家族で楽しめるリスボン旧万博会場!おすすめスポット

| ポルトガル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

家族で楽しめるリスボン旧万博会場!おすすめスポット

家族で楽しめるリスボン旧万博会場!おすすめスポット

更新日:2018/10/14 19:37

石井 一咲のプロフィール写真 石井 一咲 リスボン案内人

かつてバスコ・ダ・ガマのインド航路発見500周年を記念して開催された万博98跡地は、現在、旧万博記念公園として、地元リスボンっ子のみならず、子連れ観光客の絶好の憩いの場として大人気のスポットです。
空港からのアクセスも抜群!賑やかな市内中心部の喧騒を忘れて、ゆったりまったり、リスボンでの休日を楽しんでみませんか?

旧万博記念公園のランドマーク的存在、オリエンテ駅

旧万博記念公園のランドマーク的存在、オリエンテ駅

写真:石井 一咲

地図を見る

リスボン万博98に合わせて開業されたオリエンテ駅は、近代建築界の巨匠サンティアゴ・カラトラバによるもの。リスボン特有の真っ青な空に映える、白くて高いガラス張りの開放的な駅舎はヤシの木をイメージして作られ、リスボンの他の駅とは全く異なる近代的な建物です。
夜、ライトアップされた駅舎は、さらに美しいですよ。

国内中長距離列車やスペインへの寝台車の停車駅ともなるこのオリエンテ駅は、ポルトガルでは数少ないコインロッカーが設置されており、地下鉄やバスターミナルとも隣。またレンタカーやタクシー乗り場もあり、観光客のみならず市民の重要な交通の要所となっています。

ショッピングモールからの眺めは隠れ穴場スポット!

ショッピングモールからの眺めは隠れ穴場スポット!

写真:石井 一咲

万博開催に合わせて当時行われた大規模な開発事業により、このエリアは、リスボン市内中心部のレトロな街並みとは違い近代的な建物が多く建ち並びます。オリエンテ駅に着いたらまず隣接するバスコ・ダ・ガマ・ショッピングモールに行ってみましょう。

アパレルブランドから自然派コスメショップ、ポルトガルを代表する陶器ブランドやお土産調達に便利な大型スーパーなど、立地上、観光客向けな雰囲気が漂います。そして、なんといってもこのショッピングセンターの目玉は、上階にあるフードコートテラスからの眺めです。かつての万博を思い起こさせる世界各国の国旗がずらりと並ぶ広々とした公園内とテージョ川が一望できる隠れた穴場スポットとしてリスボンっ子に人気です。

幼児から大人まで楽しめる!約1キロの空中散歩

幼児から大人まで楽しめる!約1キロの空中散歩

写真:石井 一咲

地図を見る

旧万博記念公園の最大の楽しみといえば、360度パノラマを見渡せるゴンドラリフトでの空中散歩です。公園内でひときわ目立つ高さ145メートルのバスコ・ダ・ガマ・タワー横のリフト乗り場からチケットを購入していざ乗り込みます!

快適な乗り心地の車窓からは、ヨーロッパで最も長い橋として知られる全長17.2kmのバスコ・ダ・ガマ橋が一望でき、テージョ川沿いには600隻が係留できるマリーナが見渡せます。また、バスコ・ダ・ガマ橋を渡ると、対岸のalcochete地区にはアウトレットモールや、野生のフラミンゴなどの渡り鳥を見られる自然保護区があり、オリエンテ駅を拠点に日帰りできる穴場スポットはたくさんあります。

ヨーロッパ最大規模!世界中から注目を集めるリスボン水族館

ヨーロッパ最大規模!世界中から注目を集めるリスボン水族館

写真:石井 一咲

地図を見る

約5分のゴンドラリフトでの空中散歩を満喫した終着地は、リスボン水族館です。テージョ川の中にぽっかりと浮かぶこの水族館、万博開催年の開館以降、世界約180か国から2000万人を超える来場者を記録、週末ともなるとチケット売り場は長蛇の列となる賑わいぶりです。

それもそのはず、ヨーロッパ最大級と言われる巨大な水槽内では、あらゆる場所で様々な地形が再現されており、1階2階と色々な角度からそれぞれ違った魚たちを観察することができます。そしてその周辺を取り囲むように大小さまざまな水槽約30基には、北大西洋、太平洋、南極、インド洋の4つの生息地が再現されていて、本当に時間が経つのを忘れるくらい夢中になってしまいますよ。

また、子供たちに大人気のラッコやペンギンなどは、ちょっと手を伸ばせば触れるんじゃないかという位の至近距離で眺めることができます。

まるで住んでいる気分に浸れる癒し空間

まるで住んでいる気分に浸れる癒し空間

写真:石井 一咲

地図を見る

さて、水族館を満喫した後は、公園内を散策です。水族館からバスコ・ダ・ガマタワーまでの約1キロに及ぶ遊歩道には、カフェやレストランが連なり、目の前に広がるテージョ川を見ながらポルトガル料理を堪能するのは至福のひとときです。

そして公園内は、子連れファミリーでも楽しめるちょっとした水遊び場や噴水があったり、電動自転車のレンタル、まるでテージョ川の中を歩いているような気分に浸れる遊歩道など、特に週末はジョギングを楽しむ周辺住民やピクニックを楽しむ家族連れで賑やかになります。
マリーナではクルーズやセーリングツアーの発着場所となっていて、船上から見るリスボンの街並みもまた格別ですよ。

リスボン旧万博記念公園の基本情報

住所:Av. Dom Joao II, 1900-233 Lisboa(オリエンテ駅周辺)
営業時間:年中無休
アクセス:オリエンテ駅から徒歩1分

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -