岐阜県南東部・東濃のカツ丼はご当地色が濃い!

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岐阜県南東部・東濃のカツ丼はご当地色が濃い!

岐阜県南東部・東濃のカツ丼はご当地色が濃い!

更新日:2019/02/13 07:48

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

カツ丼と言えば「トンカツをダシのきいた卵でとじた丼」が全国区ですが、岐阜県の南東部の東濃では様々なカツ丼が全国区のカツ丼より市民権を得ています。
宿場町として栄えた中津川市では「しょうゆかつ丼」、化石や美濃焼で知られる瑞浪市ではあんがたっぷりかかった「あんかけカツ丼」が、アウトレットで有名な土岐市では「てりかつ丼」など、それぞれ特徴のあるカツ丼があります。
東濃へ当地カツ丼を目指してみませんか?

中津川の誇る「しょうゆかつ丼」

中津川の誇る「しょうゆかつ丼」

写真:しの

地図を見る

江戸時代に中山道の宿場町として栄え、今なおその風情が残る中津川市。宿場町を散策したり、地元で演じられる歌舞伎「地歌舞伎」を鑑賞したりと歴史にいそしむのもよし、秋には全国に誇る栗きんとんを求めるのもよしです。
そんな中津川市の新名物が「しょうゆかつ丼」です。

中津川の誇る「しょうゆかつ丼」

写真:しの

地図を見る

「しょうゆかつ丼」発祥のお店と言われているのが「五万石」です。民芸調のお店の作るかつ丼はかつお、さば節を使用しただしと醤油の黄金の組み合わせでできたタレがサクサクのトンカツの上にかかって、飴色に輝いています。しょうゆをかけただけではもちろんなく、うまみのつまったダシと醤油の塩梅が絶妙なタレなので、あっさりなのに奥深いカツ丼です。

<基本情報>
住所: 岐阜県中津川市落合沖田706-8
電話番号:0573-69-3501
休業日:水曜日
アクセス:中津川インターよりR19木曽方面へ約10分、至中津川温泉(馬籠宿)落合沖田交差点右折すぐ

中津川の誇る「しょうゆかつ丼」

写真:しの

地図を見る

「しょうゆカツ丼」も魅力だけど、地元の特産物も食べたいという欲張りな方におすすめなのが、一軒家風に道沿いにあるアットホームな佇まいのお店「たつ家」です。ランチタイムには副菜バイキングやご飯、お味噌汁がお替りできるので地元の方で大人気のお店。
全国的にも珍しい地元の特産物であるチコリが天ぷらにしてトッピングされています。その他卵焼きなど具が多くて栄養のバランスがいいのがうれしい丼です。
それらの具に醤油のあっさりしたあんがかかっていて非常に食べやすく万人に受ける味わいです。

<基本情報>
住所: 岐阜県中津川市落合58-1
電話番号:0573-67-9229
休業日:木曜日
アクセス:中津川駅から車で5分。中津川駅駅より農飛バスで10分落合与坂下車。

昭和初期より続く瑞浪市のカツ丼は「あんかけカツ丼」

昭和初期より続く瑞浪市のカツ丼は「あんかけカツ丼」

写真:しの

地図を見る

瑞浪駅前で立ち寄りやすい加登屋食堂。実は1937年創業という老舗です。卵が貴重だった当時よりあるメニューなので、新名物ではなく地元に定着したソウルフードと言えます。

昭和初期より続く瑞浪市のカツ丼は「あんかけカツ丼」

写真:しの

地図を見る

一般的なカツ丼は卵がふんわりカツにかかっていますが、「あんかけかつ丼」は名の通りとろっとろのあんの中にとろ〜りと卵がたっぷり存在しています。これが揚げたてのカツの上にこれでもかとかかっています。

<基本情報>
住所: 岐阜県瑞浪市寺河戸町1144-6
電話番号:0572-68-6121
休業日:木曜日
アクセス:JR中央線瑞浪駅徒歩1分

昭和初期より続く瑞浪市のカツ丼は「あんかけカツ丼」

写真:しの

地図を見る

せっかく瑞浪市に足を運んだのであれば、もう一つ「あんかけかつ丼」を食べたいという方におすすめなのが「ありが食堂」。
昭和風情が残る昔ながらの地元の食堂が提供する「あんかけかつ丼」はダシはしっかりで甘めのあんがたっぷり玉子とサクサクカツにからむ味です。

<基本情報>
住所: 岐阜県瑞浪市高月町2丁目1
電話番号:0572-68-5604
休業日:木曜日
アクセス:JR瑞浪駅より徒歩10分

土岐市のカツ丼は酸味と甘みのバランスが絶妙な「てりかつ丼」

土岐市のカツ丼は酸味と甘みのバランスが絶妙な「てりかつ丼」

写真:しの

地図を見る

てりかつ丼の元祖が「ちちや」です。
かつ丼は「てり」と「とじ」から選べますが、地元ならではなのは「てりかつ丼」です。
赤みがかったソースはケチャップの甘味、酸味にソースとデミグラスソースのコクを足して3で割ったものに隠し味をプラスしたような不思議複雑でかつ懐かしい味です。そしてほんのりとした酸味と甘みのあるこのソースはご飯との相性もバッチリ。

さっくり揚がったカツの下にシャキッとした歯ごたえの千切りキャベツがアクセントになります。見た目よりあっさりしているにもかかわらずクセになる味です。

<基本情報>
住所: 岐阜県土岐市泉町久尻32-11
電話番号:0572-55-3214
休業日:月曜日
アクセス:JR中央本線土岐市駅より徒歩4分

土岐市のカツ丼は酸味と甘みのバランスが絶妙な「てりかつ丼」

写真:しの

地図を見る

「味乃屋」も「てりかつ丼」が味わえるお店の一つです。
特徴はソースがたっぷりかかっていること。ソースは酸味が少し強めで、味がしっかりめなのでソースだけでご飯がたくさんすすむ病みつきになるかつ丼です。

<基本情報>
住所:岐阜県土岐市土岐口北町1-35
電話番号:0572-54-6383
休業日:水曜日
アクセス:土岐市駅より徒歩15分

最後に・・・

ご紹介させて頂いたカツ丼はいずれもおすすめの地元グルメ。
是非直接足を運んで食べ比べてみて下さいね。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/20−2018/10/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -