アドリア海と街を両方楽しむ!夏のクロアチア・ドブロヴニク観光

| クロアチア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

西野 ネリのプロフィール写真 西野 ネリ 旅行ブロガー

クロアチアといえば「ドブロヴニク」。ジブリ映画「魔女の宅急便」や海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で有名な旧市街ですが、意外にも周辺の島々については情報が少なくあまり知られていません。また、旅行会社のクロアチアツアーでは街並み巡りのみのツアーが多く、アドリア海まで組み込まれたツアーは数少ない状況です。そこで今回は、街並み巡りとアドリア海を両方楽しむ、夏におすすめの観光プランをご紹介します。

ドブロヴニク旧市街観光は最短で半日〜1日あればOK

ドブロヴニク旧市街観光は最短で半日〜1日あればOK

写真:西野 ネリ

地図を見る

ドブロヴニクのシーズンは5月〜10月頃と言われていますが、アドリア海での海遊びもプラスするなら7月〜9月中旬頃がオススメ。
7月、8月は世界中から観光客が押し寄せるトップシーズン。航空券や宿泊費も通常より割高になりますが、青く輝く美しいアドリア海を満喫するなら致し方ありません。

「ドブロヴニク」の主要なポイントは2つ。「旧市街とロープウェイ」です。旧市街の中は意外にも小さいので、駆け足なら半日でも回ることができます。午前中は街歩き、午後から周辺の島々で遊ぶというプランも可能です。

ドブロヴニク旧市街観光は最短で半日〜1日あればOK

写真:西野 ネリ

地図を見る

旧市街の必須アクティビティは「城壁巡り」。旧市街をぐるっと一周囲む城壁を歩きながら、オレンジ色の屋根の街並みを見て、これぞドブロヴニク!と感動すること間違いなし。

「城壁巡り」は「午前中」か「夕方」に攻略するのがポイント。特に夏の7月、8月は日中の気温が30度を超え、強い日差しが降り注ぎます。城壁では日差しを遮るものがなく、直射日光をもろに浴びることになるので、全身汗だくになり熱中症の危険すらあります。ですから、比較的涼しい午前中や夕方を狙うのがポイントです。帽子・サングラス・水はマストアイテムとしてお忘れなく。

また、観光で役立つのが「ドブロヴニクカード」。個人で周る場合はぜひ手に入れましょう。城壁巡りをはじめ、旧市街や近郊の博物館、美術館の入場が無料または割引価格で利用できます。さらに市内路線バスの無料乗車券付。
※「ドブロヴニクカード」は1日、3日、7日の3種類あり、年度によって利用できるサービスや値段も変更するので、公式HPからチェックしましょう。

ドブロヴニク旧市街観光は最短で半日〜1日あればOK

写真:西野 ネリ

地図を見る

ドブロヴニクの絶景としてよく写真で見かけるのが、スルジ山からの景色。写真左が旧市街、右側が新市街。上から見下ろす街並みとアドリア海の絶景は必須です。

スルジ山へのアクセスは簡単。旧市街を出て徒歩10分くらい坂道を上がった所にロープウェイ乗り場があります。麓から山頂までは5分程度なのですぐに到着しますが、日中は観光客で長蛇の列ができるので、こちらも午前中に訪れることがオススメです。

<ロープウェイの基本情報>
住所:Petra Kresimira IV BB, Dubrovnik 20000
アクセス:旧市街からロープウェイの乗り場へのアクセスは「ピレ門」から徒歩10分程度、「ブジャ門」から徒歩5分程度
※2019年5月現在、ケーブルカー運営会社とドブロヴニク市との契約問題により、営業を一時停止するとの通知がでています。詳細はHPより随時ご確認ください。

アドリア海を遊ぶ!ボートツアー

アドリア海を遊ぶ!ボートツアー

写真:西野 ネリ

地図を見る

旧市街の港には、ロクルム島やムリェト島、旧市街周辺の島々を巡るツアーボートが停泊しています。特に夏は日中が30℃を超えるほど暑いので、カヤックやシュノーケルなど海のアクティビティも人気!アドリア海は透明度が高くきれいなので、ぜひクールダウンも兼ねて泳ぐことをオススメします。

旧市街の中にあるショップでは、ボートツアーやクルーズをはじめ、様々なオプショナルツアーが販売されており、現地で前日に申し込めば参加できます。ですから、予定を開けておいて、その場で店員の説明を聞きながらツアーを選択するのもよいでしょう。

アドリア海を遊ぶ!ボートツアー

写真:西野 ネリ

地図を見る

オススメはスピードボートで行く「青の洞窟ツアー」。あまり知られてはいませんが、ドブロヴニク周辺には大小様々な洞窟があり、コロチェプ島の青の洞窟など、シュノーケルで遊べるスポットがあります。旧市街の港からも手軽に行けるので、午前中旧市街観光をした後、午後の半日ツアーに参加すると効率良く遊べます。
※blue cave tourは関連MEMO参照

<コロチェプ島基本情報>
住所:Hrvatska, 20221, Koločep
アクセス:旧市街の港からスピードボートで50分間程度、フェリーターミナルからフェリーで1時間程度

アドリア海を遊ぶ!ボートツアー

写真:西野 ネリ

地図を見る

たっぷりシュノーケルを楽しんだ後は、旧市街近くのロプド島に立ち寄り、素敵なビーチでのんびりと寝そべり過ごすリラックスタイム。何もしない贅沢な時間を過ごして旅の疲れを癒しましょう。ボートからのサンセットもお見逃しなく。

<ロプド島の基本情報>
住所:20222, Lopud
アクセス:旧市街の港からスピードボートで1時間程度、フェリーターミナルからフェリーで1時間20分程度
※複数の島を周るツアーで訪れることが多い

ドブロヴニクでオススメの宿泊エリア

ドブロヴニクでオススメの宿泊エリア

写真:西野 ネリ

地図を見る

ドブロヴニクでオススメの宿は、バニェビーチ周辺や旧市街近くの小高い丘にあるエリア。旧市街から徒歩20〜30分程坂を上がった所には、オレンジレンガのお家が並んでおり、貸切アパートやゲストハウスが数多くあります。

但し、石段を500〜700段上がって登らないと辿り着けないので、スーツケース片手に最初は大変ですが、その分景色の感度も倍増します。体力に自信がない方はタクシーも利用できます。
Airbnbなどで探すとたくさんヒットするので、ぜひお気に入りのお家を探してみましょう。

ドブロヴニクでオススメの宿泊エリア

写真:西野 ネリ

地図を見る

朝起きた時、ベランダからあの街が見える幸せを想像してください。ドブロヴニクは比較的田舎の地区なので、ゆったりと時間が流れます。予定をガチガチに詰め込みすぎず、のんびりバカンスを過ごす楽しみ方も良いでしょう。

ドブロヴニクは街だけではない!

あまりにも有名な街だけに、日本のツアーは街並み巡り中心のプランが多いですが、その周辺の島々にも目を向けると、魅力がたくさん!
街だけ見て通り過ぎるのは勿体ないので、最低でも1泊はしてドブロヴニク周辺の島々も満喫しましょう!

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/11−2018/08/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -