台北と九フンを1日で!両方楽しむ初心者向けモデルコース

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台北と九フンを1日で!両方楽しむ初心者向けモデルコース

台北と九フンを1日で!両方楽しむ初心者向けモデルコース

更新日:2018/10/26 13:52

赤木 リンのプロフィール写真 赤木 リン

初めての台湾旅行では、台北と九フンを観光したいと考える方が多いのではないでしょうか?台湾旅行は2泊3日の行程が一般的ですが、1日目と3日目は移動が入るので2日目をどう過ごすかが旅行のカギになります。台北の定番観光地を観光して九フンも行きたい、定番グルメも夜市も楽しみたい!

……そんな台湾初心者の方のために、中1日をたっぷり楽しめるモデルコースをご紹介いたします。

※九フンのフンはにんべんに分

朝ごはんを食べて龍山寺へ

朝ごはんを食べて龍山寺へ

写真:赤木 リン

1日の始まりは朝ごはんから。台湾に来たら朝ごはん屋さんは外せません!外食費が安い台湾では朝食を外で食べる人が多いため、街のあちこちに朝ごはん屋さんがあります。

人気店は混雑するので、6時頃には到着しておきたいところ。豆漿(豆乳)、焼餅(焼いたパン)、蛋餅(台湾風クレープ)……、どれもおいしそうであれこれ食べたくなりますが、今日は他にもたくさん食べるものがあるので抑えめに。

朝ごはんを食べて龍山寺へ

写真:赤木 リン

地図を見る

台湾観光では寺院に行きたい!という方も多いのではないでしょうか。台北屈指の有名寺院、龍山寺は台北駅からMRT(地下鉄)でアクセスしやすいのでおすすめ。縁結びや仕事運アップなど、様々なご利益が期待できる点も魅力的です。

龍山寺というと占いで有名ですが、今回は時間の都合上パス。お参りメインにしましょう。参拝方法が少し複雑なので、旅行前にしっかり予習を。日本語が少しだけ話せるガイドの方がいらっしゃるので、参拝方法に迷ったら声をかけてみましょう。

<基本情報>
住所:台北市広州街211号
アクセス:MRT龍山寺駅1番出口からすぐ

朝ごはんを食べて龍山寺へ

写真:赤木 リン

地図を見る

参拝が終わったら、街を散策しながら台北の原宿こと西門町へ。まっすぐ向かえば徒歩で15〜20分くらいの距離になります。

途中にある「剥皮寮歴史街区」に立ち寄るのもおすすめ。古い街並みを残した観光スポットで、中には資料館もあります。レトロな建物が並ぶ風景やかわいい壁画がSNS映えすると話題。開館直後だと観光客も少ないので、思う存分写真が撮れますよ。

<基本情報>
住所:台北市広州街101号
アクセス:龍山寺から徒歩約5分

西門町から中正紀念堂へ

西門町から中正紀念堂へ

写真:赤木 リン

地図を見る

有名ブランド店やかわいいショップなどが並び、歩いているだけでも楽しい西門町。1908年に建てられた西門紅楼はこの街のシンボル的な存在で、中には新進気鋭のデザイナーのショップやカフェなどが入っています。

お土産も買いたいところですが、このあと荷物になってしまうので買い過ぎに注意。

西門町から中正紀念堂へ

写真:赤木 リン

地図を見る

西門町で外せないグルメといえば阿宗麺線。いつも行列が絶えないお店ですが、回転は早いので心配無用です。座る場所はないので、店先のスペースで邪魔にならないようにいただきましょう。魚のお出汁がしっかり効いたとろみのあるスープが、素麺にからまって絶品!ぷりぷりしたホルモンもよいアクセントになっています。

<基本情報>
住所:台北市峨眉街8-1号
アクセス:MRT西門駅から徒歩約3分

西門町から中正紀念堂へ

写真:赤木 リン

地図を見る

麺線で小腹を満たした後は、西門町から中正紀念堂へ向かいましょう。MRTで5分ほどで、最寄りの中正紀念堂駅に到着です。

台湾の定番観光地としておなじみの中正紀念堂は、中華民国の初代総統である蒋介石の功績を記念して建てられたもの。とにかくスケールの大きな建物は、台北観光でぜひ見ておきたい観光スポットです。そしてここでのお目当ては衛兵交代式。1時間に1回しか行われないので、西門町を出る時間に注意しましょう。ギリギリに到着すると列の後ろになってしまうので余裕をもって移動を。

<基本情報>
住所:台北市中山南路21号
アクセス:MRT中正記念堂駅からすぐ

お昼ごはんを済ませて九フンへ

お昼ごはんを済ませて九フンへ

写真:赤木 リン

地図を見る

この辺りでそろそろお昼ですが、九フンへの移動も考えないといけない時刻。

台北から九フンまでの移動手段はタクシー、バス、電車+バスの3通りがあります。早朝から観光して疲れてくる頃なので、ゆっくり休めるバスがおすすめ。金額が一番安く、乗り換えの必要もありません。

九フン行きのバスは忠孝復興駅近くのバス停から乗車します。駅前のSOGO台北復興館には小籠包の有名店「點水樓」が入っているので、ついでにここでランチをいただいてから向かいましょう。台湾の小籠包と言えば鼎泰豊が有名ですが、點水樓はミシュランガイド台北で5つ星として掲載されたお店です。HPから予約できるのも、時間がない観光客に便利ですね。

<基本情報>
住所:台北市忠孝東路三段300号11
アクセス:MRT忠孝復興駅からすぐ

お昼ごはんを済ませて九フンへ

写真:赤木 リン

地図を見る

お腹がいっぱいになったらバス停へ。バスは10分に1本くらい出ていて、混雑状況にもよりますが九フンまではおよそ1時間30分くらいかかります。バス停付近で声をかけてくるのは、タクシーの客引きです。人数が揃っていれば料金も割れますし、バスより早く着くので時間がない場合は活用を。

さて、バスが九フンに到着したら、セブンイレブンの右側の通りからさっそく散策です!この細い道にたくさんのお店が並びます。お買い物と食べ歩きを楽しみましょう。

九フンをのんびり観光

九フンをのんびり観光

写真:赤木 リン

人気観光地の九フンはどこを歩いても大混雑。有名な茶芸館「阿妹茶樓」のある通りは、特に人が多くて歩くのも一苦労です。

混雑に疲れたら、茶芸館でのんびりするのはいかがでしょうか。阿妹茶樓をはじめ九フンにはいくつか茶芸館がありますが、事前予約できるお店を探すかオプショナルツアーで予約していくのがおすすめです。予約なしでも入店できますが、眺めの良いテラス席は事前予約している人が優先になることが多いお店も……。

九フンをのんびり観光

写真:赤木 リン

たくさん歩き回ったので、伝統的な台湾茶とお菓子をいただきながらゆっくりしましょう。九フンは高台にあるので、天気が良ければテラスから海を眺めることができます。

九フンが一番混みあうのは夕暮れ〜夜にかけて。辺りが暗くなり始めると提灯に明かりが灯り、幻想的な風景が広がります。暗くなる少し前に茶芸館に入店し、暗くなるまでをテラスで過ごせば、混雑知らずで夜景を楽しむことができますよ。

九フンをのんびり観光

写真:赤木 リン

地図を見る

いつまでも幻想的な風景を楽しんでいたいところですが、そろそろ台北に戻る時間。

帰りもバスが便利なのですが、夜景を楽しんでから帰る人が押し寄せるため、暗くなると台北行きのバスは混雑します。高速道路を走ることから立ち乗りができないので、満車になると乗車できず何本か見送らないといけないことも。

そこでおすすめは、九フンからバスで20分ほどの瑞芳駅へ向かい、そこから電車(台鉄)に乗る方法。乗車できるバス路線も増えて、何より鉄道は渋滞に関係ないので時間に無駄がありません。

夜市〜足つぼマッサージで締めくくり

夜市〜足つぼマッサージで締めくくり

写真:赤木 リン

地図を見る

乗車する電車によりますが、瑞芳駅から台北駅までは30〜40分ほど。

そろそろお腹が空いてくる時間なので、台湾名物の夜市へ向かいましょう。台北駅に着いてからお目当ての夜市までMRTなどで移動しても良いですが、時間が遅い時は途中の松山駅で下車して饒河街夜市に向かうと楽ちん。士林夜市と並ぶ有名夜市で、台北で一番古い夜市として観光客の人気を集めています。

夜市〜足つぼマッサージで締めくくり

写真:赤木 リン

地図を見る

饒河街夜市は、屋台を挟んで左右に通路があります。一本道なので初心者でも迷う心配がなく、右側通行のため逆流する人とぶつかることもなく快適に散策できます。

魯肉飯やかき氷などのグルメ&スイーツから、衣料品や雑貨まで様々なお店が並び、射的などのレクリエーション系のお店も。

一番のおすすめは胡椒餅!入口すぐの行列が目印です。行列のお陰でいつも焼き立てアツアツ、回転は速いのでぜひ並んで食べて下さいね。

<基本情報>
アクセス:台鉄・MRT松山駅から徒歩約3分

夜市〜足つぼマッサージで締めくくり

写真:赤木 リン

旅の最後のシメは、台湾名物足つぼマッサージ。1日たっぷり歩いてむくんだ足をスッキリさせましょう!夜市の近くのお店でもいいのですが、食後すぐの足つぼマッサージはおすすめできません。宿泊先近くまで戻って周辺のお店でマッサージを受ければ、あとは帰ってシャワーを浴びて寝るだけです!

中1日を充実させて台北旅行を満喫しよう

台北の主要観光スポットと九フンを満喫するモデルコースをご紹介しました。九フンは2〜3時間あれば満喫できるので、台北の観光スポットとあわせて楽しむことは十分可能です。今回ご紹介したコースだとやや午前中がハードですが、九フンまでの移動と茶芸館でのんびり過ごすことで夜まで元気に楽しめることでしょう。スイーツが少なめですが、西門町のおしゃれカフェや九フン名物の芋圓など、スイーツチャンスは至るところにあります。

疲れたらドリンクスタンドに寄ってタピオカミルクティーでパワーチャージしながら、貴重な中1日を目いっぱい楽しんでくださいね。

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/12−2018/10/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -