自家製パスタ&チーズが自慢!イタリア・トスカーナの宿「Casa Pallino」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

自家製パスタ&チーズが自慢!イタリア・トスカーナの宿「Casa Pallino」

自家製パスタ&チーズが自慢!イタリア・トスカーナの宿「Casa Pallino」

更新日:2018/11/14 11:11

盛 千夏のプロフィール写真 盛 千夏 スペイン留学&スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)エージェンシー代表

イタリア・トスカーナのカセンティーノ国立公園内にあるファームハウス「アグリツリズモ・カサ・パリーノ(Agriturismo Casa Pallino)」。

田舎家に宿泊するだけではなく、オーナーによるチーズ作りや、オーナーのマンマの手打ちパスタのデモンストレーションがあり、出来立てのチーズ、自家製生ハムやサラミ、パスタを味合うことができるティスティング・ディナーが提供されるユニークな宿です。
家族で楽しめる旅行先はこちら

「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」の宿泊施設

「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」の宿泊施設

写真:盛 千夏

地図を見る

「アグリツリズモ・カサ・パリーノ(Agriturismo Casa Pallino)」は、フィレンツェとアレッツォから約45キロの距離にあるファームハウス。こちらの農場は、ロレンソ(Lorenzo)さんとお母様のミランダ(Miranda)さんが切り盛りしており、代々羊や豚の放牧飼育やチーズ作りをしています。

一軒家(写真)の階段を上がった2階部分が宿泊客のためのスペースとなっています。

「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」の宿泊施設

写真:盛 千夏

地図を見る

「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」の宿泊施設

写真:盛 千夏

地図を見る

宿泊客用のスペースは約65平米。つい最近リフォームをしたばかりで、ダブルベッドの寝室が2つあり、4人まで同時に宿泊が可能です。長期滞在者も多いので、一通り設備の整ったキッチン、暖炉もあり居心地の良いリビング、洗濯機もついているバスルームと快適そのもの。

ちなみに「カサ・パリーノ」(Casa Pallino)とは、「パリーノの家」という意味。
ミランダさんのおじい様の本名はフランチェスコさんなのに、なぜか「パリーノ」と言うあだ名で呼ばれていたことから、ファームハウスの名前が付けられました。

自家製パスタ実演!マンマのパスタの技を盗んじゃう?

自家製パスタ実演!マンマのパスタの技を盗んじゃう?

写真:盛 千夏

地図を見る

「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」を息子のロレンソさんと切り盛りするミランダさん、実は生パスタ作りの名人なんです。

計量などはせず目分量で粉と卵を用意します。生地を捏ね、そして伸ばしていくのにはとても体力が必要です。生地を寝かせる時間も必要なので、昔は週末など特別な日のごちそうだったといいます。

自家製パスタ実演!マンマのパスタの技を盗んじゃう?

写真:盛 千夏

地図を見る

現在イタリアでは、手のかかる手打ちパスタを家庭で作れる人はかなり減っているため、ミランダさんは頼まれると「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」以外でもデモンストレーションを行っています。

まさにパスタ名人!

チーズ職人のデモンストレーション

チーズ職人のデモンストレーション

写真:盛 千夏

地図を見る

「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」のもう一つの名物が、ロレンソさんの作るチーズ。

家族のためだけに作っていたチーズを、地元の食料品店などに卸すようになったは13年前。お母さまのミランダさん直伝の伝統的な手法で、素材にこだわったチーズを作っています。

チーズ職人のデモンストレーション

写真:盛 千夏

地図を見る

チーズを作るのに欠かせない羊のミルクは、放牧飼育している羊から搾ったものでフレッシュそのもの。リコッタ、ペコリーノ、ラヴィッジョーロの3種類のチーズを、それぞれの特徴や作り方の説明を交えながら作っていきます。

トスカーナの味を満喫!「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」のディナー

トスカーナの味を満喫!「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」のディナー

写真:盛 千夏

地図を見る

手打ちパスタとチーズ作りのデモが終わったら、「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」名物のティスティングディナーのスタート!

まず、アンティパストとして出来立てのチーズ。ほんのり温かくそしてまったく臭みがないチーズはペロリと食べられます。

トスカーナの味を満喫!「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」のディナー

写真:盛 千夏

地図を見る

前菜としてサーブされるのは、ミランダさんお手製のラビオリに似たトルテリ(Tortelli)。ロンバルディア州、エミリオ・ロマーニャ州、トスカーナ州の典型的なパスタです。

詰め物はジャガイモ、チーズ、そしてほんの少しの唐辛子で作ったペーストで、味付けはバター、セージ、塩だけ。超が付くほどシンプルですが味・食感ともに絶品で、まさにイタリアン・マンマの味です。

トスカーナの味を満喫!「アグリツリズモ・カサ・パリーノ」のディナー

写真:盛 千夏

地図を見る

メインには、手作りチーズ、サラダ、そしてロレンソさんが飼育している豚から作られた生ハム(プロシュート)などが並びます。プロシュートなどは食料品店には卸していないので、宿泊客だけが味わえるという特権です。

メインの後にはデザートとエスプレッソが続きます。

お代わり自由のテイスティング・ディナーで、どんどん食べなさいと勧められますので、しっかりお腹を空かせ参加してくださいね!

子供に大人気!「カサ・パリーノ」のファーム体験

子供に大人気!「カサ・パリーノ」のファーム体験

写真:盛 千夏

地図を見る

チーズ作りや手打ちパスタの実演&ティスティング以外に人気なのが、子供向けの農場体験!ロレンソさんがチーズを作るために飼っている羊の餌やりや、乳搾りの見学など、動物と触れ合うことができます。

「カサ・パリーノ」の周りには自然も多く、ハイキングルートなどもたくさんあって、家族旅行にもピッタリ!

子供に大人気!「カサ・パリーノ」のファーム体験

写真:盛 千夏

地図を見る

「Agriturismo Casa Pallino」滞在の注意点

パスタとチーズの実演&ティスティング、そして子供向けの動物とのふれあいは事前予約が必要です。

カセンティーノ国立公園内にあるファームハウスで標高は800メートルあるため、朝晩は冷え込みます。夏でも薄いジャケットやカーディガンは用意しましょう。また、田舎道で道路も補正されていないので、靴はトレッキングシューズやスニーカーがおススメです。

<基本情報>
住所:Piazza San Michele 3 52010 Ortignano Raggiolo (AR)
電話番号:+39-0575-514428
アクセス:フィレンツェまで車で1時間半

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/25−2018/08/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -