと学んでみましょう!

1Fの展示で薩摩の歴史を楽しく学ぼう!

1Fの展示で薩摩の歴史を楽しく学ぼう!

写真:沢原 馨

地図を見る

「維新ふるさと館」は地上1階、地下1階の二階建て。1Fは幕末の薩摩の様子や維新期の偉人たちのエピソードを紹介するフロアです。それぞれわかりやすい解説が添えられ、さまざまな工夫も施され、楽しみながら薩摩の歴史を知ることができます。ひとつひとつの展示をじっくりと見ていきましょう。

1Fの展示で薩摩の歴史を楽しく学ぼう!

写真:沢原 馨

地図を見る

一角には等身大で再現された西郷さんと一緒に記念写真を撮ることのできるコーナーも設けられています。西郷さんは背丈が178cmあったそうですよ。当時にしては大きな人だったのです。西郷隆盛の軍服や大久保利通のコート(複製品です)を試着して記念写真を撮っておきましょう。

1Fの展示で薩摩の歴史を楽しく学ぼう!

写真:沢原 馨

地図を見る

篤姫の居室を再現したコーナーもあって、絢爛な色彩に目を奪われます。平成20年(2008年)に放送されたNHK大河ドラマ「篤姫」での、主役を務めた宮アあおいさんの衣装「朱地疋田に花柄格子金襴振袖打掛(しゅうじひったにはながらこうしきんらんふりそでうちかけ)」も展示されています。大河ファン、宮アあおいさんファンは必見ですね。

B1Fの展示で「集成館事業」の功績を知ろう!

B1Fの展示で「集成館事業」の功績を知ろう!

写真:沢原 馨

地図を見る

B1Fはテーマ展示室。幕末の薩摩の歴史を紹介するコーナーでは、多くの偉人たちを輩出した薩摩の土壌や、寺田屋事件、薩長同盟の成立などのエピソードが、それぞれジオラマと共に紹介されていて、これも楽しく学ぶことができます。

B1Fの奥に設けられた「維新体感ホール」では、音響や照明、“ロボット”などを駆使した“ドラマ”が上演されます。上演されるのは「維新への道」と「薩摩スチューデント、西へ」の二本。ぜひ見ておきましょう。

B1Fの展示で「集成館事業」の功績を知ろう!

写真:沢原 馨

地図を見る

島津斉彬が推し進めた「集成館事業」の功績も紹介されています。「集成館事業」は日本に於ける近代工業のさきがけ。縮小サイズで再現された大砲や、電信機原理模型などが展示されています。

B1Fの展示で「集成館事業」の功績を知ろう!

写真:沢原 馨

地図を見る

展示室の一角には「薩摩切子」も展示されています。細緻な装飾の施された「薩摩切子」のガラス器の美しさに目を奪われますよ。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「ふるさとショップ」でお土産を買おう!

「ふるさとショップ」でお土産を買おう!

写真:沢原 馨

地図を見る

入口横には「ふるさとショップ」が設けられて、明治維新関連の書籍や薩摩の物産、各種のグッズが販売されています。「維新ふるさと館」のオリジナルグッズもありますから、お土産にいいですね。

「ふるさとショップ」でお土産を買おう!

写真:沢原 馨

地図を見る

西郷さんをキャラクター化したグッズは「維新ふるさと館」への訪問記念に好適。小物をたくさん買って、いわゆる“ばらまき用”のお土産にするのもいいかもしれません。

楽しく学ぶ薩摩の歴史、ファミリーでも楽しめる!

楽しく学ぶ薩摩の歴史、ファミリーでも楽しめる!

写真:沢原 馨

地図を見る

「維新ふるさと館」には一般的な“歴史資料館”のような堅苦しさはありません。あまり歴史に詳しくなくても、西郷隆盛の名を知っていれば充分に楽しめます。歴史に興味を持ち始めたお子さんと一緒に訪ねてみるのもお勧めです。

「維新ふるさと館」は鹿児島中央駅から徒歩でも10分足らず。気軽に訪ねることができるのが嬉しいですね。鹿児島観光の際にはぜひ訪ねてみましょう。

楽しく学ぶ薩摩の歴史、ファミリーでも楽しめる!

写真:沢原 馨

地図を見る

「維新ふるさと館」を見学した後は、周辺の散策に足を延ばすのもいいものです。前述しましたが、加治屋町は維新の偉人たちを輩出したところ。西郷隆盛や大久保利通、西郷従道、東郷平八郎、大山巌といった人たちの生誕地も近いので、併せて訪ねてみるのがお勧めですよ。

維新ふるさと館の基本情報

住所:鹿児島市加治屋町23番1号
電話番号:099-239-7700
アクセス:鹿児島中央駅から徒歩約8分

2019年1月現在の情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -