島根「木部谷温泉 松乃湯」間欠泉吹き上がる秘湯と医・食・農

| 島根県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

美肌県として知られる島根県は良質の天然温泉が各地に点在。その島根県西部、古都・津和野にほど近い山間の村に、間欠泉湧き出る秘湯「木部谷温泉 松乃湯」があります。20〜30分に一度、約2mの高さに吹きあがる間欠泉は、全国でも珍しい炭酸ガスによる間欠泉。泉質はナトリウム カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉で美肌効果抜群のよく温まる温泉。宿泊施設では素材に拘った女将手作りの夕食と「石見の朝めし」が評判です。

大地の鼓動を感じる!炭酸ガスで噴き上がる間欠泉を見よう

大地の鼓動を感じる!炭酸ガスで噴き上がる間欠泉を見よう

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

島根県南西部・津和野町の南部に接する吉賀町。 清流日本一に何度も輝いた高津川の水源を持つ豊かな自然に恵まれたこの町に、全国でも珍しい炭酸ガスの圧力で噴出する間欠泉があります。

大地の鼓動を感じる!炭酸ガスで噴き上がる間欠泉を見よう

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

その間欠泉があるのは木部谷温泉「松乃湯」。間欠泉が噴出するのは20分から30分に一度。約2mの高さまで吹き上がります。この辺りは古くから山腹にボコボコと水が湧いて茶色い水たまりができ、村人はその水を鉄風呂に汲み温泉を楽しんでいました。またこの水を持ち帰り、傷に塗る人も多かったとか。

動画:フルリーナ YOC

地図を見る

その後ボーリングをしたときに間欠泉が湧き上がり、温泉はパイプで新しく誕生した浴場に引かれ、地元の人々に愛されてきました。間欠泉へは松乃湯からほんの少し坂道を登ります。道横の水路には鉄分が酸化した黄土色の湯の花がびっしりと付着。

間欠泉が湧き上がる様子は動画でお楽しみください。

源泉を引き込み蒸気で加温する新鮮な温泉

源泉を引き込み蒸気で加温する新鮮な温泉

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

昭和63年には専門家の後押しもあり、間欠泉のすぐそばに「松乃湯」が誕生。木部谷温泉の泉質の良さは次第に評判となり、全国の温泉好きをも集めるようになりました。

源泉を引き込み蒸気で加温する新鮮な温泉

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

間欠泉は噴出時には透明ですが、空気に触れると鉄分が酸化し黄土色に。源泉温度 20.7度、湧出量 200L/分の源泉はパイプを通りそのまま松の湯へ送られます。

源泉を引き込み蒸気で加温する新鮮な温泉

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

木部谷温泉の源泉は温度が20.7度と低いので加温が必要。「松乃湯」では蒸気を使った加温法を使用。これがものすごい威力で、あっという間に温度が上がります。熱くなり過ぎた時にはバルブをひねり源泉を入れます。蒸気で加温しているため源泉の鮮度は保たれ、しかも温度調節が自由にできるのも嬉しい!

有効成分豊富な美肌の湯

有効成分豊富な美肌の湯

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

古くから「弘法の湯」として親しまれてきた木部谷温泉は効能も豊か。炭酸・カルシウム・ナトリウム・塩・ラドン・メタケイ酸などの有効成分が、体を芯から温め肌をツルツルにしてくれます。男女別の内湯のみですが、見るからに濃い〜温泉にテンションもアップ!

有効成分豊富な美肌の湯

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

温泉の後には無料で休める休憩室も用意され、冬場にはコタツで休めます。お風呂上りにコタツでウトウトしてる人も多いとか・・・。気持ちわかります!

有効成分豊富な美肌の湯

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

小さなお土産コーナーには、ドクダミ茶やお菓子、れいしドリンクも。れいし・・・霊芝〜!?・・・しかも200円???

「医・食・農」村ぐるみで自然農法に取り組む柿木村

「医・食・農」村ぐるみで自然農法に取り組む柿木村

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

そうなんです!この200円ドリンクは、地元・柿木村で健康食品を長年にわたり研究・発売している会社が、霊芝とはちみつを主成分として作っているもの。お味は、体に効きそう〜な苦甘ドリンクです。

「医・食・農」村ぐるみで自然農法に取り組む柿木村

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

実は、木部谷温泉を有する柿木村は、村全体で有機農業に取り組んでいます。柿木村のある吉賀町は、町の総面積の92%が山林。そのうち70%が昔ながらの自然林。町内を南北に流れる全長81Kmの高津川は、本流にダムのない水源が特定できる珍しい一級河川。平成18年・19年・22年〜25年までは、水質日本一にも選ばれました。

この自然を守り、その恵みを生かし、医・食・農が一つとなる「農業」「食べ方」「暮らし方」を追及しているのが柿木村なのです。

「医・食・農」村ぐるみで自然農法に取り組む柿木村

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「松乃湯」の庭には、柿木村が誇る名水が湧き出ている場所もあるので、忘れずに飲んでくださいね。そして温泉だけでなく柿木村の「医・食」もぜひ体験したいという方は、ぜひ「松乃湯・新館」の宿泊施設に泊まってみてください。

柿木村の医・食をたっぷり味わう「松乃湯」ステイ

柿木村の医・食をたっぷり味わう「松乃湯」ステイ

提供元:島根県西部県民センター観光振興課

https://www.pref.shimane.lg.jp/地図を見る

女将自らが作る「松乃湯」で出される食事も、自然農法で育てられた自家栽培や柿木村の野菜を使って調理。また山菜や、鮎の下に敷く笹までも自ら山へ採りに行きます。もちろん新鮮な魚介類も魅力。

料理上手で評判の女将が作る家庭料理は、有名旅館が肩を並べる「石見の朝めし」にもエントリー。体も心も元気にしてくれる夕食と朝食付きで1泊7900円というお値段も嬉しい限りです。

柿木村の医・食をたっぷり味わう「松乃湯」ステイ

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

宿泊は「松乃湯新館」で。和室8畳の客室は全6室。部屋にはテレビと、温水洗浄機能付トイレも備えられています。

山々に囲まれた自然豊かな地で、効能豊かな温泉に浸かり、自然の恵みをいただき、ゆったりと過ごす時に、体も心も癒されていくでしょう。

柿木村の医・食をたっぷり味わう「松乃湯」ステイ

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

木部谷温泉に行ったら立ち寄ってほしいスポットは大井谷棚田。室町時代から江戸時代に築かれたこれらの棚田は、日本の棚田100選にも選出。

600年もの間、幾度も積み直しや補修を重ねて受け継がれてきた棚田。この棚田で収穫されるお米は、昔から美味しいことで有名で、当時は津和野藩主への献上米とされてきました。現在では630枚の石積みの田んぼが構成され、農薬に頼らず手間暇をかけ栽培。柿木村が取り組む「医・食・農」の農を垣間見ることが出来る、心に沁みる風景です。

自然に抱かれ自然の恵みを五感で感じる柿木村・木部谷温泉

柿木村の自然に包まれ、大地から湧き出でる温泉に浸かり、自然農法で栽培される野菜や海の恵みを味わい、ゆったり流れる時に身を任す「松乃湯」での時間・・・。日常から離れてリフレッシュしたい時に、ぜひ訪れてほしい温泉、そして宿です。

木部谷温泉は古都・津和野からも車で約25分と近いので、ぜひ津和野や萩などの観光と併せてお楽しみくださいね。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:島根県西部県民センター観光振興課

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -