伊勢から熊野へ!紀勢自動車道の全線開通でおススメのスポット5選

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

伊勢から熊野へ!紀勢自動車道の全線開通でおススメのスポット5選

伊勢から熊野へ!紀勢自動車道の全線開通でおススメのスポット5選

更新日:2014/03/20 11:45

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

2014年3月30日に紀勢自動車道の工事中だった区間が開通し、勢和多気JCTから尾鷲北ICまでの延長55.3キロが全線開通します。昨年9月には熊野尾鷲道路も開通しており、名古屋・伊勢方面から熊野へのアクセスが良くなったことで、名古屋から片道3時間以内、伊勢から片道2時間以内と従来より20〜30分時間短縮となります。そこで、高速を利用して伊勢とセットにして足を延ばしてみたいスポットをご紹介します!

人気ナンバーワンの熊野古道!石畳が美しい馬越峠

人気ナンバーワンの熊野古道!石畳が美しい馬越峠

写真:Chiharu

地図を見る

熊野を訪れたら、一度は熊野古道を歩いてみたいという方は多いのではないでしょうか。数ある熊野古道の中でも最も人気なのが、ここ馬越峠ルートです。古い石畳が残っていてその風景は美しく、自然のエネルギーを思いきり取り込める清々しいスポット。道が整備されていて歩きやすいのも魅力です。

車で行った場合、心配なのが駐車場のこと。ここでは、海山町国道42号線沿いの登り口に数台の無料駐車場があり、また徒歩5分ほどにある「道の駅海山」の駐車場も利用できます。道の駅海山では、熊野古道の情報を聞いたり、食べ物を買うことができるので便利。

馬越峠を全て歩くと尾鷲市内へ出るので、JR尾鷲駅まで歩き、三重交通の路線バスで駐車場近くの「鷲毛バス停」まで戻ってくることになります。馬越峠登り口から尾鷲までは歩いて所要3時間ほど。スタートするのは午前中にしましょう。あまり時間がとれない方は、頂上から来た道を戻る方も多いです。

最寄り:海山町登り口は紀勢自動車道・海山IC
駐車場:海山町登り口に無料駐車場あり、道の駅海山にもあり

二木島湾の大岸壁が圧巻の楯ヶ崎!

二木島湾の大岸壁が圧巻の楯ヶ崎!

写真:Chiharu

地図を見る

国道311号線沿いの駐車場に車を停めたら、山道の遊歩道を45分ほど歩きます。遊歩道をぬけると熊野灘が目の前に開け、雄大な景色に出会えます。巨岩や奇岩の多い熊野。柱状の大岩が組み合わさった「柱状節理」が見どころで、中でもシンボルとなっているのが高さ70m・周囲600mの海にそそり立つ大岸壁です。

楯ヶ崎には逸話があり、伊勢大神と熊野大神が楯ヶ崎を望んで酒盛りしたという興味深いスポットです。また、神武天皇が上陸した地点ともいわれ、遊歩道途中の海岸沿いにある阿古師神社には、神武東征の際、遭難した神武天皇の御兄が祀られています。

風光明媚な二木島湾に位置する楯ヶ崎は、海から絶壁を眺める観光遊覧もおススメ。無数の洞窟があり、大きなガマの口と呼ばれるところは青の洞窟ともいわれるほど美しいポイント。楯ヶ崎は、熊野の海のパワーを一身に感じられる気持ちのいいスポットです。

最寄り:熊野尾鷲道路・熊野新鹿IC、大泊IC
駐車場:無料駐車場あり

不老不死伝説の地を巡る!徐福の宮

不老不死伝説の地を巡る!徐福の宮

写真:Chiharu

地図を見る

2200年以上も前の中国、秦の始皇帝の命を受け、不老不死の仙薬を求めて日本へ渡ったとされる徐福伝説の地へ。「徐福の宮」は波田須の村の「矢賀の蓬莱山」とも呼ばれる丸山にあり、祠や徐福の墓とされる碑が現在でも祀られています。

丸山といっても小さな丘なのですが、生命力豊かな木々が青々と茂っていて、御神木はエネルギーを与えてくれるよう。仙薬とされる「天台烏薬」の木も境内の周りに見られるのでチェックしてみよう。

ここは、国道311号線から細い道を下って村の中へ降りていくので、狭い道幅に気をつけましょう。すぐ近くには熊野古道・波田須の道があり、よく観光ポスターの撮影ポイントに選ばれるほど熊野らしい場所です。せっかくなら、併せてご見学ください。

最寄り:熊野尾鷲道路・熊野新鹿IC、大泊IC
駐車場:無料駐車場あり

古道歩き初心者におススメの熊野古道・松本峠

古道歩き初心者におススメの熊野古道・松本峠

写真:Chiharu

地図を見る

初心者でも歩きやすい標高135mのルート。登り口付近に車を停めて、松本峠を往復しても所要1時間ほどのお手軽コースです。といっても山道なのでアップダウンはあります。歩きやすい格好と靴で出掛けましょう。山の中ではお店はありません。飲料水を持参するのもお忘れなく。

コンパクトなコースなのに、苔むした石畳、東屋からの七里御浜海岸、竹林の峠など移り変わる熊野古道の景色がおさまっていて堪能できます。また、見どころの一つに、昔、猟師が妖怪と間違って鉄砲で撃ったというお地蔵様が峠頂上に立っています。ここは休憩スポットなので、休みがてら鉄砲傷を探してみるのも面白いですよ。

最寄り:熊野尾鷲道路・熊野大泊IC
駐車場:無料駐車場あり

ディープなパワースポット!日本最古の神社・花の窟(花窟神社)

ディープなパワースポット!日本最古の神社・花の窟(花窟神社)

写真:Chiharu

地図を見る

日本書記に「紀伊国の熊野の有馬村」と記されている、熊野最大のパワースポットです。中世からの熊野詣でも外せない重要な聖地です。神社として日本最古といわれるほどその歴史は古く、高さ45mの磐座が御神体に持ち、伊弉冉尊(イザナミノミコト)と、軻遇突智尊(カグツチノミコト)を祀っています。

鳥居をくぐり、参道を歩いて手水鉢で手を清めると、すぐ横に大きな丸石がるのでこちらもお参りください。そして、境内へ入ると空気が変わります。植物や岩の雰囲気が、まるで沖縄の御嶽へ来たかのような神秘的な空間になっています。

隣には、飲食店や土産物・物産店が集結している「お綱茶屋」があります。地場の味覚を堪能したり、花の窟や熊野にちなんだ品を買って帰ることができるので立ち寄ってみましょう。目の前は、海の熊野古道ともいわれる七里御浜の海岸です。

最寄り:熊野尾鷲道路・熊野大泊IC
駐車場:無料駐車場あり

おわりに

以上、5つの厳選スポットです。今回は、名古屋・伊勢方面からの流れで順番にスポットをご紹介しましたが、熊野方面からはこの逆から近くなります。

車での旅は、時間を気にせずにマイペースで動けるのが魅力です。一日で全て行くには時間的にハードなので、興味のあるスポットを組み合わせたり、時間があれば宿泊をして訪れてみましょう。紀勢自動車道が全線開通になる2014年3月30日8:30〜13:00には、三重県紀北町にて開通イベント「ハイウェイウォーク」が行われます。記念品配布(先着1000名様)、餅まき、ご当地グルメや物産販売など。

より身近になる熊野、この機会にぜひ訪れてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ