「浜名湖ガーデンパーク」のネモフィラ・ひまわり・コスモス!四季の見どころ

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「浜名湖ガーデンパーク」のネモフィラ・ひまわり・コスモス!四季の見どころ

「浜名湖ガーデンパーク」のネモフィラ・ひまわり・コスモス!四季の見どころ

更新日:2019/01/09 18:50

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 伊豆地元案内人、絶景ドライブ探求家

静岡県の「浜名湖ガーデンパーク」は、四季折々の花やイベントを楽しめる県営の都市公園。美しい浜名湖畔にあり、入園・駐車料金はなんと無料!
広大な園内には、360度の大パノラマを楽しめる「展望塔」、バラの大アーチが美しい「花の美術館」、ネモフィラ・ヒマワリ・コスモスなどの季節の花が一面に咲く「花ひろば」など、20以上の庭園・施設があります。今回は花と絶景を中心に、四季折々の見逃せない見どころをご紹介!

花の名所「浜名湖ガーデンパーク」とは!

花の名所「浜名湖ガーデンパーク」とは!

写真:波奈 美月

地図を見る

「浜名湖ガーデンパーク」は、浜名湖花博(2004年開催)の跡地を利用した美しい都市公園。約56ヘクタールの広さを誇り、20以上の庭園・施設があるため、いろいろな散策の仕方や楽しみ方ができます。

四季折々の花木を楽しむなら、「展望塔と庭園めぐり」がお薦め!「駐車場→展望塔→百華園→花の美術館→国際庭園→駐車場」という散策コースです。現地へ行くとコースマップをいただけますよ。

花の名所「浜名湖ガーデンパーク」とは!

写真:波奈 美月

地図を見る

駐車場から公園の奥にある「花の美術館」までは約20分(約1.2km)。コースを一周すると90分ほどかかります。バリアフリーで段差が少ない公園ですが、歩きやすい靴で訪れるようにしましょう。

できるだけ歩くのを避けたい場合は、「遊覧船ガーデンクルーズ」(有料)を利用するのがお薦め。入口近くの船乗り場から「花の美術館」付近まで、水路沿いの景色を楽しみながら、一気に行くことができます。基本的な運行日は、一番下の「基本情報」よりご確認ください。
4〜6人用のファミリー自転車の貸し出しもあり、ご家族連れに人気です(1時間900円)。

花の名所「浜名湖ガーデンパーク」とは!

写真:波奈 美月

地図を見る

四季を通しての見どころは、ガーデンパークのシンボルである「展望塔」。高さ50mで、公園のほぼ中央に位置します。

「展望室」は浜名湖随一の絶景スポット。360度の大パノラマが広がります。ガーデンパークの全景や青く輝く浜名湖はもちろん、浜名湖大橋や遠州灘、湖西連峰、晴れて空気が澄んだ日は富士山も!塔から突き出したスリル満点の「展望デッキ」からは、南アルプスなどが見えますよ。

"花の地上絵"(冬は"干支の地上絵")を楽しめるのも大きな魅力。入場料(高校生以上300円・小中学生100円)が必要ですが、その価値は十分です。

春は「約30万本のネモフィラ」や「花の美術館」の春景色!

春は「約30万本のネモフィラ」や「花の美術館」の春景色!

写真:波奈 美月

地図を見る

春のガーデンパークの名物は、「花ひろば」に咲き誇る約30万本のネモフィラ。
例年4月上旬〜下旬にかけて、約3千平方メートルを青い可愛い花が埋め尽くします。ぜひ「展望室」に上り、花々が描く"花の地上絵"も楽しみましょう。

「花木園」では、3月下旬〜4月中旬にかけて、大規模に植栽された芝桜が見頃を迎えます。広がるピンクや白の明るい色彩に心もウキウキ!展望塔の「展望デッキ」からよく見えますよ。春は園内がもっとも華やかに彩られる季節です。

春は「約30万本のネモフィラ」や「花の美術館」の春景色!

写真:波奈 美月

地図を見る

いちばんのお薦めは「花の美術館」。画家のクロード・モネが、フランスのジヴェルニーに造った庭を模した庭園で、「花の庭」と「水の庭」があります。
特に春バラが咲く時期は、絶対見逃せません。まるでモネの絵の中にいるような感覚になる、SNS映え間違いなしのスポットです。

春は「約30万本のネモフィラ」や「花の美術館」の春景色!

写真:波奈 美月

地図を見る

「花の庭」は、約40メートルの長さの"バラの大アーチ"を中心に、花壇が左右に配された庭園です。春になると、約250品種・500株のバラをはじめ、約2500株のラナンキュラス、約150品種・1万球のチューリップなど、たくさんの花が咲き誇ります。
毎年5月中旬〜下旬は、「バラの大アーチ通り抜け」を開催!見頃を迎えた"バラの大アーチ"の下を歩くことができますよ。

「水の庭」は、スイレンが浮かぶ池を中心にした庭園で、春から夏にかけてスイレンの花を見ることができます。主に午前中が見頃ですよ。

毎年4月上旬〜6月上旬にかけて、「スプリングフェスタ」を開催!土日祝を中心に春を感じさせる各種のイベントが開かれます。

夏は「約4万本のひまわり」や「あじさいの小径」!

夏は「約4万本のひまわり」や「あじさいの小径」!

写真:波奈 美月

地図を見る

夏のガーデンパークの名物は、「花ひろば」のひまわり。約4万本が「花ひろば」を輝くような黄色で彩ります。
例年の見頃は、7月中旬〜8月上旬。天候にもよりますが、満開になってから1週間〜10日程度、綺麗な状態で楽しめます。「ひまわり迷路」もつくられるので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

6月〜7月のお薦めは「あじさいの小径」。浜辺沿いの南主園路にあり、木漏れ日の中、日本原産種と西洋品種の両方を楽しめます。

夏は「約4万本のひまわり」や「あじさいの小径」!

写真:波奈 美月

地図を見る

毎年、6月下旬〜9月中旬頃にかけてオープンする「水遊び広場」は、ご家族連れに大人気!

7月下旬〜8月下旬にかけては、「サマーフェスタ」を開催!土日を中心に、氷の中のスーパーボールをスプーンや水鉄砲で取り出す「氷ほじほじスーパーボール」や「ひまわりフェスタ」、工作・体験教室など、さまざまなイベントが楽しめます。

秋は「約40万本のコスモス」や「花の美術館」の秋景色!

秋は「約40万本のコスモス」や「花の美術館」の秋景色!

写真:波奈 美月

地図を見る

秋のガーデンパークの名物は、「花ひろば」に広がるコスモス畑。例年の見頃は、10月上旬〜11月上旬です。
抜けるような秋空を背景に、約40万本ものコスモスが咲き誇る様子は、爽快そのもの。"コスモスの地上絵"が毎年人気で、2018年はモミジとイチョウでした。涼しい秋は、ガーデンパークを散策するのに、いちばんのお薦めの季節ですよ。

秋は「約40万本のコスモス」や「花の美術館」の秋景色!

写真:波奈 美月

地図を見る

秋の花に彩られた「花の美術館」も見逃せません。見頃は10月上旬頃からです。
日本初の"ハイブリット皇帝ダリア"をはじめ、約30品種のダリアや約20品種のコスモスなど、たくさんの花が咲き誇ります。

秋は「約40万本のコスモス」や「花の美術館」の秋景色!

写真:波奈 美月

地図を見る

毎年10月上旬〜11月上旬は、「オータムフェスタ」を開催!
期間中、「国際庭園」入口には、不思議な鉄のオブジェが展示されます(国際庭園アートギャラリー)。国際庭園とは、中国・韓国・イギリスなど、各国の伝統的な庭園を展示したエリア。ちょっとした世界旅行気分が味わえますよ。

そのほか、土日祝を中心に、毎年恒例の「展望塔階段のぼり」や「ハロウィンイベント」、「花美 Garden Fes 2018」など、各種のイベントが開催されます。

冬は「干支の地上絵」や「青いシクラメンの小径」!

冬は「干支の地上絵」や「青いシクラメンの小径」!

写真:波奈 美月

地図を見る

冬のガーデンパークの名物は、中央芝生広場の「干支(えと)の地上絵」。その年の干支を特殊な染料で描いており、1月〜3月初旬頃まで楽しめます。冬は芝生の成長が遅いので、長い期間、鑑賞できるのが嬉しいですね。

「展望室」から地上絵を楽しむことになりますが、空気が澄んだ冬は、景色を眺めるのに最高の季節!はまゆう大橋の背後に富士山が見える確率も、他の季節よりずっと高いですよ。
写真は、2019年の地上絵(亥)。縦53メートル・幅28メートルほどの大作です。

冬は「干支の地上絵」や「青いシクラメンの小径」!

写真:波奈 美月

地図を見る

花が少なくなる冬でも、ガーデンパークには自慢の見どころがあります。それは「青いシクラメンの小径(こみち)」。見頃は12月中旬〜3月上旬頃です。

「百華園」の東側にあり、見頃の時期は、常時、約1000〜1500株もの希少なブルー系のシクラメンが小径沿いに咲き続けます。香りも楽しむことができますよ。
この「セレナ―ディア」という品種は、屋外では管理が難しく、これほど大規模に咲く光景は国内では大変珍しいとされています。

冬は「干支の地上絵」や「青いシクラメンの小径」!

写真:波奈 美月

地図を見る

毎年、2月(第2週の土日)には「Winter Festa 雪まつり」を開催!長野県から運んだ雪で、雪遊びをすることができますよ。

開花情報やイベントの詳細は、公式ホームページよりご確認ください。記事下の関連MEMO「浜名湖ガーデンパーク」よりアクセスできます。

浜松市にはもうひとつ、大規模な花の名所「はままつフラワーパーク」があります。こちらもお薦め!詳細は、関連MEMOより別記事をご覧ください。

浜名湖ガーデンパークの基本情報

住所:静岡県浜松市西区村櫛町5475-1
電話番号:053-488-1500(浜名湖ガーデンパーク管理センター)
開園時間:8:30〜17:00(7月・8月は18:00まで)
休園日:12月29日〜1月3日(元旦は6時15分〜正午まで開園)
※「花の美術館」は毎週火曜日の午後、維持管理のために閉鎖
駐車場:約1800台・無料
入園料金:無料
アクセス:
・JR浜松駅より遠鉄バス舘山寺経由(舘山寺線)で約60分、「浜名湖ガーデンパーク」下車 
・東名浜松西I.Cより約25分 
・浜名バイパス坪井I.Cより約15分 
・新東名浜松浜北I.Cより約50分

遊覧船ガーデンクルーズ
運航日時:
4月〜10月 9:00〜16:30
11月・3月 9:30〜15:30※土・日・祝のみ運行 
12月〜2月 休業
料金:大人片道600円・往復1000円、子供片道300円・往復500円

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/21−2018/02/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -