夜が美しい世界遺産メスキータ!スペイン・コルドバ観光

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家

スペイン・アンダルシアのコルドバは、メスキータ(モスク)やユダヤ人街を含んだ旧市街地全体が「コルドバ歴史地区」として世界遺産に登録されており、そしてイスラム教とキリスト教が融合した雰囲気を色濃く残す異色の観光地。

夜はメスキータの塔ミナレットもライトアップされ、外壁で囲まれた周囲を含めて、見事な色となります。それだけではなく街中のテンディーリャス広場やアルカサルを含めて、光の中を散策しましょう。

コルドバの美しきライトアップ「テンディーリャス広場」

コルドバの美しきライトアップ「テンディーリャス広場」

写真:大里 康正

地図を見る

スペインのコルドバは日が暮れると、昼とは異なった光の世界になることはあまり知られていません。街のあちらこちらが美しく彩られ、カフェやレストランは屋外で楽しめる席が多いことから、街の景観を楽しみながら飲食することが出来ます。

コルドバの美しきライトアップ「テンディーリャス広場」

写真:大里 康正

地図を見る

周囲をオフィスビルに囲まれたテンディーリャス広場。ここはいつも人が多くにぎやかで、様々な店が並んでいます。

そこで見ることが出来る立派な騎馬像。彼の名前はゴンサロ・フェルナンデス・デ・コルドバ(Gonzalo Fernandez de Cordoba, 1453年-1515年)は、スペイン王国の将軍で、エル・グラン・カピタン(El Gran Capitan)の尊称を持っています。

コルドバに近いモンティーリャで生まれた彼は、スペインの歴史の中でも極めて優れた将軍として知られる人物です。銅像としてはテンディーリャス広場の騎馬像が最も有名で、ここは夜の散策では外せません。

コルドバの美しきライトアップ「テンディーリャス広場」

写真:大里 康正

地図を見る

騎馬像の後ろには噴水があり、こちらでも美しいライトアップが楽しめます。

<基本情報>
住所:Plaza de las Tendillas, s/n, 14002 Cordoba
電話番号:+34-902-20-17-74

「アルカサル」の静かな光

「アルカサル」の静かな光

写真:大里 康正

地図を見る

グアダルキビール川の近くにあるアルカサルは、キリスト教徒の王たちのアルカサル、あるいはコルドバのアルカサルという呼ばれ方をしています。アルフォンソ11世(カスティーリャ王 1311年-1350年)によって建てられ、彼がキリスト教徒であったことからこのような呼ばれ方となったのです。

また、“王たちの”という意図は、その後も王族の住居として使われたため。内部はイスラム建築の雰囲気を色濃く残した庭園があり、コルドバの複雑な歴史を象徴する場所です。

「アルカサル」の静かな光

写真:大里 康正

地図を見る

白い外壁にブルーの光がとても印象深いアルカサル。周囲はとても静かであり、コルドバの夜の静けさを象徴する場所と言えるでしょう。

<基本情報>
住所:Plaza Campo Santo de los Mártires, s/n, 14004 Cordoba
電話番号:+34-957-42-01-51

「メスキータ」のライトアップ

「メスキータ」のライトアップ

写真:大里 康正

地図を見る

メスキータとはスペイン語でモスクのことです。西暦711年、イスラム教徒により、西ゴート王国が征服されました。そして756年に成立した後ウマイヤ朝は、コルドバを首都としたのです。

メスキータが造られたのは785年。時のアブデアラマン1世によって建てられ、その後何度も増築を繰り返した経緯があります。なお、現存するスペインのモスクとしては最大の規模です。

「メスキータ」のライトアップ

写真:大里 康正

地図を見る

メスキータの象徴というより、コルドバを象徴するのが、高い尖塔の「ミナレット」です。アミナールまたはアルミナールと呼ばれることもありますが、イスラム教の施設に付随する塔として、今も残されています。

美しいライトアップの中で見上げ、コルドバの歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

メスキータの外壁周囲も美しい

メスキータの外壁周囲も美しい

写真:大里 康正

地図を見る

静かな雰囲気のメスキータは周囲を壁で囲まれており、ぐるりと歩くことが可能です。

メスキータの外壁周囲も美しい

写真:大里 康正

地図を見る

昼間に開いていたカフェやレストラン、お土産店も閉まりとても静か。そんな中ライトアップを堪能しながら歩くと、足元から石畳を踏む靴音が周囲から跳ね返って響いてくるのです。

メスキータの外壁周囲も美しい

写真:大里 康正

地図を見る

なお、コルドバはスペインの中でも治安が良いことで知られますが、そこはやはり外国であり、日本とは何もかも違います。万が一に備えて、貴重品を含めた管理はしっかりとしておきましょう。

<基本情報>
住所:Calle Cardenal Herrero, 1, 14003 Cordoba
電話番号:+34-957-47-05-12

カジュハ・デ・ラス・フローレス小路で「ミナレット」

カジュハ・デ・ラス・フローレス小路で「ミナレット」

写真:大里 康正

地図を見る

コルドバ観光で外せないのが、花の小道から見上げるミナレット。通りの名前はカジュハ・デ・ラス・フローレスと、とても美しい響きを持っています。

カジュハ・デ・ラス・フローレス小路で「ミナレット」

写真:大里 康正

地図を見る

夜になると道が少し分かりにくくなるので、事前にこの場所を確認しておきましょう。そしてコルドバの美しさをしっかりと、記憶とカメラに収めてみてはいかがでしょうか。

<基本情報>
住所:Calleja de las Flores, 1, 14003 Cordoba
電話番号:+34-902-20-17-74

世界遺産メスキータ周辺の美しいライトアップとその他の観光

スペインの歴史ある街コルドバ。日が落ちてから散策する市街地は、テンディーリャス広場、アルカサル、そしてメスキータとライトアップが美しい観光地が並んでいます。貴重品の管理をしっかりと行い、最後まで楽しい思い出を残しましょう。

ところで日中のコルドバは、花がとても印象的な町並みを楽しむことが出来ます。詳細は関連MEMOをご確認下さい。

更に、スペインにあるイスラム建築の世界遺産は「アルハンブラ宮殿」も良く知られています。そして同じアンダルシア地方の「ミハス」は地中海が見える街並みと花が魅力。さらに世界遺産と言えば外せないのが「サグラダ・ファミリア」があります。こちらも関連MEMOにリンクを設定していますので、旅の参考としてみて下さい。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -