聖母出現!第3の預言が伝わるポルトガルの聖地ファティマへ

| ポルトガル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

聖母出現!第3の預言が伝わるポルトガルの聖地ファティマへ

聖母出現!第3の預言が伝わるポルトガルの聖地ファティマへ

更新日:2018/10/03 09:38

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

ポルトガルの首都リスボンの北・約120キロの距離にある聖地「Fatima ファティマ」をご存知でしょうか。ポルトガルの観光スポットとしてよくツアーに組み込まれていますが、そこは世界中からの巡礼者が絶えないキリスト教カトリックの一大聖地です。ポルトガル各地に教会は数ありますが、ここは聖母が出現したローマ教皇庁公認の巡礼地です。世界的な奇跡の地、ファティマについてご紹介します!

1917年、子供たちの前に聖母が出現!預言を託す

1917年、子供たちの前に聖母が出現!預言を託す

写真:Chiharu

地図を見る

聖地・ファティマは、もともと木々がところどころにしか生えていない荒地でした。ここで1971年5月13日、ファティマの小さな村に住む幼い三人の子供たち、ルシア・ドス・サントス(女性)、フランシスコ・マルト(男性)、ヤシンタ・マルト(女性)の前に突如、聖母が現れました。この聖母の出現は、のちにローマ教皇庁が認める16の奇跡のうちの一つとなりました。

その後も、毎月13日に現れては子供たちに預言・啓示を残すようになりました。いわゆる「ファティマの預言」と呼ばれ、第一次世界大戦の終焉と次なる大規模な戦争の勃発、教皇暗殺などが伝えられているとして有名です。

1917年、子供たちの前に聖母が出現!預言を託す

写真:Chiharu

地図を見る

1917年10月13日には、集まった約7万人の群衆のなか、太陽が回転や降下する不可思議な動きをする現象が起こり、その場にいた新聞記者も目撃したことで大々的に新聞で報じられました。また、あまり信用していなかった野次馬的な人々も目にしたことで、またたくまにファティマの奇跡の話が広がりました。

一年中、巡礼者は訪れますが、現在でも毎月13日は重要な日です。とくに、大祭がある5月13日、10月13日には10万人もの人々が訪れます。大広場は巡礼者で埋め尽くされ、周辺のホテルはほぼ満室で交通も渋滞しますので、大祭の際は早くからのホテル予約やチケットの手配が必要です。

首都リスボンから日帰りも可能!ファティマへのアクセス

首都リスボンから日帰りも可能!ファティマへのアクセス

写真:Chiharu

地図を見る

リスボンからファティマへの行き方ですが、鉄道よりも長距離バスのほうが便利です。鉄道の場合、サンタ・アポロ―ニア駅から所要時間1時間10分〜2時間15分ほどで、最寄りのファティマ駅からはさらにバスに乗って約40分かかり、本数も少ないのが現状です。長距離バスの場合、リスボンのセッテ・リスオ・バスターミナルから所要時間約1時間半で、降車場のバスターミナルからファティマ大聖堂まで徒歩5分ほどで移動できます。

約30万人を収容できるファティマ大広場の正面に到着したら、すぐ近くにある教会は「聖三位一体教会」です。参拝して広場を進んでいきましょう。左側に「出現の礼拝堂」のチャペルがあり、そのいちばん奥に「バジリカ」が建っています。

敬虔な巡礼者との祈りの空間で、心洗われる時間

敬虔な巡礼者との祈りの空間で、心洗われる時間

写真:Chiharu

地図を見る

高さ65メートルの塔を持つ、ネオ・クラシック様式のバジリカがファティマのシンボルです。白を基調とした優美な建物です。バジリカは教会よりも上位とされています。

こちらには、聖母の目撃者でもあり、幼くして亡くなった兄妹、ヤシンタ・マルト(享年9歳)とフランシスコ・マルト(享年10歳)の遺体が納められています。また、修道女として2005年に天寿をまっとうした、ルシア・ドス・サントス(享年97歳)の棺も安置されています。静かな祈りの空間です。神聖な心持ちでお参りしましょう。

敬虔な巡礼者との祈りの空間で、心洗われる時間

写真:Chiharu

地図を見る

大広場には一筋の舗装された祈りの道が設けられています。熱心な信者たちが祈りながら膝で歩き、出現の礼拝堂の聖母の元まで向かいます。

出現の礼拝堂は、ちょうど聖母が現れた場所に建立されています。膝で歩くのはつらい行為でが、苦行を神へ捧げます。なかには、足が悪くてもサポーターを身につけて行う方もいます。神聖な道なので騒がず、付近を歩くときは気つけましょう。

ファティマの聖水、ベルリンの壁もお見逃しなく!

ファティマの聖水、ベルリンの壁もお見逃しなく!

写真:Chiharu

地図を見る

大広場にそびえるイエス・キリストの像へ行ってみましょう。その周りには「聖なる水」が汲めるポイントがあります。かつては水もない不毛な土地でしたが、聖母の出現で泉が湧いたそうです。

巡礼者たちが大きな容器を持ってきて聖水を汲んでいます。持ち帰って、周りの人や奇跡を信じて病気の知り合いの人に分け与える方もいます。水を汲みたい場合、空のペットボトルを持っていきましょう。容器が無い場合は周りのお店でを売っているところもあります。

ファティマの聖水、ベルリンの壁もお見逃しなく!

写真:Chiharu

地図を見る

そして敷地の中には、世界平和を祈ってドイツ・ベルリンの壁の一部が展示されています。生で見られるのは貴重な体験です。

正面入口からはいって敷地右側のあまり目立たない場所にありますので探してみてください。近くにベンチもありますので、休憩するのに良い静かなスポットです。

ファティマの聖水、ベルリンの壁もお見逃しなく!

写真:Chiharu

地図を見る

また、大広場の周辺には、たくさんの聖品を販売するお店や土産物屋が軒を連ねています。観光客や巡礼者が集まっていて賑やかです。ファティマの聖母の置物を一つ、いかがでしょうか。手のひらサイズの小さな物もあり、お手頃価格です。記念品やお土産物を手に入れましょう。

このように聖母に出会える聖地・ファティマですが、巡礼者たちが熱心に祈る聖域に入ると、誰もが自然に敬虔な心へと立ち戻ります。観光目線だけではもったいないので、聖母マリア様に想いを馳せながら訪れてみましょう。

ファティマ(バジリカ)の基本情報

住所:Apartado 31, 2496-908 Fatima
電話番号:+351-0249-539600
アクセス:ファティマ・バスターミナルから徒歩5分

※2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -