日本から上海に就航しているLCCを徹底比較!どれがお得で快適?

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本から上海に就航しているLCCを徹底比較!どれがお得で快適?

日本から上海に就航しているLCCを徹底比較!どれがお得で快適?

更新日:2018/09/26 21:25

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

日本から2〜3時間と気軽に行くことができる中国の大都市・上海。上海へは日本各地から数多くのLCCが就航しているため、リーズナブルな価格で訪れることができます。ここでは日本と上海を結ぶ韓国LCC3社をまとめて紹介します。

価格面で比較するのはもちろん、各エアラインの特徴やサービスの違いを比べて、どのLCCを使うか決めるのも一つの楽しみ方ですよ。
海外航空券の最安値をチェック!

豊富な路線がうれしい「春秋航空」

豊富な路線がうれしい「春秋航空」

写真:LINEトラベルjp 編集部

日本各地と上海を結ぶ春秋航空。羽田や関空、名古屋、札幌といった主要航空はもちろん、茨城や佐賀などの地方空港からも直行便が就航しているため、各都市から気軽に上海へ行くことができます。

上海で乗り継いでバンコクやプーケットなどの有名都市へ行くこともできるため、リーズナブルに東南アジア旅行を叶えたい人にもおすすめです。

「ジェットスター」は運賃タイプやオプションが充実!

「ジェットスター」は運賃タイプやオプションが充実!

写真:LINEトラベルjp 編集部

日本国内でも多くの路線を持つジェットスターは、成田〜上海間を週4便で就航しています。東京から上海にリーズナブルに行ける点は魅力ですが、成田空港での出発は第3ターミナル。成田空港の第2ターミナルから第3ターミナルまでは徒歩で20分、バスで10分程度かかるので、出発までの時間に余裕を持って空港に着いておくことをおすすめします。

また、成田発は月・水・金・日曜の夜22:15発。仕事帰りに出発できるメリットはありますが、現地到着は翌日の深夜0:40着。帰りのフライトも早朝発のため、空港〜市内間の移動がタクシーのみになってしまう点は注意が必要です。

ジェットスターの運賃はエコノミークラスの場合、通常運賃のほか、オプションを追加した3つのパターンから選ぶことができます。座席のタイプや払い戻しの可能・不可能、受託手荷物(航空会社に預け入れる荷物)の量や個数など、オプションの項目も充実。旅のスタイルや予算に合わせて、運賃タイプを選びましょう。

弾丸旅行で上海を楽しめる「Peach」

弾丸旅行で上海を楽しめる「Peach」

写真:LINEトラベルjp 編集部

日本国内でも親しまれているLCCの「Peach」は羽田と関空から上海へ毎日1便ずつ就航しています。関西発は夜22:25発で、現地到着は翌日の深夜0:20着。また、帰りの便も上海を早朝6:05発のため、空港の行き来の時間帯が深夜や早朝に偏っている点には要注意です。

また、羽田発は深夜2:10発で、上海到着は早朝5:00着。帰りの便は深夜1:25発のため、実質0泊2日(関空発着の場合は0泊3日)でホテルを取らずに上海観光を満喫することができるのはメリットと言えるでしょう。

価格に加え、サービスの違いもLCC選びの軸に

日本と上海を結ぶ韓国系のLCCを3社紹介しましたが、それぞれ特徴があります。

・春秋航空:地方空港からの直行便が充実
・ジェットスター:運賃タイプを自分好みにカスタマイズできる
・Peach:最短0泊2〜3日の弾丸旅行ができる

価格はもちろん、就航している空港やサービスの違いなど、あなたに合ったLCCを使って上海旅行を満喫しましょう。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -