子連れ旅行にもおすすめ!千葉・白井そろばん博物館

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

子連れ旅行にもおすすめ!千葉・白井そろばん博物館

子連れ旅行にもおすすめ!千葉・白井そろばん博物館

更新日:2018/09/24 16:51

井伊 たびをのプロフィール写真 井伊 たびを 社寺ナビゲーター、狛犬愛好家
館内に一歩入れば“そろばん”がギッシリ!千葉「白井そろばん博物館」は常設として日本唯一のそろばんに関する展示等を行う博物館。そろばんが日本に伝わってから460有余年、そろばんは現代もその有用性を保持し続けている。生活や教育文化等の各方面から考察研究、地域活性化を目指したコミュニティセンターの役割りも持ち、展示や活動をしているこの博物館、お子様とご一緒に微笑みながら学べ、オススメだ。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

日本で唯一の常設「白井そろばん博物館」

日本で唯一の常設「白井そろばん博物館」

写真:井伊 たびを

地図を見る

千葉県北西部に通称「木下街道(きおろしかいどう)」という県道がある。正式名称は、「千葉県道59号市川印西線」であり、千葉県市川市から印西市に至る道路である。

今回、ご案内する「白井そろばん博物館」は、その木下街道と国道16号線が交差する、「白井」交差点を、印西市面へ入り木下街道を500mほど進んだ右側にある。

こちらの博物館は、常設されている日本で唯一の“そろばん専門の博物館”である。日本に伝わってから460有余年の歴史があり、現代においても有用性を保持し続けている「そろばん」の、歴史から学べる博物館である。

日本で唯一の常設「白井そろばん博物館」

写真:井伊 たびを

地図を見る

まず「二宮金次郎さん」と「郵便ポスト」が出迎えてくれる。

「二宮金次郎さん」といえば、読書しながら薪を運んでいるのが常だが、こちらではそろばんをはじきながら、薪を運んでいる「そろばん金次郎さん」である。館内で待ち受ける展示品には、ユーモアーを含むものもきっとあるだろう!という期待が膨らむ。そして期待通りになる。

その傍らには、「郵便ポスト」。かつては、どこにでもあったが、最近ではほとんど目にしない。この丸型ポストは、“レターポスト”といって、現役では全国に3つしかない。毎日11時に集配されており、「そろばん金次郎さん」と、一緒にあるので“お金がたまるポスト”として地域おこしに役立っている。

日本で唯一の常設「白井そろばん博物館」

写真:井伊 たびを

地図を見る

「3度の飯よりソロバンが好き」と、おっしゃる館長のお言葉通り、入口を一歩入れば数々のソロバンが出迎えてくれる。入口の頭上に目をやれば、デッカイそろばんを見つける。

「ところで、受付はどこだろう?」入館者の初めの疑問に応えてくれるのは、目の前のテーブルに用意された、ひと組の“拍子木”と告知メモ。

「二階におりますので、この拍子木を二回ほど打ってください」という、粋な計らいに来館者は和まされる。普段は打つこともめったにないだろう拍子木を、ちょっぴりの気恥ずかしさとともに2回打って受付をお願いしょう!

世界のそろばん

世界のそろばん

写真:井伊 たびを

地図を見る

拍子木を置き前方へ目をやれば、「世界のそろばん」コーナーだ。朝鮮、ロシア、ポーランド、ブルガリアなどの珍しいそろばんが並んでいる。

世界のそろばん

写真:井伊 たびを

地図を見る

プラスチック製のハンガリーそろばんや、珍しいローマそろばんは必見である。

世界のそろばん

写真:井伊 たびを

地図を見る

「古そろばん」から「現代のそろばん」「装飾品そろばん」「看板用そろばん」など、いろいろな“中国算盤”も興味深い。

珍しいそろばん

珍しいそろばん

写真:井伊 たびを

地図を見る

会社や商店の創立記念品など、お客様へのプレゼントとして人気がある「そろばん時計」。そろばんをはじいて、ますますの商売繁盛を願って創られたとか。

珍しいそろばん

写真:井伊 たびを

地図を見る

いろいろな「孫の手そろばん」。天2、地5、15桁のミニそろばんがついている「孫の手そろばん」には、そろばんがはじけるように、耳かき兼用の棒も収納されている。そういえば、現代の携帯電話にも電卓がついている。これは、二機能合体のハシリかも?

珍しいそろばん

写真:井伊 たびを

地図を見る

世界一の大きなそろばん珠。その傍らの竹製の招き猫も、ちゃんとそろばんを抱いている。思わず笑みがこぼれる。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

二階の展示場にも、ソロバンがギッシリ!

二階の展示場にも、ソロバンがギッシリ!

写真:井伊 たびを

地図を見る

室町時代の末期に、中国から伝わったそろばん。そのそろばん文化の発展に特に貢献した9人が紹介されている。特にお子様にもお薦めできるコーナーだ。

二階の展示場にも、ソロバンがギッシリ!

写真:井伊 たびを

地図を見る

「そろばん箪笥」は、江戸から明治時代の商店で使用されていたもの。10段で現存しているものはとても珍しい!

二階の展示場にも、ソロバンがギッシリ!

写真:井伊 たびを

地図を見る

天1、地4、231桁で、長さ約3mもある「長尺そろばん」は圧巻だ!数人ではじいたり、ひとつの問題を分割して計算したりする。お正月の弾き初めやイベント用に使われている。

さあ〜?どこにいる?お子様と探しに行こう!

さあ〜?どこにいる?お子様と探しに行こう!

写真:井伊 たびを

地図を見る

若いふたりも仲良くそろばんを抱えている。

さあ〜?どこにいる?お子様と探しに行こう!

写真:井伊 たびを

地図を見る

だいこく様の恰好をした招き猫。傍らには大判小判がザックザク!コッソリ連れて帰りたいほど可愛い。博物館きっての人気者もやっぱりそろばんを持っている。

さあ〜?どこにいる?お子様と探しに行こう!

写真:井伊 たびを

地図を見る

そろばん片手に、微笑む布袋さんは、一体どこにいらっしゃる?ここまで凝れば、そろばん博物館たる面目躍如といえるだろう!

白井そろばん博物館の基本情報

住所:千葉県白井市復1459-12
電話番号:047-492-8890
アクセス:
・国道16号白井交差点より東へ、車で1分木下街道沿い右手(6台駐車可)
・北総鉄道「白井駅」より徒歩25分

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -