バンコクから国内線で約90分 タイの温泉地「ラノーン」でまったり

バンコクから国内線で約90分 タイの温泉地「ラノーン」でまったり

更新日:2018/09/27 10:09

Aya Hasegawaのプロフィール写真 Aya Hasegawa フリーランスライター、編集者
タイ旅行といって何を思い浮かべますか。エキサイティングな都会・バンコク、プーケットやクラビ、サムイ島、パタヤなどのビーチリゾート──。どれも魅力ですが、ぜひ次のタイ旅行のディスティネーションの選択肢に入れたいのが、タイきっての温泉リゾート・ラノーン。いまタイの人々からの注目も集まっている、タイ南部の港町、ラノーンを紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7〜8か所の天然温泉が噴出するタイ随一の温泉地・ラノーン

7〜8か所の天然温泉が噴出するタイ随一の温泉地・ラノーン

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

バンコクから南に約586キロメートル、タイ南部の、ミャンマーとの国境を有するラノーン県にはバンコクから国内線で約約1.5時間。ドンムアン空港からノックエアやエアアジアが就航していて日帰りも可能です。バンコクの南バスターミナルからは、バスも出ています(所要時間8〜12時間程度)。

写真はノックエア。機体が微笑ましいです!

7〜8か所の天然温泉が噴出するタイ随一の温泉地・ラノーン

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

海も山もあり、大小あわせて7〜8か所の天然温泉が噴出しているラノーンは、タイ人のガイドさんによれば、「タイ人にとってはラノーンは保養地のようなもの。タイ人の90パーセント以上は、タイで温泉といえば、ラノーンを思い浮かべます。東京の人にとっての軽井沢という感じでしょうか」とのこと。それだけ圧倒的な知名度だということなのでしょう。週末、ラノーンでのんびり寛ぐバンコクのビジネスマンも増えています。

ラノーンにはいくつかの温泉が噴出しているのですが、このラノーンの温泉を含め、タイの温泉の多くは日本のように掘削をしておらず、自噴温泉だということ。正真正銘、天然の温泉で、もちろん源泉かけ流しです。

タイ風「屋外型の健康ランド」で憩う

タイ風「屋外型の健康ランド」で憩う

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

いくつかあるラノーンの温泉のなかでも、もっとも有名なのが、「病気を治す水」という意味を持つ「ラクサワリン温泉」です。ラーマ5世時代(1890年)に発見されたこちらの温泉は、ラノーンの町の東側、中心街から2kmほどの場所に位置。公園のような作りになっていて、無料で入ることができる足湯や源泉、温泉が点在しています。日本に似たような施設がないのでイメージしにくいかもしれませんが、屋外型の健康ランドを思い描いていただければそう遠くないかと思います。のんびりした空気が流れています。

タイ風「屋外型の健康ランド」で憩う

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

硫黄は含まれていないのに温泉独特の香りが漂う源泉の温度は65度で、周辺を歩いているだけでもじんわりと汗ばんでくるほどです。温泉のパワーを実感します。

タイ風「屋外型の健康ランド」で憩う

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

無料開放の足湯は温度別に複数。温泉大国で生まれ育った日本人としてはすべて試してみたくなるところですよね。好みの温度を選べることもあり、老若男女問わず、時間をかけて楽しんでいる人が多い印象です。まさに地元の人たちの憩いの場。ここでゆったり時間を過ごすのも良さそうですよ。

太っ腹! 天然の岩盤浴がなんと無料開放!

太っ腹! 天然の岩盤浴がなんと無料開放!

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

少し奥へと足をすすめてみると、半露天の岩盤浴施設があります。何人か地元の人たちが寝っ転がったり、座っておしゃべりしたりと寛いでいて、一見、休憩場に見えるのですが、足を踏み入れてみるとその正体がわかります。あら足元が温かい! 床の下には温泉水が流れていて熱いんです。

こちらが偉いのは、朝5時から夜9時まで無料で開放されているということ。太っ腹です! ここで一日ごろごろするのもいいのでは? と言いたいところではありますが、けっこう熱くて少しごろんとしただけでも汗びっしょり。いいデトックスになりそうですよ。ただし、くれぐれも水分補給をお忘れなく。

太っ腹! 天然の岩盤浴がなんと無料開放!

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

もちろん、全身で入浴できる温泉もあります。ちなみに、露天は混浴・水着着用です。

公園の周辺には、屋内のスパ施設もあるのでこちらでゆっくり寛ぐのもいいですね。温泉で温まった後は、タイマッサージを受けることもできますよ。

なお、「ラクサワリン温泉」から車で10分ほどの位置にある「ポンラン温泉」の渓流には、天然のドクターフィッシュが生息していてフィッシュスパもできちゃいます。こちらにも足を伸ばし、ラノーン温泉めぐりを楽しんでみるのもおすすめです。ラノーンが位置するアンダマン海沿岸は、プーケットやクラビといった日本人にもおなじみのビーチリゾートも。ビーチでたっぷり楽しんだあとローカルなラノーンの温泉で癒される、なんてプランもいいかもしれません。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ラクサワリン温泉(Raksawarin Hot Spring)の基本情報

住所:Bang Non, Mueang Ranong District, Ranong
電話番号:+66-77-501-831(TATチュンポーンオフィス)
アクセス:バンコクから約568km。車、バス、または飛行機でラノーンまで移動。国道4005号線沿いのラノーン市街にある。県庁から東に約2km。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:タイ国政府観光庁

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -