在原業平も参拝!東京・豊島区「高田總鎮守氷川神社」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

在原業平も参拝!東京・豊島区「高田總鎮守氷川神社」

在原業平も参拝!東京・豊島区「高田總鎮守氷川神社」

更新日:2018/09/25 18:43

井伊 たびをのプロフィール写真 井伊 たびを 社寺ナビゲーター、狛犬愛好家

東京・豊島区にある「高田總鎮守氷川神社」。創建は1130年以上前の平安時代とされ、この地区の鎮守さまで、由緒ある古社である。境内はそれほど大きくはないが、清掃が隅々まで行き届き、清涼感漂う空間は、参拝者に厳粛な聖域にいることを自覚させる。境内社も清掃が施され、数々の御神徳を授かる場として多くの参拝者を迎えている。そのひとつ「道祖神社」は、旅行の安全に御神徳がある。ぜひお参りしておきたい神様である。

1100有余年の歴史ある神社「高田總鎭守氷川神社」

1100有余年の歴史ある神社「高田總鎭守氷川神社」

写真:井伊 たびを

地図を見る

「高田總鎭守氷川神社」は、風情ある都電荒川線に揺られて訪れたい。「面影橋停留所」で降り、新目白通りを北へ横断する。神田川にかかる面影橋を渡れば、迷うこともない。真っ直ぐ3分ほど歩めば、訪れることができる。

まず、迎えてくれる立派な“石造鳥居”は、1790年(寛政2年)に寄進されたもので、実に220年あまりの間、聖域と俗世間を仕切っている。

1100有余年の歴史ある神社「高田總鎭守氷川神社」

写真:井伊 たびを

地図を見る

手水舎をよく見ると、龍口が二つあり、四角形の清め場の後ろに、丸型の石造物がある。後ろの龍は破損した角を修理された旧式のもので、丸い石造物は戦前まで井戸として使われていたものである。ここには歴史を重んじる心遣いを、感じられるひとときがある。

厳粛さに目覚める境内

厳粛さに目覚める境内

写真:井伊 たびを

地図を見る

清掃の行き届いた境内は、参拝者の心に清涼感を呼び起こし、まっすぐ伸びた参道は、厳粛なる気持ちを新たに目覚めさせてくれる。

厳粛さに目覚める境内

写真:井伊 たびを

地図を見る

当社の創建は、今から約1130年以上昔になる、貞観年間(859〜877年)。旧官幣大社・氷川神社の御分霊を現在の地に奉斎されたのが始まりとされている。

また、当社は、「古今和歌集」の六歌仙のひとりである“在原業平”も繁く参拝したとされる由緒ある神社である。鎌倉、室町、江戸時代は武家の尊崇が高く、江戸中期、後期には商人、職人、農民らの篤志家の御奉納が多くあった。

境内にある、鳥居、狛犬、石灯籠、玉垣は豊島区の文化財として登録されている。

厳粛さに目覚める境内

写真:井伊 たびを

地図を見る

御祭神は三柱。主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)であり、厄除け、八方除け、受験合格、勝負、開運、社運隆盛に御神徳がある。一方、そのお妃神である奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)には、家内安全、良縁祈願などの御神徳がある。

残るもうひとつの御祭神は、素戔嗚尊と奇稲田姫命の子孫神である大己貴命(おおなむちのみこと)である。因幡白兎の神話で有名な出雲大社の主祭神である大國主命(おおくにぬしのみこと)など、数多くのお名前がある神様。商売繁盛・病気平癒・手術成功・金運などの御神徳がある。

旅の神様「道祖神社」には必ず参ろう!

旅の神様「道祖神社」には必ず参ろう!

写真:井伊 たびを

地図を見る

境内社のひとつ、「高田姫稲荷神社」の主祭神は、伊勢神宮外宮の豊受大神(とようけのおおかみ)だ。食物や豊作を司る神様である。

こちらの神社には、在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)など十柱の神様が合祀されている。心願成就、商売繁盛、家内安全、学力向上、趣味上達、金運などに御神徳がある。

旅の神様「道祖神社」には必ず参ろう!

写真:井伊 たびを

地図を見る

「道祖神社」の御祭神は、猿田彦命(さるたひこのみこと)で、旅行・交通安全・足の病気に御神徳のある神様である。

旅の神様「道祖神社」には必ず参ろう!

写真:井伊 たびを

地図を見る

「神明神社」には、伊勢神宮の皇大神宮(内宮)天照大御神が祀られている。

200歳の石造狛犬は、鬼門を護る!

200歳の石造狛犬は、鬼門を護る!

写真:井伊 たびを

地図を見る

東門「石造鳥居」を入った右側(神社境内の北東・鬼門の位置)に設置されている狛犬。1990年(平成2年)12月、拝殿前に新しい狛犬が奉納されたときに、こちらに移動された。

200歳の石造狛犬は、鬼門を護る!

写真:井伊 たびを

地図を見る

東京大空襲の戦禍により炎を浴びヒビが入り一部破損している。移設後の現在、吽形のお顔はないが、阿形とともに仲良く鎮座している。

200歳の石造狛犬は、鬼門を護る!

写真:井伊 たびを

地図を見る

台座には、『文化四丁卯年十二月吉日 願主 大和屋銕治郎』という碑名が、刻まれている。1808年(文化4年)の奉納であることがわかる。

当社への参拝時、もしも時間に余裕があれば、すぐ近くの「目白不動尊」もお参りされることをお薦めする。
※目白不動尊については別の記事に詳しくまとめているので、記事下の関連MEMOをご参照のこと

高田總鎭守氷川神社の基本情報

住所:東京都豊島区高田2丁目2番18号
電話番号:03-3971-8649
アクセス:都電荒川線「面影橋停留所」下車、面影橋を渡り直進(徒歩約3分)

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -