1度は歩きたい感動と絶景の尾根歩き!長野「南八ヶ岳縦走」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳は、夏沢峠を境にして北と南で対照的な山容を持ちます。特に南八ヶ岳には日本百名山として選定されている2,900m級の山々が連なる大稜線が存在します。一般登山者が夏場だけ入山できる南八ヶ岳縦走は、絶景の雲海やそびえたつ峰々に感動するのは必至。今回は赤岳鉱泉から南八ヶ岳主要稜線縦走ルートを経由し行者小屋までを紹介!今年の夏は八ヶ岳縦走にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

南八ヶ岳縦走は美濃戸からスタートし、ベースの山小屋まで

南八ヶ岳縦走は美濃戸からスタートし、ベースの山小屋まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳はかつて3,400mほどの標高があったとされ、古代の噴火により標高2,000m以上の峰が10以上,約21kmにわたって連なっています。

現在は夏沢峠を境に北八ヶ岳、南八ヶ岳と分類していますが、穏やかな山容の北八ヶ岳に比べ、南八ヶ岳は日本アルプスにも引けを取らない急峻で雄大な山脈が魅力。この南八ヶ岳の魅力を存分に体験できるのが南八ヶ岳縦走です。

南八ヶ岳縦走の拠点となるのが、JR茅野駅からバスで行く美濃戸口で、マイカーならさらに奥の美濃戸まで乗り入れる※ことができます。美濃戸口から美濃戸まで徒歩で1時間3km。
※美濃戸山荘に駐車場があります。

南八ヶ岳縦走は美濃戸からスタートし、ベースの山小屋まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

美濃戸から沢ごとに登山ルートが南北に用意されています。今回は北沢ルートで行く縦走ルートを紹介。整備状態も良く初心者でも歩きやすいルートです。全行程は24.8km、累計標高登り1,965m、下り1,939mになります。

八ヶ岳は高山帯の植物が豊富なことでも有名。圧倒的に美しい森が八ヶ岳中腹部の魅力です。

南八ヶ岳縦走は美濃戸からスタートし、ベースの山小屋まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

北沢ルートでベースキャンプとなるのが赤岳鉱泉。お風呂に入れる八ヶ岳でも数少ない山小屋で、テント場もあります。眼前には八ヶ岳最高峰の「赤岳(あかだけ)2,899.4m」がそびえています。

縦走にはひとまずここで一泊するのがおすすめ!翌早朝にここを出発し南八ヶ岳縦走を始めます。美濃戸口から美濃戸を経て北沢ルートで赤岳鉱泉までは、3時間、6.7km、標高差770m。

赤岳鉱泉から時計回りで硫黄岳山頂まで

赤岳鉱泉から時計回りで硫黄岳山頂まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

南八ヶ岳縦走は時計回りと反時計回りがあり、一番の難関は最高峰の赤岳山頂と行者小屋まで550mの標高差がある文三郎尾根!今回は時計回りで、硫黄岳(いおうだけ)2,760m、横岳(よこだけ)2,829m、そして最高峰の赤岳を経由し、最後に文三郎尾根を下り行者小屋を経由して赤岳鉱泉に戻るルートを紹介!

赤岳鉱泉から時計回りで硫黄岳山頂まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

翌朝、赤岳鉱泉を後に樹林帯を抜け稜線へ出ると赤岩の頭2,656m。森林限界を超えるため、周囲に何もない大展望が現れます。前方に見えるのが硫黄岳で、太古の火口跡を眺めることもできます。

赤岳鉱泉から時計回りで硫黄岳山頂まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

硫黄岳までは景色の良い稜線歩き!縦走は長いので、あまり多く休憩を取らずに足を進めます。

雲の上を行く稜線歩きで硫黄岳から横岳へ

雲の上を行く稜線歩きで硫黄岳から横岳へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

硫黄岳直下には大きな岩が鎮座する箇所があります。この岩は越えずに右側を巻いて通過します。硫黄岳山頂は広く遮るものがありませんので、風で体温を下げ過ぎないように気を付けて横岳を目指します。赤岳鉱泉から硫黄岳山頂まで2時間10分、2.1km。

雲の上を行く稜線歩きで硫黄岳から横岳へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

南八ヶ岳の長い稜線が目に入るすがすがしいルート。南八ヶ岳縦走の本番はまさにこの辺りから!

雲の上を行く稜線歩きで硫黄岳から横岳へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

振り返ると今まで歩いてきたルートが一目で確認できます。足元の石が大きめになってくるのもこの辺りから。景色に気を取られず足元に注意を払います。

雲海を横目に険しさが増す横岳を経て最高峰の赤岳へ

雲海を横目に険しさが増す横岳を経て最高峰の赤岳へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

横岳まではあと少しですが、最高峰の赤岳までは登りが続きます。

雲海を横目に険しさが増す横岳を経て最高峰の赤岳へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

痩せ尾根を鎖で通過するカニの横ばいも現れます。急峻に落ち込む崖に注意しながら慎重に進みます。これまでとは格段にルートの難易度が増してきますが、目と鼻の先が横岳山頂です。

赤岳山頂直下は今回の登りで最難関の個所!勾配もきつくなり鎖場も登場します。ザレた石※の上を行くので落石に注意するとともに、自らも石を落とさない注意が必要です。赤岳山頂までを目指すなら、ヘルメットの装着もおすすめです。
※小さめの崩れやすい石

雲海を横目に険しさが増す横岳を経て最高峰の赤岳へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

赤岳山頂からの景色は、たとえようのない美しさ!雲と山肌と青い空のコントラストは、ここまでたどり着いた達成感を助長させてくれます。長く続く稜線を観れば、誰しも南八ヶ岳の大きさを納得するでしょう。硫黄岳から横岳を経由して赤岳まで、2時間40分、3.6km。

最後の難関、「文三郎尾根」で行者小屋を経て赤岳鉱泉まで

最後の難関、「文三郎尾根」で行者小屋を経て赤岳鉱泉まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

赤岳山頂から行者小屋までの文三郎尾根は急峻で、滑落事故も起こっている場所!鎖が随所に設置されているものの、高度感もあるルート。下山に自信がないなら、山頂直下の赤岳頂上山荘、さらに横岳側に進めば赤岳天望荘があるので、一泊して折り返すのも得策です。

文三郎尾根の詳細は関連MEMOの「絨毯みたいな雲海!あこがれの八ヶ岳最高峰「赤岳」登山」を参照ください。

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは、南八ヶ岳縦走の様子を1分の動画に収めてあります。

最後の難関、「文三郎尾根」で行者小屋を経て赤岳鉱泉まで

写真:佐久田 隆司

地図を見る

行者小屋から赤岳鉱泉までの、40分、1.2kmのルートは割と穏やか!行者小屋で宿泊する場合は、南沢ルートを使い美濃戸口まで2時間30分、6.7kmですが、北沢ルートに比べ本格的な登山道になります。

行者小屋、赤岳鉱泉からは夕暮れ時に赤岳が赤く染まる絶景も眺められます。刻一刻と移り変わる夕日の色は山旅ならではの感慨があります。

南八ヶ岳縦走は、夏季に関してはチャレンジしやすいルート!1度は歩きたい雲上と感動と絶景が待っています。天候とスキルを考え十分な計画を立てたうえ、ぜひあなたもその目で確かめてみてはいかがでしょう。

南八ヶ岳の基本情報

住所:長野県茅野市豊平(赤岳鉱泉)
電話番号:090-4824-9986
アクセス:JR茅野駅からバスで美濃戸口下車。車の場合、美濃戸まで乗り入れ可能

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/08−2018/10/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -