まだ夏は終わらない!10月以降の沖縄おすすめビーチ15選

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まだ夏は終わらない!10月以降の沖縄おすすめビーチ15選

まだ夏は終わらない!10月以降の沖縄おすすめビーチ15選

更新日:2018/10/05 18:11

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

10月ともなれば季節的には「秋」ですが、沖縄はまだまだ「夏」。むしろ10月以降の沖縄は、爽やかな初夏の陽気で、特に10月は1年で最も海遊びをするにはいい時期なんです。そんな10月以降の沖縄で、おすすめのビーチを15選。沖縄本島から離島まで、選りすぐりの絶景ビーチを紹介。好みのビーチを選んで、10月以降の沖縄で、終わらない夏をエンジョイしましょう。

沖縄本島のビーチなら穴場のこの3つ

沖縄本島のビーチなら穴場のこの3つ

写真:離島 こむ

地図を見る

那覇からアクセスしやすい沖縄本島南部で、最もおすすめのビーチは南城市の「百名ビーチ」。人気の「新原ビーチ」を越えた先にある、穴場ビーチです。それ故に、ビーチは地元の人しかおらず、とにかく静かで落ち着きます。那覇空港から車で40分で、離島並みの静かで綺麗なビーチを満喫できる「百名ビーチ」です。

沖縄本島のビーチなら穴場のこの3つ

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄本島中部のビーチなら、人気の北谷にある「アラハビーチ」。しかし北谷のビーチといえばアメリカンビレッジにある「サンセットビーチ」が有名ですが、ビーチの広さも海の綺麗さも、断然アラハビーチの方が上。10月末まで遊泳可能で、多くの在沖アメリカ人が訪れる、ハワイ気分を味わえる「アラハビーチ」です。

沖縄本島のビーチなら穴場のこの3つ

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄本島北部のビーチで、是非とも行って欲しいのが「長浜ビーチ」。人気の沖縄美ら海水族館と古宇利島の間にあるので、北部観光ついでに立ち寄れます。しかしビーチの場所がわかりにくく、こんなに広くて綺麗なのに穴場です。10月以降なら、広々とした絶景ビーチを独り占めなんてこともできる「長浜ビーチ」です。

慶良間の離島ならこの3つのビーチ

慶良間の離島ならこの3つのビーチ

写真:離島 こむ

地図を見る

那覇から気軽に行ける慶良間諸島の離島。中でも一番人気の渡嘉敷島なら「トカシクビーチ」がおすすめ。渡嘉敷島と言えば「阿波連ビーチ」の方が有名ですが、のんびり過ごすならトカシクビーチがおすすめ。絶景展望台があるので、時間を忘れてのんびり過ごすことができる「トカシクビーチ」です。

慶良間の離島ならこの3つのビーチ

写真:離島 こむ

地図を見る

慶良間諸島でダイバーに一番人気の座間味島。おすすめは穴場の「阿真ビーチ」。座間味島には人気の「古座間味ビーチ」がありますが、10月以降なら、泳ぐ以外にもシーカヤックや無人島巡りも楽しめる、阿真ビーチが一押し。ビーチ正面に無人島があり、思いをはせるも良し、渡るも良し、様々な楽しみ方ができる「阿真ビーチ」です。

慶良間の離島ならこの3つのビーチ

写真:離島 こむ

地図を見る

慶良間諸島では穴場の阿嘉島。おすすめビーチは、一番人気の「ニシ浜」。島自体が穴場なので、一番人気のビーチでものんびりできます。特にビーチを一望できるウッドデッキは必見。10月以降ならこのデッキを独り占めできるかも?シュノーケリングも楽しめるので、好きなだけ海で泳いで、好きなだけデッキでのんびりできる「ニシ浜」です。

宮古島エリアならこの3つの定番ビーチ

宮古島エリアならこの3つの定番ビーチ

写真:離島 こむ

地図を見る

絶海ビーチだらけの宮古島。その中でも一押しは、やっぱり人気ナンバーワンの「与那覇前浜」。約7kmも続く真っ白な砂浜は、東洋一とも称されるほど。遠浅の海はプカプカ浮かんでいるだけで、至福の時間を味わえます。リゾートホテルも近くにあり、至福のリゾート気分を満喫できる「与那覇前浜」です。

宮古島エリアならこの3つの定番ビーチ

写真:離島 こむ

地図を見る

宮古島から、絶景橋・伊良部大橋を渡った先にある伊良部島。その大橋からもアクセスしやすい、「渡口の浜」が伊良部島では一押し。絵に描いたような、綺麗な円弧を描くビーチが特徴です。沖縄のビーチでは珍しい、常に波があるビーチなので、打ち寄せる波をのんびり眺めて過ごすのがおすすめの「渡口の浜」です。

宮古島エリアならこの3つの定番ビーチ

写真:離島 こむ

地図を見る

宮古島から飛行機で約25分、フェリーで約2時間の多良間島。おすすめビーチは、なんて読むか謎の「トゥガリ゜ラトゥブリ」。「ふる里海浜公園」が隣接しているので、ビーチでも公園でものんびり過ごせます。夏でも混まないビーチは、10月以降なら独り占め確実の「トゥガリ゜ラトゥブリ」です。

石垣島エリアならこの3つのビーチで楽しむ

石垣島エリアならこの3つのビーチで楽しむ

写真:離島 こむ

地図を見る

有名旅行クチコミサイトの「人気上昇中の観光地」で、ハワイを抜いて2年連続1位になった石垣島。ビーチなら断然「米原ビーチ」がおすすめです。シュノーケリングの名所で、さらに近くに「青の洞窟」もあります。様々な楽しみ方ができる「米原ビーチ」です。

石垣島エリアならこの3つのビーチで楽しむ

写真:離島 こむ

地図を見る

石垣島からたったの10分で行ける竹富島。しかも船は30分間隔で出ているので、気軽に行ける離島です。一押しビーチは人気の「コンドイビーチ」。ビーチも綺麗ですが、注目は沖に現れる幻の浜。ツアーに参加しなくても、歩いて渡れます。ビーチも、幻の浜も楽しめる「コンドイビーチ」です。

石垣島エリアならこの3つのビーチで楽しむ

写真:離島 こむ

地図を見る

同じ西表島からでも、船でしか行けない船浮集落。その集落の奥にあるのが、おすすめビーチの「イダの浜」です。それ故に訪れる人は少なく、集落からも離れているので、ビーチで聞こえるのは波の音と風の音だけ。ある意味、この15選の中で、最も贅沢な時間を過ごせる「イダの浜」です。

3つの「はてのビーチ」綺麗さは桁違い

3つの「はてのビーチ」綺麗さは桁違い

写真:離島 こむ

地図を見る

最果てのビーチって魅力的ですよね。日本最西端・与那国島の、さらに西端にある「ナーマ浜」は、まさに日本最西端のビーチ。目の前には日本最西端の地「西崎」が望め、海の透明度も抜群です。ビーチから見える夕日も、日本で最後に沈む夕日。魅力満載の日本最西端のビーチ「ナーマ浜」です。

3つの「はてのビーチ」綺麗さは桁違い

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄には有人島で日本最南端の「波照間島」もあります。そんな波照間島のビーチといえば「ニシ浜」。ハテルマブルーとも称されるその海の綺麗さは、まさに桁違い。海の色を見ているだけでも、幸せな気分になることができる「ニシ浜」です。

3つの「はてのビーチ」綺麗さは桁違い

写真:離島 こむ

地図を見る

まさに海の果てにある浜。久米島沖の果てにあるのが、砂だけの島の「はての浜」。砂だけの島が故に、島のどこへ行っても絶景ビーチです。そしてその海の色は、ヤバすぎるほど綺麗。この世のものとは思えない絶景を味わえます。死ぬまでに絶対に行きたい「はての浜」です。

絶景ビーチを満喫するなら10月以降の沖縄!

10月以降といえば秋のイメージがありますが、沖縄はまだ夏真っ盛り。しかも10月や11月なら、海水温がまだ高いので普通に泳げます。秋は台風が心配ですが、10月も後半になれば、台風も接近しにくくなるので、10月後半以降が狙い目です。しかも10月以降は、航空券やツアーも安くなる時期なので、さらにおすすめ。

まだ夏は終わらない10月以降の沖縄。好みの絶景ビーチを選んで、贅沢な時間を過ごしましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/04/11−2017/07/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -