東京の癒しスポット!奥多摩でラフティングやわさびツアー

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京の癒しスポット!奥多摩でラフティングやわさびツアー

東京の癒しスポット!奥多摩でラフティングやわさびツアー

更新日:2018/10/08 10:38

smileatrip あこのプロフィール写真 smileatrip あこ トラベル・グルメライター、バックパッカー、パネットーネ愛好家

東京北西部の奥多摩は御岳山でのハイキングや多摩川沿いのキャンプ地としても人気のスポット。多摩川はラフティングやカヤックなどのウォータースポーツができる場所としても有名です。そんな奥多摩は実はワサビの生産地でもあるんです!

東京都心部から電車で約2時間。大自然に癒されながらアウトドアを楽しみたい方には最適の奥多摩観光の楽しみ方をご紹介します。

エメラルドグリーンに透き通る多摩川

エメラルドグリーンに透き通る多摩川

写真:smileatrip あこ

地図を見る

東京都心部から電車で約2時間。JR青梅線の御嶽駅に降りると、御岳山へハイキングに行く人やキャンプ場に向かう人が行き交っています。ここが東京!?と思う程、大自然に囲まれた場所で、美しい山並みやエメラルドグリーンに輝く多摩川が目の前に広がります。

多摩川沿いではキャンプも人気。普段の生活から少し離れてリフレッシュしながら、アウトドアを満喫するには最適な場所です。大きな岩場付近では、マットを持ってボルダリングをする人の姿も見かけられます。

多摩川沿いには遊歩道も設けられています。御岳山へハイキングに行く方の通り道にもなっていますが、川を眺めながら緑に囲まれた御岳渓谷遊歩道を歩くのはとても気持ちが良いです。御岳山まで行かなくても、遊歩道は平坦な道なので、お子さんや年配の方々でも十分楽しめます。キャンプやウォータースポーツと併せて、川岸を散策したり、森林浴をしたりしながらゆっくり過ごす場所としておすすめです。

多摩川にはいくつか橋がかかっているので、橋の上から川を眺めたり、ウォータースポーツをしている様子を観察することもできます。

多摩川ではウォータースポーツを満喫

多摩川ではウォータースポーツを満喫

写真:smileatrip あこ

地図を見る

多摩川ではラフティングやカヤック、リバーボードなどのウォータースポーツも楽しめます。

ラフティングは4〜8人程のグループで大きなゴムボートに乗って皆で漕ぎながら川を下ります。ウォータースポーツの中でも比較的気軽に参加できるアクティビティです。カヤックは各々ボートに乗り、ダブルブレードパドルというシャフト(握る棒)を持って漕ぎます。カヤックも川や渓谷で人気の体験の1つですね。平衡感覚や漕ぎ方に最初は戸惑うかもしれませんが、視線が水面に近い為、ラフティングとは異なる視点で楽しむことができます。リバーボードは大きなビート版のようなボードの上に上半身を乗せ、足にはフィンを付けて、川を下ります。川の流れに身を任せ、スピードを楽しめる、川で行うボディーボードといったイメージです。

夏場はもちろん、秋や冬にも楽しめるスポーツもあるので、ぜひ参加してみて下さいね。

正に秘境!山の中にひっそりと現れるワサビ畑

正に秘境!山の中にひっそりと現れるワサビ畑

写真:smileatrip あこ

地図を見る

なんと奥多摩はワサビの生産が盛んなエリアなんです。奥多摩では「わらぴー」というワサビの形をしたイメージキャラクターがワサビについてPRをしています。

江戸時代からワサビ栽培が行われており、歴史もある奥多摩のワサビ。奥多摩で湧き出る清流がワサビ栽培に適しているからこそ、ワサビ生産の適地として選ばれました。

JR青梅線で御嶽駅の隣駅、川井駅へ。駅から20分ほど、山の中で湧き出る水の流れを眺めながらひんやりとした小路を登っていくと、ワサビ畑が広がります。ワサビ栽培に関するツアーを開催していたり、ワサビを販売している農家さんもいらっしゃるので、ワサビ好きの方はぜひチェックしてみて下さい。

正に秘境!山の中にひっそりと現れるワサビ畑

写真:smileatrip あこ

地図を見る

東京の大自然を満喫できる奥多摩

奥多摩は東京都内から約2時間でアウトドア・ライフが満喫できるエリアです。自然の中でリフレッシュしたい方やリバー・アクティビティに参加したい方、清流で育ったワサビに興味がある方はぜひ訪れてみて下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -