LAから電車で1本!ロングビーチのオススメ散策コース

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

LAから電車で1本!ロングビーチのオススメ散策コース

LAから電車で1本!ロングビーチのオススメ散策コース

更新日:2018/11/26 16:05

キヨコ パーマーのプロフィール写真 キヨコ パーマー トラベルコンサルタント、 トラベルブロガー

カリフォルニア州ロングビーチは、ロサンゼルスのダウンタウンから電車で1時間のビーチタウンです。歴史ある街という事は意外と知られておらず、古くから若者文化の発祥の地でもありました。人で賑わうサンタモニカやベニスビーチとは違い、ちょっとした侘しさまで感じるロングビーチの街。

気軽に楽しめる、路線バスを使った散策コースをご紹介します。いつもの観光とは一味違う、素朴なカリフォルニアを探しに行きましょう!

LAダウンタウンからブルーラインに乗って

LAダウンタウンからブルーラインに乗って

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

ロサンゼルスは広い!車社会!観光には車やタクシーが必須なのでは?と思いがちですが、「メトロ(Metro)」という電車やバスを駆使すれば、意外と簡単に行きたい場所にたどり着けます。メトロと言っても地下鉄ではなく、交通システムの呼び名で、電車(一部地下鉄)とバスがあります。

まずは、ダウンタウンにある、7th St/Metro Center駅から、ブルーラインに乗ります。乗車賃は、片道1.75ドル。「タップ(TAP)」という、チャージ式のカードを券売機で購入します。カード代2ドルが追加されるので、合計3.75ドルを払って、無事にTAPカードを入手したら、ピッ、とタップしてから乗車します。

ロングビーチの路線バスにも使えるので、いくらかチャージしておきましょう。7ドルの1日券もありますよ。

ブルーラインの終点が、Downtown Long Beach駅です。駅は路面電車のように道路の真ん中にあるので、走ってくる車に注意して道路を渡りましょう。

LAダウンタウンからブルーラインに乗って

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

TAPカードで乗車するバスの他に、ロングビーチには「パスポート(PASSPORT)」という、ダウンタウンとロングビーチのシンボルである「クイーンメアリー号(Queen Mary)」を結ぶ、無料の循環バスも走っているので、必要に応じて活用してみてください。

レトロな雰囲気が残る街を散策してみよう!

レトロな雰囲気が残る街を散策してみよう!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

ロングビーチは、もともとネイティブアメリカンの部族が住む土地でしたが、1784年に、初の入植者がこの地を訪れました。その後、アメリカ東部からの入植者が増え、1888年には正式に市として、長く続くそのビーチにちなんで「ロングビーチ(Long Beach )」と名付けられました。

ビーチリゾートとしても人気を呼び、活気に溢れた街へと成長を遂げ、1921年には、石油が見つかったことで、街は更になる発展を遂げたのでした。

1933年に起こった大地震によって街は壊滅的な打撃を受け、多数の死傷者を出しましたが、この地震をきっかけに、街の建物は現在のアール・デコ調に再建築されました。

レトロな雰囲気が残る街を散策してみよう!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

ベイエリアにあるアウトレットや水族館へ行くのなら、Downtown Long Beach駅が便利ですが、1つ手前の1st Street Station駅を下車して、すぐに左手のEast First Streetから歩き出しましょう。

何の変哲も無い道を少し歩くと、Elm Avenueを越えたあたりから、ちょっとしたインテリアショップやカフェがあるので、覗いてみてください。

ほんの数分でLinden Avenueにぶつかるので、左折してEast Broadwayまで歩きましょう。この通りには、アール・デコ調の建物や、古めかしい、昔ホテルだった建物が残っています。

レトロな雰囲気が残る街を散策してみよう!

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

East Broadwayまで来たら、右手に進むと、スターバックスや地元民御用達のスーパーがあります。スーパーには、アメリカならではのスイーツやパン、大ぶりの野菜やフルーツなど、見ていて楽しい品々が揃っています。

左手に進めば、1st Street Station駅方面に戻ります。駅がある通りの、Long Beach Boulevardを越えて、そのまま歩き続ければ、Pine Avenueという、レストランやバーが並ぶ、目抜き通りにぶつかります。

個性的なショップが並ぶ「フォースストリート レトロ ロー」

個性的なショップが並ぶ「フォースストリート レトロ ロー」

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

Pine Avenue を海に向かって歩くと、途中、Downtown Long Beach駅があるので、ここから再びブルーラインに乗ってロサンゼルスへ帰る事ができます。

もう少しロングビーチを探検してみたいという人は、「フォースストリート レトロ ロー(4th ST. Retro Row)」という、古着屋やインテリアショップが並ぶ通りへバスで行ってみましょう!TAPカードを使ってもよし、乗車賃は1.25ドルです。

駅の斜め向かいにある、ルネッサンスホテル 側へEast First Streetを渡ります。そのまま通りを東へ向かって数分歩くと、East First StreetとLong Beach Boulevardがぶつかる辺りにバス停があるので、21番か22番のバスでCherry Avenueを目指します。

個性的なショップが並ぶ「フォースストリート レトロ ロー」

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

4th StとCherry Avenue の交差点辺りで下車してみましょう。ここまでは、ダウンタウンから約15分ほどです。4th Stを東に向かって歩くと、古着屋やカフェ、レコード店、そしてアートシアターもあります。

ロングビーチの自由な気風を感じられるこのエリアは、メジャーな観光地ではありませんが、昔の面影を残すグッズを見つけたり、この土地ならではの空気感を感じられるのでオススメです。

<基本情報>
住所:2300 E. 4th Street Long Beach, California 90814
アクセス:ダウンタウンから20番か21番のバスで約15分

ベルモントショアでビーチタウンを満喫

ベルモントショアでビーチタウンを満喫

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

ロングビーチには、更に東へ行くと「ベルモントショア(Belmont Shore)」というエリアがあります。ショップやレストランが並ぶメインストリートや、閑静な住宅地を散策すると、ダウンタウンとはまた違った、ロングビーチのローカルな一面を垣間見る事ができます。

ここへは、121番のバスで、ベルモントショアのメインストリートである2nd Stまで行くのが便利です。フォースストリート レトロ ローから行くなら海沿いを走るOcean Boulevardまで15分ほど歩き、そこからバスに乗るのが良いでしょう。

ベルモントショアでビーチタウンを満喫

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

ロングビーチは、どちらかと言えば西側より東側の方が治安が良く、ベルモントショアには落ち着いた住宅地が広がります。ピカピカと降り注ぐ太陽の陽射しと椰子の木、そしてベージュやイエローの壁の家が立ち並ぶ、雰囲気の良いカリフォルニアの住宅地です。

ベルモントショアでビーチタウンを満喫

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

メインストリートである2nd Stから脇に入り、住宅地を通り抜けると目の前にはロングビーチの名前の由来になった、長〜いビーチが広がります。

<基本情報>
住所:E 2nd and Corona Ave Long Beach, CA 90803
アクセス:ダウンタウンから121番のバスで約15分

ショアライン・ビレッジで海風を感じて

ショアライン・ビレッジで海風を感じて

写真:キヨコ パーマー

地図を見る

LAに戻る前に、もう1つ。ロングビーチのダウンタウンへ戻ったら、「ショアライン・ビレッジ(Shoreline Village)」にも寄ってみましょう。たくさんのヨットが停泊するハーバーには、小さなお土産屋さんやレストランが並び、週末には多くの人で賑わう人気の観光地の1つです。

遊歩道や公園もあるので、ぶらぶらと散歩するにはもってこいです。夕方、海の上に建つウッドデッキに並ぶ店で、ビール片手にサンセットタイムを楽しんではいかがでしょう?

<基本情報>
住所:401-435 Shoreline Village Drive Long Beach, California 90802
電話番号:562-435-2668
アクセス:ダウンタウンから徒歩約15分

ロングビーチには素朴なカリフォルニアがある!

いかがでしたか?ロサンゼルスからブルーラインに乗って1時間、メジャーな観光地ではありませんが、カリフォルニアの昔の面影がそのまま残るロングビーチ。あまり人が歩いておらず、活気ある街とは言い難いですが、ノスタルジックな独特の雰囲気があります。

観光には1日あれば十分ですが、長く滞在すればするほど味わい深い街とも言えます。特に、人が皆優しく親切な事は見知らぬ土地では嬉しい事です。

ロサンゼルスに滞在の際には、ちょっと足を伸ばして、素朴なカリフォルニアを探しに出かけてみませんか?

<注意>メトロブルーラインは、全米でも治安が悪いとされている 「ワッツ(Watts)」や「コンプトン(Compton)」を通るので、あまり遅い時間に乗車するのは避けましょう!

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/12−2018/10/29 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -