透明度の高さが抜群!フィリピン・エルニドの綺麗な海3選

| フィリピン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

透明度の高さが抜群!フィリピン・エルニドの綺麗な海3選

透明度の高さが抜群!フィリピン・エルニドの綺麗な海3選

更新日:2018/11/10 15:02

いまづる めぐのプロフィール写真 いまづる めぐ 旅ブロガー

日本からセブ島やマニラへの直行便が増えたことで、フィリピンに遊びに行く人も増えている中、フィリピンの秘境「エルニド」もさらに注目を集めています。世界一綺麗な場所!とアメリカの有名雑誌で取り上げられ、称されるほど!エルニドのベストスポット教えちゃいます。

飛行機にプロペラが!これでエルニドまで!?

飛行機にプロペラが!これでエルニドまで!?

写真:いまづる めぐ

地図を見る

日本人の旅行先にも馴染みのでてきたセブ島から飛行機で1時間ほどの秘境「エルニド」。2016年、2017年にアメリカの大手旅行雑誌『Travel+Leisure』で世界一の島として選ばれました。セブ島からエルニドへはエアスイフトという航空会社で行くことができます。セブ島からエルニド空港に行く便はエアスイフトのみで、1日1便だけなんです。

飛行機にプロペラが!これでエルニドまで!?

写真:いまづる めぐ

地図を見る

中々、プロペラ付きの小型飛行機に乗ることはないですよね(笑)!入り口もとても小さく、身長が高い方は屈みながら入るので、飛行機の中が気になりますが、中はとても綺麗です。

飛行機にプロペラが!これでエルニドまで!?

写真:いまづる めぐ

地図を見る

ちなみにエルニド空港はとても小さく、外はジャングル、中はホテルのレセプションのような作りです。

様々な色を楽しめるビッグラグーン

様々な色を楽しめるビッグラグーン

写真:いまづる めぐ

地図を見る

船が出る港は、なんと船に乗る際は太ももあたりまで水に浸かりながら、船に乗り込みます。港もすでに綺麗な海ですが、5分走らせれば、透き通った海が顔を覗かせます。

様々な色を楽しめるビッグラグーン

写真:いまづる めぐ

地図を見る

はじめに紹介したいのが、ビッグラグーン。ラグーンという言葉はホテルの部屋名に使用されていたりするので、聞いたことはあると思いますが、実際にどんな場所かわかりますか?

日本語でいうと潟や潟湖と呼ばれるもので、海から隔てられた湖のような場所のことを指します。なので、海より浅いですが、普通の湖と違い塩湖の場合が多くあります。

<基本情報>
住所:Bayan ng El Nido
アクセス:港からフェリーで約30分

エルニドの象徴、スモールラグーン

エルニドの象徴、スモールラグーン

写真:いまづる めぐ

地図を見る

ビッグラグーンだけでなく、スモールラグーンもあり、エルニドの象徴とも言われる場所です。エルニドに行った人が必ず訪れる場所です。
入り口が狭く、船では向かうことができないため、船からカヤックに移りスモールラグーンに向かいます。カヤックは基本的に2人乗りもしくは4人乗りのものがあります。

エルニドの象徴、スモールラグーン

写真:いまづる めぐ

地図を見る

小さな入り口を越えると、そこは見たこともないエメラルドグリーンのラグーンが広がっています。もちろんこちらも透明度は抜群で肉眼で底まで見ることができます。アクティビティとしても楽しめ、景観としても楽しめます。

<基本情報>
住所:Bayan ng El Nido
アクセス:港からフェリーで約30分

シミズアイランドのシミズとは?

シミズアイランドのシミズとは?

写真:いまづる めぐ

地図を見る

透明度抜群のシミズアイランド。日本人にならシミズという名前に必ず反応しますよね。名前の由来は、昔スキューバダイビングの最中に残念ながら亡くなってしまった方の名前が清水さんという方だったことから、シミズアイランドと名前がつけられました。

シミズアイランドではシュノーケリングを楽しむことができます。自分で探すのも冒険的で楽しいですが、ベストスポットはガイドの方に聞きましょう。

海の中は透明度が高く、魚を見つけることは簡単にできますが、ガイドの人に、オススメのスポットを教えてもらえば一目瞭然、たくさんのカラフルな魚やニモとも言われているカクレクマノミがいたり感動すること間違いなし!

<基本情報>
住所:Bayan ng El Nido, Palawan
アクセス:港からフェリーで約30分

透明度の高い海を探しているなら絶対エルニド!

世界一の海をぜひみなさんの目で体験してみてください。思わず写真をいっぱい撮ってしまうこと間違いなし!加工いらずの水質に感動することでしょう。

多くのツアーがありますが、値段は基本的に一律で1200〜1400ペソで、ホテルでも現地の旅行会社でも申し込むことができるのでご心配なく!一生に一度は訪れたい、訪れるべき場所です。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/06−2018/10/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -