全国屈指の木蠟資料館 愛媛県内子町「上芳我邸」で豪商の暮らしぶりを感じる

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

全国屈指の木蠟資料館 愛媛県内子町「上芳我邸」で豪商の暮らしぶりを感じる

全国屈指の木蠟資料館 愛媛県内子町「上芳我邸」で豪商の暮らしぶりを感じる

更新日:2018/12/13 10:21

肥後 球磨門のプロフィール写真 肥後 球磨門

愛媛県内子町は、江戸時代から明治時代にかけて木蝋の一大生産拠点でした。木蝋で財を成した豪商が邸宅を構えていたのが内子町の観光スポット八日市護国地区です。この地区に建つ豪壮な造りの邸宅と、重要有形民俗文化財に指定されている数多くの木蝋品が見られる「木蝋資料館 上芳我邸」を紹介します。

重厚な日本建築の上芳我家母屋で豪商の勢威を感じる

重厚な日本建築の上芳我家母屋で豪商の勢威を感じる

写真:肥後 球磨門

地図を見る

内子町の観光スポットになっている八日市護国地区は江戸時代から明治時代にかけて木蝋生産の拠点でした。木蝋の国内シェア70%を占めていたこともあり、多くの商人が一代で巨大な富を築いたといわれています。そのひとつが上芳我家(かみはがけ)です。主屋は格子窓を並べた大壁造りで、屋根は切妻造りの桟瓦葺。1階は黒い木製の出格子窓ですが、2階は白漆喰による塗籠格子(ぬりごめごうし)となまこ壁で構成されており、シンプルながらも重厚感があり、均整が取れた美しい外観をもつ建物です。

重厚な日本建築の上芳我家母屋で豪商の勢威を感じる

写真:肥後 球磨門

地図を見る

上芳我家は本芳我家の分家ですが、本家同様に鬼瓦の上に帆掛舟をかたどった鳥衾(とりぶすま)が載っています。波に見立てた瓦と鳥衾から豪商の遊び心を感じます。

重厚な日本建築の上芳我家母屋で豪商の勢威を感じる

写真:肥後 球磨門

地図を見る

室内で目を引く大きな大黒柱。入口を入ると広い土間があり、大黒柱はその真ん中にどっしりと立っています。三階の物置まで貫く豪胆な造りに日本建築の粋を感じます。

豪商の暮らしぶりが直に分かる屋敷内部

豪商の暮らしぶりが直に分かる屋敷内部

写真:肥後 球磨門

地図を見る

およそ1300坪の敷地内には帳場があった店舗や格式高い客座敷などが配置された主屋だけでなく、炊事場や仕舞部屋などの10棟が配されていて、桁違いの暮らしぶりを感じることができます
これらは平成2年に地場産業と豪商の住宅の関わりを示す点で貴重な遺構であると評価され、国の重要文化財に指定されました。

豪商の暮らしぶりが直に分かる屋敷内部

写真:肥後 球磨門

地図を見る

中庭を囲むように、主屋、炊事場、仕舞部屋及び便所・産部屋、離れ座敷、風呂場棟が配置された豪商の屋敷の代表的な間取りを見ることができます。
炊事場の広さだけで30坪というのには驚かされます。ここで家族だけでなく使用人や木蝋職人なども含めた大勢の食事を作り、一軒の豪商を支えていたことが伺えます。

豪商の暮らしぶりが直に分かる屋敷内部

写真:肥後 球磨門

地図を見る

主屋の二階に上がると、天井板がなく工事が途中で止まっています。当主が病気になったため工事を取りやめたといわれていますが、残っている図面から座敷が6部屋造られる予定だったことが分かっています。当主の趣味がそこここに生かされた豪華な部屋が完成しなかったのは少々残念な気もしますが、太い梁や木目の美しい床板だけからも当主のこだわりが伝わってきます。

木蝋について知る国内最大規模の「木蝋資料館」

木蝋について知る国内最大規模の「木蝋資料館」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

上芳我邸の母屋を抜けると木蝋資料館があります。この資料館は収蔵庫を改修したもので館内には木蝋製品や製蝋用具、木蝋生産工程の模型などが展示されています。「内子及び周辺地域の製蝋用具」として重要有形民俗文化財に指定された1444点のうちの一部を見ることができます。

木蝋について知る国内最大規模の「木蝋資料館」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

館内に入ると木蝋製造の過程を分かりやすく紹介したビデオが鑑賞できます。さらに12分の1に縮尺した、木蝋の原料となる櫨(はぜ)の収穫から生蝋(きろう)作り、生蝋から白蝋への加工、そして出荷までの7つの工程を表した模型で木蝋作りを詳しく学ぶことができます。

木蝋について知る国内最大規模の「木蝋資料館」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

櫨を原料とする蝋が、石油から作られるパラフィンに取って代わると木蝋作りは衰退してしまいましたが、かつてはクレヨンや口紅などの原料としても活躍していました。資料館ではそんな貴重な製品も展示されているのでお見逃しなく。

内子の町並み散策途中に立ち寄りたい「カフェ くら」

内子の町並み散策途中に立ち寄りたい「カフェ くら」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

上芳我邸は母屋や木蝋資料館の有料施設があるゾーンと母屋から中庭を挟んである釜場、出店蔵、物置、土蔵が建つ無料ゾーンがあります。その無料ゾーンの土蔵の中にあるのが「カフェ くら」です。

内子の町並み散策途中に立ち寄りたい「カフェ くら」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

土蔵内部は、カフェスペースと展示スペースに分かれています。厚い漆喰に囲われた店内はほっと一息つくのに最適な落ち着ける場所です。

内子の町並み散策途中に立ち寄りたい「カフェ くら」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

内子町内を散策して一息つくなら「じゃばらソーダ」はいかがでしょうか。「じゃばら」とは柚子やカボス、スダチように酸味が強く独特の香りを持った香酸柑橘の一種で、内子産のじゃばらを使ったサイダーはスッキリ爽やかな味わいでおススメです。

内子町の木蝋生産は石油製品の大量生産によって衰退しましたが、木蝋で財を築いた豪商の建てた建物は、今も歴史と風格を漂わせて残っています。木蝋の歴史と豪商の生活に触れる愛媛県内子町に訪れてみてはいかがでしょうか。

木蝋資料館 上芳我邸の基本情報

住所:愛媛県喜多郡内子町内子2696
電話番号:0893-44-2771
アクセス:松山自動車道 内子五十崎ICから約5分の内子町並駐車場から徒歩3分

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -