ナミビアのお土産探しなら「ナミビア・クラフト・センター」へ

| ナミビア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ナミビアのお土産探しなら「ナミビア・クラフト・センター」へ

ナミビアのお土産探しなら「ナミビア・クラフト・センター」へ

更新日:2018/10/22 10:21

car minのプロフィール写真 car min ドイツ在住旅行ブロガー

ナミビアの首都ウィントフックにある「ナミビア・クラフト・センター」は、個性的なお土産が揃う人気の観光スポットの一つです。町のメインストリートから徒歩約10分以内で行けるのも便利。建物内には本屋、郵便局の出張所、それにカフェもあり、多くの欧米系の旅行者の姿も。約40店の小規模なお店がギッシリ詰まり、強引な客引きも無いので、個性的な商品をゆっくり見比べてみてはどうでしょう。

便利な立地とナミビアの人々が作る工芸品が魅力

便利な立地とナミビアの人々が作る工芸品が魅力

写真:car min

地図を見る

ナミビアの首都、ウィントフックのメインストリートとなるインデペンデンス通り(Independence St.)から徒歩約10分のところにある「ナミビア・クラフト・センター」。ナミビアらしいお土産が一堂に揃う2階建ての建物で、中には郵便局の出張所やギャラリー、カフェもあり、旅行者にはショッピング以上に使える場所です。

便利な立地とナミビアの人々が作る工芸品が魅力

写真:car min

地図を見る

入口から見る外観はそれ程広くないように見えますが、建物内には約40もの小規模なショップが勢揃い。木の彫刻、ジュエリー、アクセサリー、衣類やファブリックなど、ナミビアらしい特色がある品々であふれています。

便利な立地とナミビアの人々が作る工芸品が魅力

写真:car min

地図を見る

この「ナミビア・クラフト・センター」は、ナミビアの恵まれていない地域の人々4000名と、その家族が作る手工芸品をサポートし、この小さな40のショップを通して販売しています。それは女性を助け、貧困削減に貢献することにもなっています。

各ショップの壁には、どこの地域でどんな人達によって作られたか分かる案内もあるので、是非、足をとめて見てくださいね。

草や木など天然の素材を使って

草や木など天然の素材を使って

写真:car min

地図を見る

「ナミビア・クラフト・センター」に集められた商品は、ナミビアの天然資源の持続的利用を支援し、環境に配慮した製品。ダチョウの卵の殻を加工したり、動物の角や牙から素材を取り出して作ったアクセサリーは、パーツの一つ一つが細かく、繊細な美しさが感じられます。

草や木など天然の素材を使って

写真:car min

地図を見る

天然の草や蔓で編みあげたカゴには素朴な温かさが。ナミビアの人々は直接このカゴに、穀物を練って作ったお粥風の物を乗せて使ったりしています。そのため熱にも強く、平たい物は鍋敷きなどの用途にも。小物や果物入れなど、使い方が色々ありそうですね。

草や木など天然の素材を使って

写真:car min

地図を見る

ヤシの木の一種であるマカラニは、ナミビア北部に多く生息しています。動物などのモチーフをこの実の表面にカービングし、キーホルダーやインテリアのパーツに仕上げています。道端で、キーホルダー売りのお兄さんが声をかけてくることもありますが、動物や自然など色々な柄があるので、「ナミビア・クラフト・センター」内でじっくり吟味してみてはどうでしょう。

木彫りや天然石も見逃せない!

木彫りや天然石も見逃せない!

写真:car min

地図を見る

ナミビアの天然木を利用して製作した木彫りも、一点一点表情が違い、お土産というより工芸品に値します。木の節目などを上手に使って彫られた動物達の中から、お気に入りを見つけてくださいね。

木彫りや天然石も見逃せない!

写真:car min

地図を見る

天然木の色を生かしたものや、カラーリングした手ごろなサイズの動物達も種類豊富に並べられています。ナミビアで感動したサファリを自宅に作りたい方や、子供達のお土産にして、ナミビアで見た動物達の躍動感を思い出してくださいね。

木彫りや天然石も見逃せない!

写真:car min

地図を見る

ナミビアはダイヤモンドをはじめ、天然石が多く採掘されています。「ナミビア・クラフト・センター」では、天然石を使ったアクセサリーもありますが、写真のような石そのものも販売しているんです。

ナミビアならではのモチーフ

ナミビアならではのモチーフ

写真:car min

地図を見る

子供向けの衣類を扱うショップもあり、アフリカの自然を表現した色彩豊かな図柄は、元気な子供達にピッタリ!また、アフリカモチーフの生地を使ったベビー服なども、日本では見られない個性的な商品です。

ナミビアならではのモチーフ

写真:car min

地図を見る

細かい手仕事が得意なナミビアの女性達が作る、多色使いが華やかな刺繍やビーズをあしらったバッグなども。また、ランチョンマットやナフキンなどにも、ナミビアの鳥や動物をモチーフにした商品も。ちょっとしたお土産にもナミビアらしいインパクトを添えられそうすね。

カフェで軽食やケーキも

カフェで軽食やケーキも

写真:car min

地図を見る

お土産探しに疲れたら、2階にある「クラフト・カフェ(Craft Cafe)」で一休みができます。建物内とテラスに席がありますが、テラス席で外を眺めながらゆっくりしてみてはどうでしょう。

カフェで軽食やケーキも

写真:car min

地図を見る

キッシュやサンドイッチの軽食やホームメードのケーキが人気です。アップルクランブルケーキ、チーズケーキなどドイツスタイルの物も。他の旅行者の話に耳を傾けながらゆっくりしたり、お土産リストのチェックにも便利な場所です。

「ナミビア・クラフト・センター」に並ぶ商品は、単なるお土産品ではなく、製作者の暮らしに直結する「ナミビア」を表現する芸術作品ともいわれています。露店のマーケットのように値引き交渉も必要ないので、じっくり見比べてみて、お気に入りの一品をみつけてくださいね。

ナミビア・クラフト・センターの基本情報

住所:40,Tal Street,Windhoek
アクセス:インデペンス通り、AVANIホテルから徒歩約7分
営業時間:
店舗:月〜金 9:00〜17:30、土 9:00 〜16:00、 日・祝 9:00〜13:30
Craft Cafe:月〜金 8:00〜19:00、土 9:00〜18:00、日・祝 9:00〜16:00

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/18−2018/08/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -