山形のおしゃれカフェ4選!季節の移ろいを楽しむカフェ巡り

| 山形県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

山形のおしゃれカフェ4選!季節の移ろいを楽しむカフェ巡り

山形のおしゃれカフェ4選!季節の移ろいを楽しむカフェ巡り

更新日:2019/01/09 19:05

南 かおりのプロフィール写真 南 かおり ほっこり旅ブロガー、手描きスケッチイラストレーター

香りのいいコーヒーや美味しいスイーツが魅力的なカフェ。旅先で訪れるなら、その土地らしい美しい風景や人気スポットも一緒に楽しめるカフェがおすすめです。
南東北の山形は四季の移ろいがはっきりとしており、季節の風物詩を感じられるカフェがたくさんあります。その中でも、とびっきりおしゃれで巡る季節ごとに行ってみたくなる、山形で人気のカフェ4選をご紹介します。

冬・厳かな雪景色が美しい神社カフェ「icho cafe」

冬・厳かな雪景色が美しい神社カフェ「icho cafe」

写真:南 かおり

地図を見る

「icho cafe」は、山形県南陽市にあるナチュラルな雰囲気のカフェ。山形の雪景色に自然と馴染む様子がとても素敵な神社カフェです。縁結びのパワースポットとして有名な熊野大社境内にあり、空き店舗となっていた熊野大社の旧いちょう売店を改装しオープンしました。

冬・厳かな雪景色が美しい神社カフェ「icho cafe」

写真:南 かおり

地図を見る

熊野大社は、縁結びのパワースポット。熊野大社本殿裏にある三羽のうさぎの隠し彫りをみつけると、想いが届くという三羽のうさぎ伝説が有名です。また、東北の伊勢とも呼ばれ、三十もの神様がお祀りされた開運のパワースポットでもあり、冬の雪景色とのマッチングが美しい厳かな神社です。

冬・厳かな雪景色が美しい神社カフェ「icho cafe」

写真:南 かおり

地図を見る

「icho cafe」には、飯豊ながめやま牧場の牛乳を使った、ふんわりしっとり食感のフレンチトーストなどのスイーツや、こだわりパスタのランチ、地元食材を使ったスムージーなどのメニューがあります。
熊野大社の三羽のうさぎの置物“結うさぎ”(中におみくじが入っています)と一緒に甘〜いフレンチトーストをいただけば、寒い冬もなんだかぽかぽかとした気持ちで過ごせそうですね。

<icho cafeの基本情報>
住所:山形県南陽市宮内3707−1 熊野大社境内
電話:080-5734-0909
アクセス:JR山形新幹線・奥羽本線赤湯駅から車で10分 ※熊野大社参道入口に駐車場あり
営業時間:11:00〜18:00(冬季は17:30まで)
定休日:火曜日

春・桜並木沿いの隠れ家カフェ「Espresso」

春・桜並木沿いの隠れ家カフェ「Espresso」

写真:南 かおり

地図を見る

山形の春のお花見スポットとして人気の“馬見ヶ崎さくらライン”。山形市内を流れる馬見ヶ崎川沿いに2kmほど続く桜並木です。緩やかに流れる馬見ヶ崎川と広い河川敷、川向こうの山とのコントラストがとても美しいこの桜並木のすぐ側に、「Espresso」はあります。

春・桜並木沿いの隠れ家カフェ「Espresso」

写真:南 かおり

地図を見る

「Espresso」は、こぼれ落ちるほどに咲き誇る桜の木の下にお店のウッドテラスがあり、そこからの眺めはまるで桜の国のよう・・・。
この隠れ家的な川沿いのカフェ「Espresso」には静かな時間が流れています。女子旅や一人旅に特におすすめのカフェです。

春・桜並木沿いの隠れ家カフェ「Espresso」

写真:南 かおり

地図を見る

「Espresso」のおすすめは、ほろ苦いオトナ味のエスプレッソ。オーナーさんがブラジルやポルトガル、イタリアなどで買い付けた素敵なカップ&ソーサーやエスプレッソ用の小さめカトラリーもとても素敵です。
“馬見ヶ崎さくらライン”の桜の見頃は、例年4月中旬ごろ。満開の桜を見たいなら、4月10日〜20日前後をめどに訪れてみてくださいね。

<Espressoの基本情報>
住所:山形市小白川町5-18-12
電話:なし ※Espressoへの連絡は公式HP内記載のメールアドレスへ
アクセス:山形新幹線山形駅から車で10分、 山形自動車道山形蔵王ICから車で3分 ※お店前に3台ほどの駐車場あり
営業時間:11:00〜18:00
定休日:火曜日

夏・お花畑のふわっふわパンケーキ「ミツバチガーデンカフェ 」

夏・お花畑のふわっふわパンケーキ「ミツバチガーデンカフェ 」

写真:南 かおり

地図を見る

「ミツバチガーデンカフェ」は東北で人気の観光スポット、山形蔵王の麓にあります。
6月〜7月にかけての初夏、カフェのお庭は、まるで夢のようなお花畑。自然にこんもりと、可愛らしく色とりどりの草花が咲き、一瞬にして訪れたゲストの心をハッピーへと導いてくれます。

夏・お花畑のふわっふわパンケーキ「ミツバチガーデンカフェ 」

写真:南 かおり

地図を見る

整えられすぎず、さりとて好き放題というわけでもなく、絶妙なバランスで草花の生き生きとした可愛らしさを感じさせてくれるお庭は、自然と深呼吸したくなるはず。安らぎを感じつついただくアイスコーヒーは格別です。

夏・お花畑のふわっふわパンケーキ「ミツバチガーデンカフェ 」

写真:南 かおり

地図を見る

お店の一番人気は、“スノーハニー・パンケーキ”。特製の結晶はちみつスノーハニーバターがたっぷりとのせられ、フレッシュクリームが添えられています。しっとりフワフワしたパンケーキの食感と、厳選された結晶はちみつスノーハニーバターのハーモニーに甘い幸せを感じてみては。

<ミツバチガーデンカフェの基本情報>
住所:山形県山形市蔵王半郷578-19
電話:023-666-7025
アクセス:山形新幹線山形駅から車で20分 ※姉妹店“庭園喫茶 錦”と共用15台ほどの駐車場あり
営業時間:11:00〜18:00(L.O.17:00)
定休日:木曜日、第二・第四土曜日

秋・果樹園直営カフェで季節のフルーツパフェ「oh!show!cafe」

秋・果樹園直営カフェで季節のフルーツパフェ「oh!show!cafe」

写真:南 かおり

地図を見る

山形は果物王国。さくらんぼの季節もいいですが、数種類の果実が豊富に実る秋に訪れたい果樹園カフェがこちら「oh!show!cafe」。果物狩りで人気の王将果樹園直営カフェです。
季節折々の果物畑を眼下に眺めながらいただく、新鮮なフルーツスイーツは絶品。広々とした果物畑の向こうに連なる山々の風景も見事です。

秋・果樹園直営カフェで季節のフルーツパフェ「oh!show!cafe」

写真:南 かおり

地図を見る

カラフルでボリューム感があり、メルヘンで可愛らしい雰囲気も併せ持つ季節のフルーツパフェがおすすめ。
8月から11月にかけては、桃パフェやぶどうパフェ、りんごや洋梨のパフェが順次登場します。時期によっては2種類の季節のフルーツパフェをいただくことのできる期間もあります(桃パフェとぶどうパフェ、ぶどうパフェとりんごや洋梨のパフェなど)ので、果物が充実している9月〜11月に訪れてみて。

秋・果樹園直営カフェで季節のフルーツパフェ「oh!show!cafe」

写真:南 かおり

地図を見る

山形を代表する果物、ラ・フランスを使ったスイーツは晩秋に登場します。くるくると巻かれたたっぷりソフトクリームと自然そのままのラ・フランスをどどーんと丸ごと1つ使った“まるごとラ・フランスソフトクリーム”をぜひ。

<oh!show!cafeの基本情報>
住所:山形県天童市大字川原子1303番地
電話:023-657-3211/フリーダイヤル0120-15-0440
アクセス:山形新幹線天童駅から車で15分、山形空港から車で20分 ※広い駐車場あり
営業時間:9:00〜16:00
※シーズン中(5月中旬から11月末)ほぼ無休で営業

山形のおしゃれカフェで美しい四季を楽しむ

季節の移ろいが美しい山形。春の桜並木、夏のお花畑、秋の果樹園、冬の雪景色を巡るおしゃれカフェ旅は、女子旅や一人旅、恋人との旅にぴったり。ぜひ四季折々の山形のカフェを楽しんでくださいね。

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -