ミャンマーでフォトジェニック!マンダレーにある2つのパゴダ

| ミャンマー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミャンマーでフォトジェニック!マンダレーにある2つのパゴダ

ミャンマーでフォトジェニック!マンダレーにある2つのパゴダ

更新日:2018/10/05 18:50

都築 空のプロフィール写真 都築 空 トラベルホリック、ときめき写真撮り
ミャンマーの観光スポットとしては、まだそれほど名の知られていないクドードォパゴダとサンダムニパゴダ。ミャンマー最後の王朝の都をマンダレーに築いたミンドン王によって建てられました。

どちらもミャンマーで写真映えするスポットとして、現地の若者の間で人気が出てきています。マンダレーの観光スポット、マンダレーヒルのふもとにある2つのパゴダをご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

白い仏塔が印象的な2つのパゴダ

白い仏塔が印象的な2つのパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

マンダレーヒルのふもとに、2つ並びあって存在するクドードォパゴダとサンダムニパゴダ。ミャンマーにたくさん存在するパゴダですが、この2つのパゴダは真っ白な仏塔が立ち並んでいるのが特徴です。

白い仏塔が印象的な2つのパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

その白い仏塔が整然と立ち並ぶ美しさから、地元の若者たちの間で写真映えするスポットとして人気が出ています。またウェディングフォトを撮るスポットにもなっています。

白い仏塔が印象的な2つのパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

仏塔の数の多さはサンダムニパゴダの方が多いですが、クドードォパゴダの方が有名で、多くの観光客が訪れます。

2つのパゴダの位置関係

2つのパゴダの位置関係

写真:都築 空

地図を見る

2つのパゴダ間は歩いてすぐ行くことができます。サンダムニパゴダの東側にクドードォパゴダがあります。位置的にはマンダレーヒルの南側、王宮の北東。そのため、王宮やマンダレーヒルを観光する際に、一緒に訪れることをおすすめします。

最大の経典で知られるクドードォパゴダ

最大の経典で知られるクドードォパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

クドードォパゴダはミンドン王時代に建てられました。バガン近郊のニャンウーにあるシュエズィーゴンパゴダをモデルにして建てられたと言われています。

メインの仏塔は金箔で覆われており、高さは約57メートルあります。

最大の経典で知られるクドードォパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

メインの仏塔の周りには729の白い仏塔があり、その一つ一つの中に経典がおさめられています。そして、その経典群は世界最大であることで知られています。

世界最大の経典は多くの僧侶を集め約6カ月かけて完成させました。それにはミンドン王の仏教への強い思いがありました。仏陀亡き後、変化していく経典を案じ、直接大理石に言葉を刻むことで変わらぬ信仰を守ろうとしたのです。

最大の経典で知られるクドードォパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

<クドードォパゴダ(Kuthodaw Pagoda)の基本情報>
アクセス:マンダレー駅周辺からタクシーで約15分
営業時間:8:00〜20:00

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

仮王宮としても利用されたサンダムニパゴダ

仮王宮としても利用されたサンダムニパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

サンダムニパゴダがこの地に建設されたきっかけは、1886年に暗殺されたミンドン王の弟カナウンがこの地に埋葬されたことからです。

弟カナウンは、次期王座を狙ったミンドン王の2人の息子によって殺害されてしまいます。その際、一緒に殺害されてしまったカナウンの息子たちも一緒に埋葬されました。その後、1990年代初めにそのお墓はマンダレーの霊廟へと移されています。

仮王宮としても利用されたサンダムニパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

この場所に最初に建てられたとされている大きな塔は、1874年に建設されました。王宮が完成するまでの間、仮の王宮としてミンドン王が利用したと言われています。

仮王宮としても利用されたサンダムニパゴダ

写真:都築 空

地図を見る

金箔に覆われたその塔の周りには1774もの白い仏塔が並びます。クドードォパゴダと同じく、その仏塔の一つ一つには経典がおさめられています。

白い仏塔はそれぞれ1.68メートルの高さ、1.07メートルの幅でつくられています。

<サンダムニパゴダ(Sanda Muni Pagoda)の基本情報>
アクセス:マンダレー駅周辺からタクシーで約15分。
営業時間:8:00〜20:00

ミャンマーでのパゴダ観光の際の注意点

ミャンマーでのパゴダ観光の際の注意点

写真:都築 空

地図を見る

ミャンマーでパゴダの敷地内に入る際には靴、靴下(ストッキングを含む)を脱ぐ必要があります。入り口に靴を置くことができる場所がありますが、不安な方はあらかじめ靴を入れる袋を持参して、見学中は持ち歩くことをおすすめします。

ミャンマーでは、いくつものパゴダを訪れることになると思いますので、そのままの足で履いても問題ないサンダルを履いて訪れるか、足を拭くためのウェットティッシュを持参すると安心です。

整然と並ぶ白い仏塔をぜひその目で

ミャンマーにたくさんあるパゴダの中でも、白い仏塔が並ぶ特徴的なクドードォパゴダとサンダムニパゴダをご紹介しました。マンダレーだけでなくミャンマーには多くのパゴダがあるので、どこに行こうか迷った際には、ぜひこの2つのパゴダに訪れてみてください。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -