しまなみ海道の大島で笑顔に!海と空の間にある食堂『みつばち』

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

しまなみ海道の大島で笑顔に!海と空の間にある食堂『みつばち』

しまなみ海道の大島で笑顔に!海と空の間にある食堂『みつばち』

更新日:2014/06/20 15:44

いずみ ゆかのプロフィール写真 いずみ ゆか ライター

水色の明るい海と空が映える穏やかな瀬戸内海の風景をゆっくりと味わって・・心がほっと和らぐ美味しいご飯を食べる・・そんな贅沢な島時間を『しまなみ海道』の途中でちょっと寄り道して過ごしてみませんか?
愛媛県今治市大島にある『食堂みつばち』は今日も訪れた人を優しい笑顔にしてくれます。
今回は「サイクリストの聖地」と呼ばれる『しまなみ海道』の外れにある隠れ家の様な食堂をご紹介します。

目印は海辺の明るい水色のテラス

目印は海辺の明るい水色のテラス

写真:いずみ ゆか

地図を見る

瀬戸内海を美しい橋がつなぐ『しまなみ海道』の6つの島々の中で最も南に位置する大島。
そんな大島の『しまなみ海道』の外れに、口コミで密かな人気がある海辺の小さな食堂『みつばち』があります。週末や連休ともなるとお客さんが大入満員になることも。
食堂は隠れ家のような所にあるので、辿り着くのは少し難しいですが、この寄り道が後ほどあなたに至福の時間をもたらしてくれます!

【アクセス】
※「しまなみ海道 愛媛県今治方面」からは大島南ICのみ、「しまなみ海道 広島方面」からは大島北ICのみでしか辿り着けないのでご注意を!
また食堂の建物は元別荘だったため、カーナビでは正確に案内され難いとの事なので下記をご参考下さい。(駐車場あり)

大島ICから国道317号線を進むと「しまなみ苑」という建物があり、そこを今治方面からの方は右に、広島方面からの方は左に曲ります。集落の小道を真直ぐ進むと、分かれ道に国道337号線の標識があるので左に曲ります。国道337号線沿いを右手に海を望みながら進むと、左手の少し小高い所に目印の水色のテラスが見えてきます!

食堂はとても人気があり、予約は受付していません。また火曜日・水曜日が定休日ですのでご注意下さいね。詳しくは【関連メモ】の「食堂みつばちホームページ」をご確認下さい。

おススメは窓側のカウンター席。瀬戸内海に浮かぶ小さな島の食堂

おススメは窓側のカウンター席。瀬戸内海に浮かぶ小さな島の食堂

写真:いずみ ゆか

地図を見る

店内は靴を脱いで上がります。一番のおススメは瀬戸内海の穏やかな海や空が一望できる窓側のカウンター席!もし訪れた時に空いていたら、あなたは運がいいのかもしれません。それくらい人気の席なのです。

海と空の明るい水色・・・そして木の柔らかなぬくもりと水色・白を基調とした店内。まるで映画「かもめ食堂」を彷彿とさせる雰囲気です。

食堂みつばちは「かもめ食堂」と同じく、‘’カフェ‘’では無く、あくまで‘’食堂‘’です。瀬戸内海の豊かな海の幸と島育ちの食材をシンプルに美味しく食べさせてくれる場所なのです。

心と身体がホッとほぐれる優しい味

心と身体がホッとほぐれる優しい味

写真:いずみ ゆか

地図を見る

この食堂のオーナーである田中さんご夫婦は2011年に大島に移住してきたのだそう。食堂のシンボルとも言える海と空が望める水色のテラスはなんと手造りなのです。
もし、窓側のカウンター席が満席でもご安心を。

水色のテラスの中には4人掛けのテーブル席もあり、このテーブル席にはとても素敵な秘密が・・・テーブルの脚がレトロな足踏み式ミシンなのです!(小さなお子様にはお子様用の椅子も用意して下さいます)

食堂みつばちのメニューは地元大島や愛媛の無農薬・有機栽培・無添加で鮮度抜群の食材を使用しているので、どのメニューを頂いても凄く美味しいです。特にランチのサイドメニューとして付いてくる色々な野菜のスープは飲むとホッと体がほぐれる本当に優しい味で、個人的に久しぶりに出会った美味しいスープでした。素朴ながら野菜の旨味が本当に良く出ています。
心から美味しいと思えるものを身体に取り入れると、すーっと肩の力が抜けて笑顔になるというのは本当ですね。

大人気!地元の漁師さんから届く「今日のお魚ランチ」♪

大人気!地元の漁師さんから届く「今日のお魚ランチ」♪

写真:いずみ ゆか

地図を見る

食堂みつばちで一番おススメのランチメニューは、地元の漁師さんから届く‘’旬のお魚‘’が美味しい日替わりご飯「今日のお魚ランチ」(1200円)です。
季節ごとに大島で採れる新鮮な魚介が楽しめます。訪問時に頂いた「今日のお魚ランチ」では天然鯛でした。柔らかい白身の鯛が野菜のマリネと一緒にホロホロと口の中で崩れ最高の味です!

更にランチと一緒に「蜜柑ジュース」も頂きましょう。大三島の有機農家さんによる100%ストレートの「蜜柑ジュース」でとっても甘くて美味しいのです♪
もし気に入ったら、みつばちオリジナルドレッシング(700円)などと共に店内で販売されているので、旅の素敵なお土産にしても喜ばれますよ!(蜜柑ジュース900円)

ここは海なのか・・それとも空なのか・・淡い水色の窓辺でのんびりと贅沢な島時間を。

ここは海なのか・・それとも空なのか・・淡い水色の窓辺でのんびりと贅沢な島時間を。

写真:いずみ ゆか

地図を見る

食後は是非、挽き立ての珈琲を注文し、瀬戸内海の穏やかな海と空を眺めてのんびりして下さい。

この食堂は少しだけ小高い場所にあるので、海と空を同じ分だけ眺める事が出来ます。ぼんやり眺めているとここは海だろうか・・それとも空だろうか・・と錯覚する様な気持ちに。

そういう意味で「食堂みつばち」は本当に海と空の間にある食堂なのです。
のんびり、ゆったりとした大島の‘’島時間‘’を体感してみて下さい。もしかしたら島時間の名は、沖縄では無く瀬戸内の島々の時間を指すのではと思えてきます。

みんな笑顔で「あ〜美味しかった!」

贅沢な島時間を過ごし、お店を出る時にふと気付いた事があります。
どのお客さんもお会計を済ませ食堂を出る際に「あ〜美味しかった!」と笑顔になっているのです!

『食堂みつばち』は2014年3月21日〜10月26日まで開催される『瀬戸内しまのわ2014』の「しまのわカフェ」に認定されました。
『瀬戸内しまのわ2014』は瀬戸内に暮らす人々が自ら楽しんで新しい魅力を発信し、訪れる人々と「人々の和で島々の輪をつなぐこと」をコンセプトにしたイベントです。
期間中、季節ごとに島々の魅力をPRするイベントや観光プログラムが催されるので下記【関連メモ】でチェックし、併せて訪れてみて下さい。

あなたも是非、しまなみ海道の途中でちょっと贅沢な寄り道をしてみませんか?
海と空の間で美味しいご飯と共に素晴らしいひと時を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ