歴史の町の空間芸術。千葉県「佐倉市立美術館」

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

歴史の町の空間芸術。千葉県「佐倉市立美術館」

歴史の町の空間芸術。千葉県「佐倉市立美術館」

更新日:2018/10/11 11:45

タケモト スグルのプロフィール写真 タケモト スグル 美術館バカ、感動写真家

千葉県佐倉市の中心部、かつて城下町として栄えた小高い丘に、ひときわ目立つ施設があります。佐倉市立美術館です。大正時代と現代の建築が連なる建物で、新旧の芸術が育まれています。ここでは、郷土の芸術のみならず、空間芸術や巨匠のデザイナーズチェアも味わえる、千葉県佐倉市の佐倉市立美術館をご紹介します。

大正時代のエントランスと現代建築

京成佐倉駅より徒歩約8分、JR佐倉駅より徒歩約20分。坂道を登ると大きな建物の佐倉市立美術館に着きます。たいへん目立つ施設です。

大正時代のエントランスと現代建築

写真:タケモト スグル

地図を見る

特筆すべきは建物の造りで、歴史的建造物「旧川崎銀行佐倉支店」がエントランスを担います。レンガ造りのこの建物は、大正時代の建築で千葉県指定有形文化財です。外観が歴史の一部となっています。

大正時代のエントランスと現代建築

写真:タケモト スグル

地図を見る

コレクションは、地元佐倉や房総に縁のある作家の作品が中心です。ジャンルも日本画・洋画・版画・工芸品と幅広く、特別展を除いて観覧は無料となっています。佐倉市立美術館は気軽にアートに触れることができる施設です。

大正時代のエントランスと現代建築

写真:タケモト スグル

地図を見る

POPな床タイルと刻を紡ぐ古書店

館内で驚くことは、自然光が程よく豊かなことです。内壁も白く、光に満たされています。椅子に座ると快適です。

1階の床は、市松柄に白と濃緑の大理石が敷き詰められています。白い内壁と呼応して、少々POPな雰囲気です。併設のカフェでアートな気分に浸るのもいいかもしれません。

POPな床タイルと刻を紡ぐ古書店

写真:タケモト スグル

地図を見る

大変特徴的なのはミュージアムショップです。なんと、古書店「古書くさかんむり」が営業しています。展覧会の図録やミュージアムグッズを取り扱うのはもちろん、商品の中心は、時を紡ぐ「古書」です。日本全国約600〜700館の脳内データベースを検索するに、ミュージアムショップとして古書店が入っている美術館は他に覚えがありません。

POPな床タイルと刻を紡ぐ古書店

写真:タケモト スグル

地図を見る

書棚を眺めると、うわ!ミュシャ!!といった懐かしい展覧会図録をはじめ、装幀の美しい美術関連図書など、もはやインテリアのような本が並んでいます。アートな琴線ビンビンです。特にガラス棚の商品は見逃さないで下さい。

POPな床タイルと刻を紡ぐ古書店

写真:タケモト スグル

地図を見る

吹き抜けインスタレーション

当館のアート感を最も高めるのは、階段吹き抜けの作品でしょう。落ち着いた歴史の町に、巨大な空間芸術があります。

吹き抜けインスタレーション

写真:タケモト スグル

地図を見る

高橋秀(しゅう)《 空宙モヌメント「燦(さん)」》1994年

下から眺めると、白い壁面と階段の間でキューブが飛び跳ねる感覚を得ます。

吹き抜けインスタレーション

写真:タケモト スグル

地図を見る

これは、1辺100cmの5つのキューブが内部から光を放ち、3色に色を変える作品です。
純粋な気持ちで見上げてみて下さい。タイミングによって様々な作品の表情を見ることができます。

吹き抜けインスタレーション

写真:タケモト スグル

地図を見る

座る。感じる。デザイナーズチェア

館内に設置されたデザイナーズチェアも佐倉市立美術館の魅力です。

座る。感じる。デザイナーズチェア

写真:タケモト スグル

地図を見る

館内各所に点在していますが、それぞれ巨匠たちがデザインを手がけています(※)。落ち着いた椅子から、子ども心あふれる椅子まで多様です。

※例えば、上の牛革の椅子「スリング・チェア(LC-1)」。手掛けたのは、ル・コルビュジェ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンです。うち、コルビュジエは建築家として超超超有名で、「近代建築の三大巨匠」の一人に数えられます。日本の国立西洋美術館など、彼が手掛けた7カ国・17施設は、2016年に世界文化遺産に登録されました。

座る。感じる。デザイナーズチェア

写真:タケモト スグル

地図を見る

見かけ上、あまり座り心地が良くなさそうな椅子もあります。ですが、そんな椅子にこそ座ってください。さすが巨匠!と叫びたくなることでしょう。座る姿がインスタ映えするかもしれません。


※写真上「エッグ・チェア」アルネ・ヤコブセン
※写真下奥「ジグ・ザグチェア」ヘーリット・トーマス・リートフェルト
※写真下手前「レッド・アンド・ブルー」ヘーリット・トーマス・リートフェルト

座る。感じる。デザイナーズチェア

写真:タケモト スグル

地図を見る

大きいのに目立たない。隠れ現代アート

建物、コレクション、カフェ、古書店。美術館を全て堪能!
いえいえ、実はまだ見どころがあります。2階に向かって下さい。

展示室の脇に通路が見えますか? その先、大変大きな作品が待っています。

大きいのに目立たない。隠れ現代アート

写真:タケモト スグル

地図を見る

佐藤勲(いさお)《 an oral orbit 》2001年

9m以上のガラス面を覆う作品です。無機質で、工業製品のような作品ながら、だんだんと細胞のような有機体や、延々と続く宇宙の摂理のように見えてきます。単純だからこそ深い作品です。見逃しやすいアートですが、忘れず味わって下さい。

大きいのに目立たない。隠れ現代アート

写真:タケモト スグル

地図を見る

佐倉市立美術館の基本情報

所在地:〒285-0023 千葉県佐倉市新町210
電話番号:043-485-7851
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料:無料(特別企画展は有料です)
駐車場:無料(「佐倉市駐車場」を利用可。なるべく公共交通機関でご来館下さい。)
アクセス:京成佐倉駅より徒歩約8分、JR佐倉駅より徒歩約20分
備考:別の記事にある日本刀専門の「塚本美術館」が徒歩1〜2分の距離にあります。合わせてお楽しみ下さい。

取材協力:佐倉市

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -