絶景ルートを行く志賀草津高原道路。絶対お勧め!撮影スポット10選

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景ルートを行く志賀草津高原道路。絶対お勧め!撮影スポット10選

絶景ルートを行く志賀草津高原道路。絶対お勧め!撮影スポット10選

更新日:2018/10/19 18:26

高橋 しゅうのプロフィール写真 高橋 しゅう 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

長野県湯田中温泉と群馬県草津温泉を結ぶ国道292号線、通称志賀草津高原道路。途中には標高2170mの日本国道最高点を通る、国内有数の山岳ドライブルートです。
沿道からは名峰を望み、名瀑や池沼、湿原等が点在する観光道路で、四季折々の絶景を求めて、写真愛好家が訪れる人気の撮影地でもあります。
今回は、沿道での写真撮影にお勧めのスポット10選を、季節折々の景色を交えて、湯田中側より区間毎に紹介致します。

沿道から眺望や名瀑、池沼の絶景を堪能(湯田中〜蓮池区間)

沿道から眺望や名瀑、池沼の絶景を堪能(湯田中〜蓮池区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

1.坊平橋より望む志賀の山並みと北アルプスの眺望

まず初めにお勧めしたい坊平橋は、標高1200m付近のオメガルートの橋で、橋上から眺めるダイナミックな展望が魅力です。写真は晩秋の志賀の山々と北アルプスの眺望です。

沿道から眺望や名瀑、池沼の絶景を堪能(湯田中〜蓮池区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

2.志賀高原を代表する名瀑・澗満滝の眺望

駐車スペースから徒歩3分に澗満滝と山並みを眺望する展望台があり、色づいた山肌と滝が美しい、絶好の撮影スポットです。

沿道から眺望や名瀑、池沼の絶景を堪能(湯田中〜蓮池区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

3.一番人気の紅葉撮影スポット一沼

こちらは志賀高原を代表する紅葉の撮影スポット一沼。国道沿いに位置していますので、通行時に多くの人がカメラを構えているのを見かけます。

高山植物咲く湿原散策や信州の名峰展望ルート(蓮池〜渋峠区間)

高山植物咲く湿原散策や信州の名峰展望ルート(蓮池〜渋峠区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

4.夏にはワタスゲが咲き乱れる高原の湿原・田ノ原湿原

さらに標高を上げて進むと、標高1600m付近に田ノ原湿原が沿道に現れます。
夏には、白い綿毛のような種子を付けたワタスゲが美しく、季節折々の花々や木々の色づきも絵になる湿原です。

高山植物咲く湿原散策や信州の名峰展望ルート(蓮池〜渋峠区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

5.笠岳とアルプスの名峰を眺望。展望抜群スポットのぞき

標高2100m付近のぞきは代表する展望スポット。笠岳や北アルプスの名峰と、ダイナミックな風景が魅力です。写真は11月に降雪後の風景。四季折々様々な山の表情を眺望できます。

高山植物咲く湿原散策や信州の名峰展望ルート(蓮池〜渋峠区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

表情が刻々と変化する眺望

写真は、のぞき付近から北アルプスに沈む夕陽や夕焼けの眺望。天候により、眼下に雲海が広がる素晴らしい風景も。

ワイドな眺望と関東側を望む絶景(渋峠〜日本国道最高地点区間)

ワイドな眺望と関東側を望む絶景(渋峠〜日本国道最高地点区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

6.好天の日には眺望抜群の標高2307m横手山頂へ

好天の日には、横手山の登頂もお勧め。山頂からは、志賀草津高原道路、志賀高原や北アルプス、上州の山並み、運が良ければ富士山、佐渡島までも一望する眺望抜群のスポットです。
山頂へは、のぞきや渋峠よりリフト等で気軽に往復できます。

ワイドな眺望と関東側を望む絶景(渋峠〜日本国道最高地点区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

7.日本国道の最高地点は、関東側の眺望も最高!

県境の渋峠を越えると、標高2172mの日本国道最高地点。ここは関東平野も見渡す絶好の展望スポット。手前に草津白根山、眼下に草津温泉街等々の眺望と、更に空気の澄んだ日の早朝には、はるか遠く首都圏やスカイツリーまでも!

写真は朝焼けの草津白根山。ここは写真愛好家に人気の日の出撮影スポットでもあります。

ワイドな眺望と関東側を望む絶景(渋峠〜日本国道最高地点区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

日本国道最高地点からの芳ヶ平湿原の眺望

更に眼下に、広大な芳ヶ平湿原が広がります。上から見下ろす紅葉や新緑の湿原は、写真雑誌にも紹介されてる撮影スポットです。

ダイナミックな山岳道路の景観と春には雪の壁が圧巻(日本国道最高地点〜草津白根山区間)

ダイナミックな山岳道路の景観と春には雪の壁が圧巻(日本国道最高地点〜草津白根山区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

8.ダイナミックな山岳道路の景観が広がる山田峠

さらに進むと山田峠へ。ここは太平洋と日本海の分水嶺で、開放的な景色と横手山麓の志賀草津高原道路を見渡す、ダイナミックな風景が魅力です。

ダイナミックな山岳道路の景観と春には雪の壁が圧巻(日本国道最高地点〜草津白根山区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

春には圧巻の雪の壁の中を行くドライブルート

毎年4月下旬に志賀草津高原道路冬季閉鎖が解除され、全線通行可能となります。山田峠付近は両側に雪の壁が迫り人気の撮影スポットに。

ダイナミックな山岳道路の景観と春には雪の壁が圧巻(日本国道最高地点〜草津白根山区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

9.躍動する火山地帯。乳白色の水面が美しい草津白根山・湯釜

草津白根山は、山頂に湯釜と呼ばれる火口湖を擁する活火山で、乳白色やエメラルドグリーンの湖水面、荒々しい山肌と、別世界にいる様な景観が魅力です。展望台へは、駐車場から徒歩15〜20分となります。

※2018年10月17日現在、草津白根山の火山警戒レベル2の段階の為、湯釜展望台は閉鎖中です。また志賀草津高原道路に一部通行規制区間があります。詳細は、まとめ段落を参照下さい。

信州側とは表情を変える群馬県側。荒涼とした大地を行く(草津白根山〜草津温泉区間)

信州側とは表情を変える群馬県側。荒涼とした大地を行く(草津白根山〜草津温泉区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

10.つづら折りのルートと荒涼とした大地が続く草津白根山〜草津温泉間

信州と群馬県側では、大きく異なる景観もこのルートの魅力です。信州側は森林地帯を進みますが、群馬県側は岩肌むき出しの山々や低い草木の覆う景観に。
写真は、草津白根山麓を行くつづら折りの高原道路。前方に上州の山並みが広がります。

信州側とは表情を変える群馬県側。荒涼とした大地を行く(草津白根山〜草津温泉区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

岩山や火山ガスが噴き出だす風景も所々に

沿道に岩石が転がり、駐停車厳禁の硫黄ガスが噴き出すエリアも通過する、何とも荒々しい景観が、群馬県側に続きます。

信州側とは表情を変える群馬県側。荒涼とした大地を行く(草津白根山〜草津温泉区間)

写真:高橋 しゅう

地図を見る

草津温泉に来たら定番スポット湯畑に

志賀草津高原道路の群馬県側の終着点(起点)は草津温泉。全国から観光客が訪れる人気の観光地です。その代表的な風景は湯畑。定番の温泉風景も押させておきたい撮影スポットです。

絶景ルートへのお出かけ前にご確認下さい!

志賀草津高原道路は、四季折々美しい景色が広がり、季節を変えて何度も足を運んで頂きたい絶景ルート。ドライブやツーリングをしながら、絶景撮影に出掛けてみませんか。

なお、志賀草津高原道路には、冬季閉鎖区間と通行規制区間があります。
1.冬季閉鎖区間
11月下旬より4月下旬まで長野県陽坂から群馬県殺生河原間は、冬季閉鎖区間となります。
2.通行規制区間
万座三差路〜殺生河原間は、草津白根山の火山警戒レベル段階により通行止となる通行規制区間です。迂回路もありますので確認してお出かけ下さい。
※2018年10月17日現在、通行規制中です。冬季閉鎖及び通行情報は、観光協会ホームページなどで確認の上お出掛け下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -