初めてのロッキー山脈国立公園3泊4日弾丸観光モデルコース

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初めてのロッキー山脈国立公園3泊4日弾丸観光モデルコース

初めてのロッキー山脈国立公園3泊4日弾丸観光モデルコース

更新日:2018/09/20 17:14

ザーカー 久美子のプロフィール写真 ザーカー 久美子 アメリカ在住ライター、歌人、フローリスト、馬愛好家

山好きなら一度は訪れたい、アメリカ「ロッキー山脈国立公園。コロラド州北部に広がる大山脈には、なんと富士山級の山が60座も連なっており、手つかずの大自然に抱かれてトレッキングが楽しめます。今回は「州都・デンバー〜ロハス発祥の地・ボルダー〜ロッキー山脈国立公園」を弾丸でめぐる3泊4日の観光モデルコースをご紹介。初めてでも心配無用の交通手段も併せてご案内します。思い立ったらいざコロラドへ!

到着日 午後:まずはデンバーで“マイルハイ”に慣れよう

到着日 午後:まずはデンバーで“マイルハイ”に慣れよう

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

今回は“成田空港から直行便の飛行機に搭乗した”という前提で旅程をご紹介。デンバー国際空港にはお昼過ぎに到着します。

旅の初日は高度に慣れるため、コロラドの州都デンバーに滞在しましょう。というのも、ロッキー山脈国立公園の玄関口「エステスパーク」は、なんと標高2880m。デンバーは「マイルハイ・シティ」の愛称通り、標高1マイル(約1609m)にある山岳都市です。ちなみに、出発地点の成田空港は標高43m。そうなんです、成田〜デンバー〜エステスパークと海抜が1km以上ずつ高くなっていくんです!

到着日 午後:まずはデンバーで“マイルハイ”に慣れよう

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

街歩きのスタートは、繁華街の目抜き通り「16番ストリートモール」から。1600m以上続く歩行者天国には、中心街最大のショッピングセンター「デンバー・パビリオン」など350以上のショップやレストラン、カフェが軒を連ねています。まずは「デンバー観光案内所」で無料の地図やガイドブックを手に入れて、散策を楽しみましょう。

到着日 午後:まずはデンバーで“マイルハイ”に慣れよう

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

夜は、ビクトリア様式の建物が連なる歴史地区・ラリマースクエアにある地中海料理「リオハ」へ。 “米国料理界のアカデミー賞”とも言われる「ジェームス・ビアード賞」を受賞したオーナーシェフの手がける料理は、地元の旬の食材の持つ力強い味を引き出した逸品の数々。

店内の装飾が比較的シンプルなのは、料理が輝くようにと言う配慮ですが、吹きガラスの装飾や銅のカウンターバーなどとてもスタイリッシュです。こだわりのレストランでリッチな夜を。

<基本情報>
住所:1431 Larimer Street, Denver, Colorado

2日目 午前:標高2000mの火星的世界をトレッキング!

2日目 午前:標高2000mの火星的世界をトレッキング!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ロッキー山脈国立公園でのトレッキングに向けて、デンバーの西に位置する「レッドロック公園&野外劇場」で足慣らししましょう。標高約2000mにあるこちらの公園には、3つのトレイルコースが整備されています。運が良ければミュールジカ(北米産の鹿)やピューマを見かけることも。

2日目 午前:標高2000mの火星的世界をトレッキング!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

米音楽雑誌「ローリングストーン」をして“全米ナンバー1の野外劇場”と言わしめたこちらのコンサートホールは、3つの巨大な一枚岩が天然の音響設備となっています。夜開催のライブでは、照明が赤い砂岩を立体的に浮かび上がらせ、幻想的な世界を創りだします。客席はかなり急なので、下から登るとそれだけで良いエクササイズに。

2日目 午前:標高2000mの火星的世界をトレッキング!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ビジターセンター内には「コロラド音楽の殿堂」が併設されており、野外劇場の年表や州に縁のあるミュージシャンに関する展示など無料で見学できますよ。

<基本情報>
住所:18300 W Alameda Pkwy, Morrison, Colorado

2日目 午後:ボルダーのオシャレ通りでグルメ&ショッピング

2日目 午後:ボルダーのオシャレ通りでグルメ&ショッピング

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ランチ休憩がてら必ず寄りたいのがロハス発祥の地「ボルダー」。街の目抜き通り「パールストリート・モール」は4区画にまたがる歩行者天国で、ゴールドラッシュに沸いた1880年代頃の建物が厳密に復元されています。

本場のアメリカ料理が食べたいならローカルに人気の「リフス・アーバンフェア」へ。自慢のハンバーガーは、香ばしい白パンに挟まれたジューシー&ふんわりハンバーグがたまらない!

<基本情報>
住所:1115 Pearl St, Boulder, Colorado

2日目 午後:ボルダーのオシャレ通りでグルメ&ショッピング

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

食後には、パールストリート・モールを散策しましょう。ボルダー発祥のシューズメーカー「クロックス」や世界最大の凧専門店「イントゥ・ザ・ウインド」、州最大のキッチン雑貨&グルメショップ「ペッパーコーン」など約100店舗が軒を連ねています。

毎週水、土曜日には3区画南の通りで州最大の青空市「ボルダー・ファーマーズマーケット」が開催。

2日目 午後:ボルダーのオシャレ通りでグルメ&ショッピング

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

お茶好きなら「セレッシャル・シーズニング」の無料工場見学に参加してはいかが?世界35ヶ国以上から選び抜かれた原料で作られるハーブティー&紅茶は、なんと105種類に及びます。たっぷり試飲して、気に入ったお茶はお土産に◎。

今日の宿泊地・エステスパークに到着。ぐっすり休んで明日のトレッキングに備えましょう。

<基本情報>
住所:4600 Sleepytime Drive, Boulder, Colorado

3日目 午前:ついに憧れのロッキー山脈国立公園へ!

3日目 午前:ついに憧れのロッキー山脈国立公園へ!

提供元:Bruce Boyer and VISIT DENVER

https://www.denver.org/

朝ご飯をしっかり食べて準備が整ったら、いざロッキー山脈へ!
東京23区の1.7倍ほどの広大な国立公園には、全長約75kmの「トレイルリッジ街道(例年5月下旬〜10月中旬まで開通)」が東西に横断しており、最高地点はなんと3713
m。アメリカで最も標高の高い場所にある通り抜けできる舗装道路で、風光明媚な大自然をドライブしながら楽しむことが出来ますよ。

ぜひ、最高地点にほど近い「アルパイン・ビジターセンター」に車を止めて、白い稜線や湖を360度見渡してください。そしてトレイルコースを歩いて、感動的な景色を心と身体に思いっきり吸い込みましょう!

3日目 午前:ついに憧れのロッキー山脈国立公園へ!

写真:ザーカー 久美子

「トレイルリッジ街道」は、悪天候だと残念ながら閉鎖されます。でも、がっかりしないで。なにしろ国立公園内には、およそ570kmものトレイルコースが整備されているんですから。

国立公園の東側にある湖「ベアレイク」をめぐる一周800m、およそ45分のトレイルコースは、高低差6mと平坦なので小さなお子さま連れのファミリーや山ガールにもおススメ。秋には湖に映る黄葉が美しく、冬には凍った湖の上を歩いて渡ることも。

3日目 午前:ついに憧れのロッキー山脈国立公園へ!

写真:ザーカー 久美子

トレッキングの醍醐味といえば野生動物との出会いですよね。国立公園内には、州の動物・オオツノヒツジやヘラジカ、シロイワヤギ、大型の鹿・ワピチ(エルク)などが暮らしています。道路が渋滞していたら野生動物がいるサインかも。シャッターチャンスをお見逃しなく。

3日目 午後:エステスパークで“アメリカ流肝試し”はいかが?

3日目 午後:エステスパークで“アメリカ流肝試し”はいかが?

写真:ザーカー 久美子

ランチするならエステスパークの目抜き通り『エルクホーン通り』へどうぞ。山岳リゾートならでは、ログキャビン風の愛らしい建物が連なります。ショップやレストラン、ギャラリーなどが200店舗以上あるので、気になる店を覗きながら散策しましょう。職場や友人への配り用のお土産探しなら、80年以上の歴史を誇るキャンディー専門店「ザ・タフィーショップ」のスイーツを。

3日目 午後:エステスパークで“アメリカ流肝試し”はいかが?

写真:ザーカー 久美子

鉱物好きならエルクホーン通りから歩いて10分ちょっとの場所にある「レッドローズ・ロックショップ」を訪ねては?世界中から集められた珍しい石や化石などがバラエティー豊かに並んでいます。特に現オーナーの採掘場から仕入れたローズクォーツは高品質と評判。パワーストーンとして人気のローズクォーツは“恋愛成就”や“癒し”の効果があるといわれていますよ。「ディックの岩石博物館:入館無料)」も併設。

<基本情報>
住所:490 Moraine Ave, Estes Park, Colorado

3日目 午後:エステスパークで“アメリカ流肝試し”はいかが?

写真:ザーカー 久美子

旅行最後の夜には、映画化もされたスティーブン・キングの小説『シャイニング』の舞台「スタンレーホテル」で“アメリカ流肝試し”はいかが?2019年に創業110周年を迎える白亜のホテルは、1900年にベアレイク周辺で起きた山火事による被害材を利用して建てられました。

こちらの老舗ホテル、豪奢で美しいだけでなく、宿泊客や従業員たちのスピリチュアル体験が話題に。真偽のほどを「夜の幽霊ツアー」に参加して確かめてみてください。写真撮影OKですが、もしかしたら何か奇妙なものが写るかも……。

<基本情報>
住所: 333 Wonderview Ave, Estes Park, Colorado

最終日:さらばコロラド!+交通機関情報

直行便の飛行機で帰国する場合、デンバー国際空港からお昼過ぎに出発となります。

最後に交通手段について。まずは運転しない方へのご案内から。
到着日:デンバー国際空港から中心街(ユニオン駅)へは電車1本で行くことが出来ます。
2日目:各場所への移動には「ウーバー」や「リフト」といったライドシェアがおススメ。
3日目:国立公園内の移動は無料シャトルバス(例年5月末〜10月上旬まで運行)でどうぞ。ただし、トレイルリッジ街道へは行かないのでツアーに参加することになります。繁華街の東に位置する「リッジラインホテル (The Ridgeline Hotel) 」に宿泊すると、ホテル発の半日ツアーがありとっても便利。
最終日:空港へは「エステスパーク・シャトル (Estes Park Shuttle) 」などシャトルバスが利用可能。ただし、3人以上ならライドシェアのほうがリーズナブルなことも。

運転が好きな方なら、2日目にデンバーの中心街で車をレンタルしては?空港に乗り捨てするとかなり割高になるので、予算を抑えたいなら最終日に中心街で返却して電車で空港へ向かいましょう。

いかがでしたが?5日間のお休みがあればロッキー山脈国立公園でのトレッキングも夢ではありません。今度の休暇は、ロッキー山脈で“山ガール・タイム”を楽しんでくださいね。

〈一旅一首〉
標高が高いと酔いが早いのを言い訳にして彼にもたれて

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -