茶農家さんに会える!京都「宗円交遊庵やんたん」は日本茶の新名所

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

茶農家さんに会える!京都「宗円交遊庵やんたん」は日本茶の新名所

茶農家さんに会える!京都「宗円交遊庵やんたん」は日本茶の新名所

更新日:2018/10/12 14:11

なおぢ はるみのプロフィール写真 なおぢ はるみ 旅するデザイナー

京都・宇治田原町は、日本緑茶発祥の地。青製煎茶製法を開発し、全国に広めた永谷宗円の生家があることから、茶を愛する多くの旅人が訪れる町です。その生家すぐ近くに、新しい観光施設「宗円交遊庵やんたん」が誕生しました。この地域で暮らす人たちがローカルパワーを発揮して運営する同施設は、茶農家さんと触れ合う貴重な体験が出来るんです!

湯屋谷の山を映すガラスの建物

湯屋谷の山を映すガラスの建物

提供元:「宗円交遊庵やんたん」

https://www.facebook.com/SoenKoyuanYantan/

「宗円交遊庵やんたん」があるのは、山間の里、湯屋谷会館のお隣。JR宇治駅から、茶園の景色を眺めながら京都京阪バスとコミュニティバスを乗り継いで約1時間。日本遺産の永谷宗円生家からは、徒歩15分の場所です。

「宗円交遊庵やんたん」は、湯屋谷の製茶工場跡をリノベーションし、建築雑誌にも紹介されたほどお洒落な建物。山中の景色に溶け込むようにガラスをふんだんに使ったモダンな外観で、室内は自然光がたっぷり入る、明るく開放的な空間です。

湯屋谷の山を映すガラスの建物

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

施設のある宇治田原町・湯屋谷は、日本緑茶発祥の地として有名な場所。その所以もあり、湯屋谷のお茶をもっと知ってもらいたいと願って誕生した「宗円交遊庵やんたん」は、この地区に暮らす人達によって運営されているハートウォーミングなお茶の施設なのです。

抹茶の石臼挽き体験

抹茶の石臼挽き体験

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「宗円交遊庵やんたん」では、週末にお茶にまつわる様々な体験メニューが用意されています。季節替わりの体験メニューは、どれもお茶の里ならではの内容ばかりです。
例えば、抹茶の石臼挽き体験(500円)では、石臼の中央に抹茶の元“碾茶”を入れて、自ら挽く所からスタート!

抹茶の石臼挽き体験

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

ただひたすらに、時計と反対周りで石臼を挽きます。最初は、中央の“碾茶”が石臼の中に吸い込まれていくだけで抹茶が出てくる気配がないのですが、施設スタッフのお茶にまつわるお話を聞きながら、グルグル回しているうちに‥‥。

抹茶の石臼挽き体験

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

石臼から抹茶がどんどん出て来ます! 約1時間ほどで、1人〜3人分の薄茶が点てられる量が出来上がりです。

自分で挽いた抹茶をいただく

自分で挽いた抹茶をいただく

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

自分で石臼で挽いた抹茶は、奥にある座敷に移動していただくことができます。今度は、自分で抹茶を点てる体験へ。

自分で挽いた抹茶をいただく

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

「まず、抹茶を少量の水で練りましょう。点てた時の泡立ちが良くなります」「点てた抹茶の泡を見てみましょう。細かな泡が出来ていたら、上手だと言われていますよ」など、楽しくポイントを教えてもらいながら、薄茶をいただきます。
何より、自分で挽いた抹茶をその場ですぐ点てるというのは、本当に貴重な体験。旅の思い出になること間違いなしです。

抹茶の石臼挽き体験のほか、ホットプレートを使った京番茶づくり体験、美味しいお茶の淹れ方体験など、各メニューは要予約。時期によって開催メニューが変わるので、公式Facebookなどで事前にチェック&予約するのがオススメです。

自分で挽いた抹茶をいただく

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

緊張感のある茶道体験とは違って、「宗円交遊庵やんたん」の体験メニューはアットホームな雰囲気。旅仲間同士で、点てた茶の泡の具合を比べたり、スタッフの方から日本茶の歴史や雑学などを聞いているうちに、心がほぐれます。

施設内には、湯屋谷や茶にまつわる様々な展示物があり、これも茶席の話題になります。160年以上前(嘉永六年)の製茶番付がさり気なく飾られていたり(湯屋谷は堂々の西の大関!)、お茶好きには興味深い資料もあって、眺めているうちに、ついつい長居してしまいそう。

湯屋谷の美味しさ満載メニュー

湯屋谷の美味しさ満載メニュー

提供元:「宗円交遊庵やんたん」

https://www.facebook.com/SoenKoyuanYantan/

「宗円交遊庵やんたん」には、カフェスペースもあります。営業日にいつも頂けるメニューは、「お茶とお菓子のセット」(日替わり)。玉露と煎茶を選べたり、お菓子もその日のメニューから選べます。
上の画像は、玉露と抹茶プリンのセット。高級水出し玉露は旨味たっぷりです。これで400円とは、とってもお得! 
プルプル食感と、二層の抹茶の濃さを楽しめる抹茶プリンは、本当に美味! お菓子メニューは湯屋谷の方々の手作りで、レシピもオリジナル。セットのお茶の味わいに勝ちすぎない、手作りならではの優しい甘みです。

湯屋谷の美味しさ満載メニュー

提供元:「宗円交遊庵やんたん」

https://www.facebook.com/SoenKoyuanYantan/

土日限定で、「週末ランチメニュー」もいただけます。こちらも不定期の季節替わり&地域の方々の手作りメニューです。
いずれも宇治田原町で採れた美味しい食材が楽しめる料理ばかり!

例えば茶汁は、茶農家の方が農作業の合間に食べていたという番茶を使ったお味噌汁で、地元の野菜がふんだんに使われています。
まるでこの地域の家族にもてなされているような、アットホームな美味しさがお腹に沁みてきます。

レアな土産物がズラリ!

レアな土産物がズラリ!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

たっぷりお茶を堪能したら、湯屋谷土産を買って帰りましょう。物販スペースも、お茶づくし!

レアな土産物がズラリ!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

ぜひ手に入れて欲しいのは、「宗円交遊庵やんたん」でしか販売されていない茶農家さん直売のお茶。市場ではまだまだ珍しい単一農園のお茶が、直売ならではの価格で購入できます。

レアな土産物がズラリ!

写真:なおぢ はるみ

地図を見る

もっとレアなお土産が欲しいという欲張りなお茶好きさんなら、こちらがおすすめ。何と、茶の苗木が買えます。
サイズは大・中・小あり、品種は2種(さえみどり、さみどり)、実生(茶の実から育ったもの)と挿し木育ちなど、いろいろなタイプの苗木が300円・500円・1,000円! 苗の違いや育て方は、施設スタッフの茶農家さんから教えてもらえて、至れり尽くせりです。

「宗円交遊庵やんたん」には、普通の観光施設では味わえない、地域の方達との飾らないコミュニケーションがあります。そんな京都旅も新鮮!ぜひ、「宗円交遊庵やんたん」でお茶に魅せられ、どっぷり茶の世界にはまってくださいね。

宗円交遊庵やんたんの基本情報

住所:京都府綴喜郡宇治田原町湯屋谷尾華21
アクセス:京都京阪バス180系統「維中前」バス停でコミュニティバスに乗り換えて「湯屋谷」バス停下車、徒歩1分
営業時間:10:00〜17:00
定休日:水曜・木曜

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -