紅葉狩りも!奥日光・グルメ女子旅1泊2日モデルコース

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

紅葉狩りも!奥日光・グルメ女子旅1泊2日モデルコース

紅葉狩りも!奥日光・グルメ女子旅1泊2日モデルコース

更新日:2018/09/28 16:54

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

紅葉の名所・奥日光。山と湖と滝が織りなす秋の風景は世界中の旅人をも虜にしています。今回ご提案するのは、美味しいものが大好きなグルメ女子におすすめのコース。ドラマティックな秋の絶景も、美食めぐりも両方がいい!というよくばりさんもきっと満足できるはず。紅葉シーズンの日光は激混みなので、混雑タイムをできるだけ回避し、荷物を持たず身軽に歩けるプランです。

1日目午前:明智平で日光随一の眺めをGet

1日目午前:明智平で日光随一の眺めをGet

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

奥日光への旅は、中禅寺温泉〜湯元温泉線のバスに乗ってスタート。バスは東武日光駅・JR日光駅のどちらからでも乗車できますが、始発のJR日光駅からのほうが良い席を確保できます。JR日光駅はインスタ映えもバッチリの白亜の駅舎!

※旅のコツ
・渋滞を避けるため、早い時間に“いろは坂”を登ろう
・荷物は東武駅構内から「手ぶら観光サービス」で宿泊ホテルまで送ることも可(MEMO参照)
・バスは、両駅にて発売のフリーパスがお得

1日目午前:明智平で日光随一の眺めをGet

提供元:photolibrary

https://www.photolibrary.jp地図を見る

お天気に恵まれたなら“明智平”で途中下車を。ロープウエイで昇る展望台は、半月山展望台と並ぶ日光随一の絶景。中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝を正面に見る唯一の場所です。

※旅のコツ
バスは、いろは坂を登る中禅寺湖方面へのバスのみ“明智平”に停車(車は中禅寺湖方面からもアクセス可)

1日目午前:明智平で日光随一の眺めをGet

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ランチは中禅寺湖畔の「カフェ サヴォア」で。フランス片田舎のビストロを思わせるステキなお店です。斎藤シェフは、美食の国ベルギーのホテルと、フランス・アヌシー湖畔のレストランで修業した腕利きシェフ。デザートの美味しさも抜群です。

※旅のコツ
1個150円で頼めるマカロンがめちゃうま!

<カフェ・サヴォアの基本情報>
住所:日光市中宮祠2478
電話:0288-55-1150
アクセス:バス「中禅寺郵便局前」下車すぐ
営業時間:11:30〜16:00(LO 15:00)、18:00〜22:00(LO 21:00)
定休日:水曜日 ※祝日の水曜は営業(冬季は不定休)

1日目午後:中禅寺湖周辺を散策

1日目午後:中禅寺湖周辺を散策

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

午後は遊覧船に乗り中禅寺湖巡りからスタート。船は紅葉の名所・八丁出島や、中禅寺湖唯一の島・上野島にも近づきます。上野島は日光開山の祖・勝道上人と天海僧正のものとされるお墓がある強力なパワースポット。船は「立木観音」で降りましょう。下船した歌が浜駐車場からは、中禅寺湖と「日光富士」と呼ばれる美しい男体山を望みます。

※旅のコツ
遊覧船での撮影は屋上デッキがオススメ

1日目午後:中禅寺湖周辺を散策

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

次なる目的地は「英国大使館別荘記念公園」。見学の後は館内の“Tea Room 南4番 Classic”で、英国大使館エグゼクティブシェフレシピのスコーンと紅茶を!

ティータイムを楽しんだら「イタリア大使館別荘記念公園」へ。杉皮葺きの美しい別荘は著名な建築家、A・レーモンドの設計。館内ショップでは、イタリア直輸入のパスタソースや、英国・イタリア大使館別荘オリジナルグッズも販売。

<英国大使館別荘記念公園の基本情報>
住所:栃木県日光市中宮祠2482
電話番号:0288-55-0880(日光自然博物館)
営業時間:10:00〜16:30(LO15:30)
アクセス:「中禅寺温泉」下車徒歩約35分、半月山行きバス(11/11まで運行)「イタリア・英国大使館記念公園」下車徒歩5分。歌が浜より徒歩10分

1日目午後:中禅寺湖周辺を散策

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

この日最後の観光は784年建立の「中禅寺立木観音」。中禅寺湖の名の由来となったこの寺は日光山輪王寺の別院。国重要文化財指定の「立木観音」など見どころも多く、ことに五大堂から眺める中禅寺湖は絶景!

ここからホテルへは湖畔の参道を歩いて行きます。途中、湖側にはフランスとベルギーの大使館別荘も(見学不可)。

※旅のコツ
敷地内の「愛染かつら」の木(現在の木は2代目)は、葉がハート形の縁結びの木。往年の名画のロケ地。

<中禅寺立木観音の基本情報>
住所:栃木県日光市中禅寺歌ヶ浜
電話番号:0288-55-0013
アクセス:バス「中禅寺温泉」下車徒歩25分。遊覧船「立木観音」下船すぐ

「ホテル 花庵」で美景・美食・温泉を満喫!

「ホテル 花庵」で美景・美食・温泉を満喫!

提供元:ホテル花庵

https://www.hana-an.jp/地図を見る

ホテルは全室レイクビューの「ホテル 花庵」。赤い鳥居と湖を望めるお部屋もあるんですよ。到着するとティープロデューサー厳選のウエルカムティーでお出迎え。新鮮野菜を豊富に使ったヘルシーで華やかな料理も、グルメ女子に大評判のホテルです。

「ホテル 花庵」で美景・美食・温泉を満喫!

提供元:ホテル花庵

https://www.hana-an.jp/地図を見る

花庵の和食は、日光が誇る食材や旬の野菜を使った彩り豊かな料理。四季折々の日光の自然と美味を五感を通して堪能させてくれます。夕食は和食の他に、人気レストラン“欧州浪漫館 シェ・ホシノ”でいただくフレンチディナープランもチョイス可。

朝食も体に優しい多種類の野菜が使われます。ことに野菜のお出汁を使ったお茶漬けは大評判!

「ホテル 花庵」で美景・美食・温泉を満喫!

提供元:ホテル花庵

https://www.hana-an.jp/地図を見る

「ホテル 花庵」の温泉は2種類の泉質が楽しめます。露天は日本で4番目の濃い硫黄泉「日光湯元温泉」から引き湯するかけ流し温泉。メタケイ酸も豊富な美肌の湯です。硫黄泉の苦手な方は、内湯の日光温泉(アルカリ単純温泉)へ。こちらは日光和の代温泉の肌に優しいアルカリ性単純泉。

また花庵では無料でナノケアスチーマーの貸し出しサービスも行っています。これは女子に嬉しいサービス!温泉とナノケアスチーマーのダブル効果を実感してくださいね。

2日目午前:朝一番は順光の華厳の滝を狙おう!

2日目午前:朝一番は順光の華厳の滝を狙おう!

提供元:ゆんフリー写真素材集/ Photo by (c)Tomo.Yun

http://www.yunphoto.net地図を見る

2日目は、ホテルから徒歩7分の“華厳の滝”観爆からスタート。11月末日までは朝8時からエレベーターが運行しているので、チェックアウト前に手ぶらで滝見物しちゃいましょう。

※旅のコツ
・華厳の滝は午前中が順光。ツアー客が到着する前にゆっくり滝を撮影しよう
・観爆台は寒いので要防寒着

<華厳の滝観爆台>
住所:栃木県日光市中宮祠2479-2
電話番号:0288-55-0030
アクセス:JR・東武日光駅より中禅寺温泉行きバス「中禅寺温泉」下車徒歩約5分

2日目午前:朝一番は順光の華厳の滝を狙おう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

チェックアウト後は、お天気が良ければ半月山ハイキングへ。中禅寺温泉から10:00発の「半月山」行きのバスに乗り終点下車。ここから「半月山展望台」への坂道を登ります。展望台からの眺めは、まさに鳥の目で見る絶景!中禅寺湖と男体山、戦場ヶ原も見渡せます。

※旅のコツ
お天気に恵まれたなら、ハイキング途中から富士山も見えます

2日目午前:朝一番は順光の華厳の滝を狙おう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

紺碧の中禅寺湖と紅葉の八丁出島はカメラ好きに堪らないフォトスポット。狙い目は白い遊覧船とのコラボ!遊覧船は11時過ぎぐらいに八丁出島付近を通ります。

※旅のコツ
紅葉時期10月中旬〜下旬。男体山は午前も午後も斜光か順光で撮影できますが、八丁出島は午後になると陰になってくるので午前中かお昼前後に来訪を

ランチは「コーヒーハウス ユーコン」にて、金谷ホテル伝統の洋食を

ランチは「コーヒーハウス ユーコン」にて、金谷ホテル伝統の洋食を

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

この日のランチは中禅寺金谷ホテル「コーヒーハウス ユーコン」で。金谷ホテル自慢の百年ライスカレー・若鶏と木の子クリームシチュー ユーコン風・ふわとろオムライスなど、金谷ホテルならではの伝統の洋食を楽しみましょう。

ランチは「コーヒーハウス ユーコン」にて、金谷ホテル伝統の洋食を

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ベルギーの老舗メゾン・ダンドワのワッフルを使った「ブリュッセルワッフル」もオススメの逸品。中禅寺金谷ホテルの増子料理長が、美しく美味しくアレンジしました。

<コーヒーハウス ユーコンの基本情報>
住所:日光市中宮祠2482
電話番号:0288-55-0147
定休日:水曜
アクセス:JR・東武日光駅「湯元温泉」行き、中禅寺金谷ホテル前下車すぐ

ランチは「コーヒーハウス ユーコン」にて、金谷ホテル伝統の洋食を

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

奥日光からの帰路は神橋でバスを下車。急流の大谷川に架かる朱塗りの橋・神橋を眺めましょう。駅方面に少し歩くと右手にレトロ可愛い「日光ぷりん亭」。ここで眠り猫ロゴもキュートな日光ぷりんをいただき休憩タイム。

<日光ぷりん亭の基本情報>
住所:栃木県日光市上鉢石町1017番地
電話番号:0288-25-6186
アクセス:東武日光駅前から東武バスにて神橋下車1分。東武日光駅から徒歩17分
定休日:不定休(HP・Facebookで確認を)

日光の紅葉の見ごろは?

「日光ぷりん亭」から東武日光駅までは約1.5km、緩い下り坂です。電車の時間に合わせ、いろいろなお店をのぞきながら歩いて行きましょう。湯波や和菓子の老舗、お土産屋さんやカフェ・・・美味しいもの満載のメインストリートです。最後に東武日光駅前“さかえや”で「日光揚げゆばまんじゅう」をGetして、日光の美味しさと思い出を今一度かみしめてくださいね。

日光の紅葉・例年の見ごろ
10月上旬〜中旬・・・竜頭の滝・湯の湖
10月中旬〜下旬は・・・湯滝・半月山・中禅寺湖
詳しい紅葉情報は関連MEMOの日光観光ライブ局をご覧ください。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -