タイで必見4000年前の壁画をトレッキングで観光!パーテム国立公園

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイで必見4000年前の壁画をトレッキングで観光!パーテム国立公園

タイで必見4000年前の壁画をトレッキングで観光!パーテム国立公園

更新日:2018/12/14 08:45

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家

タイ観光では定番としての寺院巡り、グルメ、マッサージや買い物で過ごす人は多いと思いますが、時に変わった観光はいかがでしょう?

パーテム国立公園(Pha Team National Park)には、一周4.35kmのトレッキングコースがあります。そこには10億年前のものといわれる迫力ある断層と、3000〜4000年前の見事な壁画が!中にはイタズラして出来たような手形もあり、見どころ多数です。

広い駐車場から出発

広い駐車場から出発

写真:大里 康正

地図を見る

タイ東北部のウボンラーチャターニー県にあるパーテム国立公園(パー・デーム国立公園とも)は大自然の雄大さを感じることが出来る名勝地です。

その中で壁画を楽しめる散策路は一周4.35kmとなります。まずは整備された広い無料駐車場付近の売店にて、飲料水を確保しておきましょう。天候にもよりますが、この辺りはかなり暑くなる地域です。

そしてトイレを済ませ、虫よけで対策しておくことも忘れないでください。準備が整ったら案内に従って進みましょう。

広い駐車場から出発

写真:大里 康正

地図を見る

見晴らしの良い場所から見えるのはメコン川と対岸のラオス。階段を下って進むことになりますが道は一本道となります。壁画は大きく四つのグループに分けられ、それぞれ案内標識があるのでどこが壁画か迷うことはありません。

広い駐車場から出発

写真:大里 康正

地図を見る

10億年前に形成されたと言われる迫力の断層を真横に見ながら、進みましょう。

第一グループ(Pha Kham)の壁画と断層

第一グループ(Pha Kham)の壁画と断層

写真:大里 康正

地図を見る

駐車場から約500m進むと、壁画の最初、第一グループに到着。壁画の近くには写真の標識がありますが、ご覧の通り、The 1st paintings group(Pha Kham)と英語もありますので分かりやすいのでは。

第一グループ(Pha Kham)の壁画と断層

写真:大里 康正

地図を見る

そこに描かれているのは魚の骨のような壁画。この先の様々な壁画を含め、描かれたのは今から3000〜4000年前と言われています。

第一グループ(Pha Kham)の壁画と断層

写真:大里 康正

地図を見る

そこから次の第二グループに進みますが、途中は狭い道も通ります。足元の注意はもちろんですが、時に頭上が低くなっていることもありますので、周囲をよく見ながら進んで下さい。

見どころ第二グループ(Pha Taem)

見どころ第二グループ(Pha Taem)

写真:大里 康正

地図を見る

第一グループから進むこと約300mで第二グループ(Pha Taem)に到着。ここが全ての壁画の中でもっとも広い範囲であり、見ごたえのある場所です。

魚や人型に見える壁画、さらには何かの儀式に使っているような色々な道具が。まるでストーリーがあるような描かれ方をしているのです。

見どころ第二グループ(Pha Taem)

写真:大里 康正

地図を見る

横に長く広がる壁画から、当時の様子が生き生きと伝わってくるように感じられるのではないでしょうか。

見どころ第二グループ(Pha Taem)

写真:大里 康正

地図を見る

そしてこの辺りに数多く残されているのが手の形。手の形といっても輪郭となるのですが、まるで当時の人たちの中で、誰かがイタズラをして残したようにも見えるユニークなものです。

第二グループの中では手形が色々な場所にありますので、それを探してみるのも面白いのでは。

なお、こちらでは壁画の反対側に観覧場所が設置されていますので、そこでじっくりと観察してみましょう。

多くの観光客は、この第二グループで戻ってしまいます。一番の見どころと言われることもあり、中にはツアーなどで時間の制約がある人たちもいて致し方ないことではあるのですが、壁画はまだ続きがあります。時間に問題が無いのであれば、ぜひとも先に進んで下さい。

第三グループ(Pha Mon Noi)

第三グループ(Pha Mon Noi)

写真:大里 康正

地図を見る

第三グループで面白いのは、第二グループで散見された手の輪郭が、今度は手形として出てくるところです。場所によって異なる描き方をされており、昔の人の遊び心が伝わってくるようです。

第三グループ(Pha Mon Noi)

写真:大里 康正

地図を見る

壁画が終わったら、再び迫力ある断層を見ながら先に進みましょう。

恐怖の第四グループ(Pha Mon)

恐怖の第四グループ(Pha Mon)

写真:大里 康正

地図を見る

最後に第四グループとなります。今までの三つのグループは多少のアップダウンはありますが、しっかりとしたコースを通ることが可能です。しかしながら、第四グループだけはまったく違うのです。

なぜならその場所は、切り立った崖に存在!

その高さは40m以上はあると思われ、しかも安全柵や手摺りは一切ありません。ぜひ見てみたいという方は、くれぐれもご注意を。

第四グループは案内に従って、コースの途中を左折して進むことになります。ここは止めておこうという人は、直進し駐車場に戻って下さい。

恐怖の第四グループ(Pha Mon)

写真:大里 康正

地図を見る

第四グループの壁画に行くためには切り立った崖だけではなく、道幅が狭いうえに、頭上には岩がせり出している場所も。

恐怖の第四グループ(Pha Mon)

写真:大里 康正

地図を見る

100m程進むと見えてくる第四グループの壁画。それにしても、なぜこのような危険な場所に描いたのか、とても不思議と言わざるをえないのでは。

この後は同じ恐怖の道を戻り、左折して階段を上りながら進むとメコン川と対岸のラオスが見える絶景ポイントもあります。出発地点の駐車場に戻る道は美しい景観となりますのでお楽しみに。

最後に、同じパーテム国立公園内には、奇岩きのこ岩(Sao Cha Liang)や絶景ポイントのランヒンタク(Lan Hin Taek)があり、下記の関連MEMOに紹介しています。

また、ウボンラーチャターニーには白い巨塔の中のすべてが黄金色の「ワットプラタートノンブア」も。もちろん、タイ観光では有名観光地のアユタヤやパタヤも外せません。それらも関連MEMOを参考にして下さい。

パーテム国立公園の基本情報

住所:Amphoe Khong Chiam,Ubon Ratchathani
電話:+66-045-243-770
アクセス:ウボン・ラチャターニー中心部から車で1時間30分

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -