毎月25日限定!京都・北野天満宮「天神市」で掘り出し物をゲットせよ

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

毎月25日限定!京都・北野天満宮「天神市」で掘り出し物をゲットせよ

毎月25日限定!京都・北野天満宮「天神市」で掘り出し物をゲットせよ

更新日:2018/10/17 21:06

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター

修学旅行の定番観光地として知られている北野天満宮。一年を通して多くの観光客が訪れるこの神社で、特に活気に満ち溢れているのが、毎月25日に開催される「天神市」。境内を埋め尽くす多種多様な露店を目当てに、ぜひ月に一度のこの賑やかな縁日に出かけてみてください!

菅原道真にちなんだ天神市

菅原道真にちなんだ天神市

写真:島塚 渓

地図を見る

「天神さん」や「北野さん」とも呼ばれる北野天満宮は、全国に約1万2000社もある天満宮および天神社の総本社。学問の神様としてのお馴染みの「菅原道真(すがわらのみちざね)」を祀った神社で、みなさんのなかにも、学生のとき合格祈願に訪れた経験のある人も多いはず!

偉人のイメージが強い道真ですが、彼の人生はけっして明るいものではなく、最後は太宰府に左遷され不遇の死を遂げてしまいます。しかし、彼が漢文や和歌に秀でた学者であったため、今では学問を極めた人物として親しまれ、神様として崇められるようになったんです。

菅原道真にちなんだ天神市

写真:島塚 渓

地図を見る

その菅原道真の誕生日が6月25日、また亡くなった2月25日にちなんで、毎月25日に北野天満宮では「天神市」や「天神さんの日」と呼ばれる縁日が行われています。月によって異なりますが、天神市の日には約1000店舗もの屋台が境内に並び、お祭りのような賑わいをみせるんです。

天神市のときは境内の雰囲気も一変

天神市のときは境内の雰囲気も一変

写真:島塚 渓

地図を見る

高さ11.4メートルある一の鳥居から楼門に続く参道は、境内のなかで、もっとも盛り上がりを見せるエリア。ひしめき合うようにして露店が立ち並び、北野天満宮への参拝客も合わさって、毎回、かなりの混雑ぶりをみせます。また、近年では外国人の観光客も増加し、骨董や着物など日本の伝統的な商品を天神市で買う光景を見ることができます。

天神市のときは境内の雰囲気も一変

写真:島塚 渓

地図を見る

天神市が開催される時間は、天候や季節などによって多少前後しますが、おおよそ6時頃〜21時頃まで。日没後のライトアップされた幻想的な雰囲気のなかで行われる天神市も、普段とは違った趣でおススメ!また、掘り出し物を見つけたい人は、まだお客さんが少ない朝のうちに足を運んでみるのがいいですね。

様々な屋台を巡る楽しみがいっぱい

様々な屋台を巡る楽しみがいっぱい

写真:島塚 渓

地図を見る

1000店舗もの屋台が並ぶ天神市では、彫刻や骨董などの高額なものから、焼きそば・たこ焼きなどの食品類まで多種多様なお店が揃っています。なかでも、カバンや服、陶磁器といった手作りのお店が多いところも、天神市の特徴。小売店と違って、作家さん自らが手売りしているお店が多いので、直接作品への思いやこだわりポイントを聞けるもの嬉しい!何気ない日常にアクセントを与えてくれるような品々に出会える機会が、いっぱい待ち構えている縁日です!

様々な屋台を巡る楽しみがいっぱい

写真:島塚 渓

地図を見る

北野天満宮の東側の御前通(おんまえどおり)に面するエリアは、茶道具などのアンティークを中心に扱うお店が出店しています。いかにも価値がありそうな古めかしい品から、マニアな人にしか価値が見いだせないような珍しい一品まで、ひと口にアンティークと言っても、その中身は多種多様!はじめのうちはお店の人に話を聞きながら、自分のセンスと勘を頼りに、思い切って商品を選んでみるのも楽しいかもしれませんね。

北野天満宮「天神市」の基本情報

住所:京都市上京区馬喰町
開催日時:毎月25日6時頃〜21時頃まで
入場料:無料

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -