世界遺産中尊寺には「奥の院」があった!知る人ぞ知る月山神社

世界遺産中尊寺には「奥の院」があった!知る人ぞ知る月山神社

更新日:2018/10/04 10:31

岩手県平泉の世界文化遺産の5つの構成遺産の中でもひときわ有名なのが、唯一無二の皆金色の阿弥陀堂「金色堂」がある中尊寺。平泉を訪れる人の多くが中尊寺に足を運びますが、「奥の院」と呼ばれた神社があったことはあまり知られていません。
今回は知るほどに興味深い神社「月山神社」を紹介しましょう。せっかく中尊寺を見るのなら、ぜひその「奥」まで訪れてみましょう。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

霊峰として崇敬されてきた「神の山」

月山(がっさん)と言っても、出羽三山の一つ、夏スキーで有名な山形の月山のことではありません。中尊寺のある丘陵と、衣川という川を挟んだ北向かいにも月山という名前の山があるのです。衣川を越えるとそこは平泉ではなく隣の奥州市衣川区。そこにある月山は標高120mという小さな山ながら、円錐形のキレイな形をしています。

霊峰として崇敬されてきた「神の山」
地図を見る

古来、月山は霊峰として崇敬されていて、中尊寺や毛越寺を開山した慈覚大師円仁が勧請したという月山神社が山頂に鎮座しています。奥州藤原氏初代の清衡が再興し、かつては毎年正月に中尊寺の僧が参拝するなど、中尊寺の「奥の院」として大いに栄えたと伝えられています。

月山には、この月山神社を始め、麓に三峯(みつみね)神社、月山神社へ向かう参道の脇に荒沢(あらさわ)神社、月山神社と同じ山頂に和我叡登挙(わかえとの)神社と、小さな山にもかかわらず4つもの神社が祀られています。そして他にも、月山神社と三峯神社と荒沢神社には境内社もあり、まさにここ月山は「神の山」であるということを実感します。

霊峰として崇敬されてきた「神の山」
地図を見る

麓にある二社、三峯神社と荒沢神社

月山の東の麓にある三峯神社は、源頼義、義家が前九年の役で安倍氏に苦戦していた折、日本武尊が東夷征討に際して武州三峰山に登って諾冊二尊を奉祀したという故事にあやかって陣中で諾冊二尊を奉祀し、安倍氏を討った後に祠を立てたというのが事の起こりです。

その後、江戸時代の享保元年に、秩父にある三峰神社から改めて分霊が勧請されましたが、一つの山に奥州藤原氏に関係する神社と、その敵役となった源氏に関係する神社が共に祀られているというのも興味深いことです。

麓にある二社、三峯神社と荒沢神社
地図を見る

山頂の月山神社に向かう道は二つあります。一つは山の東側にあるこの三峯神社の境内を通り抜けて登っていく道、もう一つは山の北側にある月山神社の鳥居をくぐって苔むした石段を登っていく道で、本来の参道はこちらです。

麓にある二社、三峯神社と荒沢神社
地図を見る

この鳥居の脇に階段があり、登っていくと古い社殿があります。荒沢神社です。かつて月山神社は女人禁制でしたが、この荒沢神社には女性も参拝できたいわれています。

麓にある二社、三峯神社と荒沢神社
地図を見る

山頂にある月山神社、そして和我叡登挙神社

そして、いよいよ月山神社です。月山の山頂には、先ほど紹介したどちらの道を行ってもおよそ10分もあればたどり着きます。

山頂には月山神社の鳥居があり、そこをくぐると正面に月山神社、右手に境内社があります。鳥の声と木々の葉を揺らす風の音以外何も聞こえない、静かな佇まいのいい雰囲気の神社です。

山頂にある月山神社、そして和我叡登挙神社
地図を見る

山頂まで登って、月山神社にもお参りしたら「さて、あとは下っていくだけか」という気になるかもしれませんが、ちょっと待ってください。月山神社にはさらに“続き”があるのです。

鳥居の正面に見える拝殿を回り込んで、後方に行ってみましょう。そこには実は、月山神社の本殿があるのです。ぜひそちらもお参りしてみてください。

山頂にある月山神社、そして和我叡登挙神社
地図を見る

さて、最初に挙げた月山の4つの神社のうち、まだ和我叡登挙神社のことを紹介していません。このとても興味深い神社も、月山神社の本殿近くに鎮座しています。上の写真にもしっかり写っているのですが、どこにあるか分かるでしょうか。

本殿の建物の前に何気なく苔むした巨石が見えます。この巨石こそが何と和我叡登挙神社なのです。東北の土着の神と言われる荒覇吐(あらはばき、荒吐(あらばき)とも)の神を祀っているといわれます。

東北にある、拝殿を持たない巨石がご神体の神社は概ね荒覇吐神を祀ったもの。同じ奥州市衣川区にある磐(いわ)神社、花巻市東和町にある丹内山(たんないさん)神社などがその代表例として挙げられますが、これらの神社も和我叡登挙神社と同様に拝殿がなく、巨石がご神体として祀られています。

中尊寺の奥の院として栄えた月山神社と同じ敷地に、荒覇吐神を祀った神社があることも極めて興味深いといえます。奥州藤原氏の仏教文化が、実は東北古来の神とも密接に結びついていたということもできるでしょう。

山頂にある月山神社、そして和我叡登挙神社
地図を見る

風光明媚なスポットも!

先ほど、山頂に向かう道は2つあると書きましたが、せっかくなので足を運んだ折には、登りと下りとで違う道を通ってみることをお勧めします。三峯神社経由の道の途中には、眼下に東北自動車道や中尊寺丘陵を見下ろせる展望スポットもあります。

いかがでしたでしょうか。登って下りて、4つの神社全てお参りしても30分ちょっとしか掛からない小さな山ですが、とても興味深いスポットであることが分かると思います。

平泉駅からは5km弱ですので、駅前でレンタサイクルを借りて行くことも可能です。

風光明媚なスポットも!
地図を見る

月山神社の基本情報

住所:岩手県奥州市衣川区松下64番地
アクセス:
・JR平泉駅から5km(徒歩1時間15分)
・JR平泉駅前またはJR一ノ関駅前から岩手県交通バス「イオン前沢行」乗車、「衣川橋」バス停から2km(徒歩30分)

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -