子連れ観光の味方!バンコク・サファリワールド攻略法

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

子連れ観光の味方!バンコク・サファリワールド攻略法

子連れ観光の味方!バンコク・サファリワールド攻略法

更新日:2018/10/01 17:08

日向 ちゃあむのプロフィール写真 日向 ちゃあむ 海外旅行ライター

バンコク市内から車で片道約1時間。遠すぎず近すぎず子連れで行く観光地として人気の高い「サファリワールド」。ワイルドなサファリの風景と世界最大級のキリンの群れは圧巻です。乳幼児のお子さん連れでも無理なく、楽しく遊べるバンコク・サファリワールドのポイントをご紹介します!バンコクの人気スポットで驚きと感動、笑いに包まれる子連れ観光を楽しんでみては如何ですか?
家族で楽しめる旅行先はこちら

バンコク近郊!子連れ家族に人気の観光スポット

バンコク近郊!子連れ家族に人気の観光スポット

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

子連れ観光となると、準備も大変で荷物も増えがち。朝はやっぱりゆっくりの方がありがたいですよね。遅めにバンコク市内を出発しても、約1時間で着いてしまうので、気軽に行ける観光地として子連れファミリーにも優しい「サファリワールド」です。

広大な園内は車で回る「サファリパーク」と歩いて回る「マリンパーク」の2つに分かれています。どちらから行っても構いませんが、今回は軽めのランチも考慮して、まずはサファリパークから!

バンコク近郊!子連れ家族に人気の観光スポット

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

ベビーカーは、あれば持参することをオススメしますが、なければ現地の「マリンパーク」でレンタルすることができます。1時間100バーツ。4時間で300バーツ。1日借りると500バーツです。デポジットは600バーツ。

猛獣ともご対面あり!サファリはやっぱりど迫力

猛獣ともご対面あり!サファリはやっぱりど迫力

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

「サファリパーク」の全長8kmの距離は、1時間弱もあれば十分。ゆっくりまわっても45分ほどでまわりきれます。シマウマ、キリン、ダチョウ、ラクダ、白サイ、インパラ、鹿、オリックスなどをはじめ、ライオンやトラといった猛獣ともご対面あり。目の前を動物が横切る迫力はサファリならでは。ライオンの威嚇が目の前で見れたり、シマウマとも目が合っちゃいます。

猛獣ともご対面あり!サファリはやっぱりど迫力

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

次に行く「マリンパーク」は飲食物の持ち込みが禁止されているので、サファリパークで動物を眺めながら、車内で軽めのランチをとっておくと良いですよ。パンやおにぎりなど手軽に食べられるものを準備して行くと便利ですね。

ショーはあえてスルー!この隙に向かいたい場所は・・・

ショーはあえてスルー!この隙に向かいたい場所は・・・

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

サファリパークを十分満喫したら、車から降りて次に向かうのは「マリンパーク」。こちらは広大な敷地に動物園とゲーム機などの遊技設備、レストランや食堂を備えた一大テーマパークとなっています。

子供用の水筒は持ち込み可能ですが、ペットボトルの水など飲食物は基本的に持ち込み不可ですのでご注意を!

ショーはあえてスルー!この隙に向かいたい場所は・・・

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

マリンパークで有名なのが、アシカや象、オラウータンなどのショーですが、ここはあえてスルー。もちろん余裕のある人は是非とも行ってもらいたいのですが、0歳〜3歳くらいまでの乳幼児を連れて行くにはちょっと大変。

ショー自体は15分位ですが、開場と同時に席取りがはじまり、熱気むんむんの蒸し暑い中30分ほど待たなければなりません。その間じっと座って待たせるのは至難の業。ここは無理せず一行がショーに釘付けになっている間、他のメインスポットへ足を運んじゃいましょう。

ショーはあえてスルー!この隙に向かいたい場所は・・・

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

マリンパークで絶対に訪れたいポイントは「キリンの餌やり」!世界最大級のキリンの群れが見れて、間近で餌やり体験ができるのはここならでは。園内でショーが行われている時間帯を見計らってもくもくと目的地に歩いていくと、キリンの大群がお出迎え。この空いている時間帯がねらい目です!

エサはバケツにミニバナナがゴロゴロ入っていて1杯100バーツ。何十頭とやってくるキリンは、みんなこのエサ目当て。優しいお顔と黒紫色のなが~い舌がにょろにょろと伸びてくる姿を間近で見ることができます。

冷房の効いた休憩スポットも要チェック!

冷房の効いた休憩スポットも要チェック!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

途中暑さをしのぐには、水槽を華麗に泳ぐ「マナティー」に癒される小さなお部屋。ひんやりと涼しい場所で、もぐもぐと水草をほおばる姿に釘付けです。

水槽の目の前には、大人数でも座れるスペースが広がっているので、水分補給や途中休憩にも使いたいですね。

冷房の効いた休憩スポットも要チェック!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

休憩を挟んだ後、次なる目的地はタイの象徴でもある「象」。象のショーが見れなくても心配ありません。ショーが終わってもちゃんと象たちは待っていてくれるのですから。

ここでもエサやりができ、りんごが入ったバケツが1杯200バーツ。写真も撮れます。

冷房の効いた休憩スポットも要チェック!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

象エリアの隣にある、もう一つのおすすめ休憩スポットが「eggs world」。

保育器に入った鳥の雛たちが間近に見れ、何とも心癒される空間です。たまごから出たばかりのベビ鳥から日数を追って成長過程も見れるので、大人も子どもも興味津々。赤ちゃんの可愛さと命の大切さをひしひしと感じながら、涼しい空間を後にします。

おっぱいにジャングル!期待を裏切る園内の仕掛け

おっぱいにジャングル!期待を裏切る園内の仕掛け

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

マリンパークの出入り口付近に佇むこのオブジェ。胸元をじ〜っと見ているあなた!要注意です。油断しているとビューと勢いよく水が飛んできます。

道端の些細なオブジェでも笑わせてくれるユーモアのある園内。他にも、水上マーケットを模した何ともタイらしいフォトスポットがあったり、動物以外でも訪れた人々を楽しませてくれる、そんな場所です。

おっぱいにジャングル!期待を裏切る園内の仕掛け

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

園内散策後、最後の締めくくりは出入り口付近にある「ジャングルクルーズ」。小型ボートに乗り込んでジャングルに繰り出します。

進行方向に向かって右側に座る方は要注意!スタッフがゲストを乗船させる前にモップで座席を拭いているのを見た方はもうお分かりでしょう。生身の動物がいっさい出てこないという、色々な意味で期待を裏切ってくれますが、家族水入らずでワクワクドキドキの旅ができ、つかの間の休息が味わえます。

おっぱいにジャングル!期待を裏切る園内の仕掛け

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

そして最後の最後に、出口付近の出店で、タイのおやつ「カノムクロック」を購入して終了。「カノムクロック」とは、ココナッツミルクと米粉でできた生地を、たこ焼き器のような専用の焼き器で焼いたタイの伝統菓子です。外はカリッと中はトロッ。優しい甘さで疲れをとってくれます。

あれもこれも見せたいとついついタイトなスケジュールになりがちな子連れ観光ですが、ポイントをおさえながら時間に余裕を持ってプランを立てるのが、無理なく楽しむコツです。是非お子様と一緒に足を運んでみてください!

サファリワールドの基本情報

住所:99 Panyaintra Road, Samwatawantok, Klongsamwa, Bangkok, 10510
電話番号:+66-2-914-4100~19, +66-2-518-1000~19
アクセス:ドンムアン空港の近く。ツアーに参加するかタクシーでもアクセス可。
営業時間:サファリパーク :9:00 AM〜5:00 PM、マリンパーク :9:00 AM〜6:00 PM
料金(外国人): サファリパーク : 大人 1000 バーツ、小人 900 バーツ、
マリンパーク : 大人 1300バーツ、小人 1100バーツ。
両施設共通 : 大人 1500 バーツ、小人 1400バーツ
※小人料金は身長100〜140cm未満の子ども

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -